東洋経済新報社の予測によると2016年時点でAmazonが出荷している商品数は年間40億個にも及び、膨大な数の商品が日々販売されています。
しかし、取り扱っている商品が多い分、Amazonのマーケットプレイスに出品している企業にとって「商品の検索結果に自社の商品が表示されない」といった悩みをお持ちの方は多いでしょう。

今回は、AmazonマーケットプレイスにおけるSEOの基本知識を解説します。
SEOとは「検索順位の最適化」を指す概念であり、検索結果からの流入を狙うには欠かせない考え方です。Amazonで商品を展開している担当者は、知識の1つとして覚えておきましょう。

参考:
アマゾン、最強「買い物帝国」の知られざる姿 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

AmazonマーケットプレイスでのSEOに確実な成功方法はある?

Amazonでは書籍から日用品、ホビーまで幅広い分野の商品を取り扱っています。
そのため、ユーザーはカテゴリーやフリーワードを利用して商品を検索しています。

では、出品者側が商品の検索結果を意図的に操作する事は可能なのでしょうか。
Amazonでは、マーケットプレイス出品規約に以下のように定めています。

検索およびブラウズの不正使用 購入者は、Amazonの検索エンジンおよびブラウズストラクチャーを使用する際、適切で正確な結果が得られることを期待しています。顧客満足を維持するため、検索キーワードなどの商品関連情報はすべて、検索およびブラウズに関する出品情報の最適化に記載されているガイドラインを遵守する必要があります。検索およびブラウズの結果を意図的に操作することは禁止されています。
引用:[Amazon.co.jp ヘルプ|Amazonマーケットプレイス 出品規約] (https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085374)

つまり、商品関連情報はすべて、Amazonのガイドラインを遵守する必要があり、かつ意図的な検索結果の操作は禁止されています。
Amazonでは、2017年9月時点、1商品につき5つまで検索結果に商品を表示させたいキーワードを「広告ワード」として設定できるようになっています。ですが、その検索ワードもどこまで検索結果に関わってくるかは明らかにされていません。
実際に出品者向けのセラーフォームでは、以下のように回答されています。

また、検索結果のどこに商品が表示されるかにつきましては、価格、在庫状況、セレクション、販売履歴など、さまざまな要因が影響し更新されており、売れ行きの良い商品はリストの上位に表示される傾向にあります。
引用:[商品登録の検索キーワードについて| Amazonセラーフォーラム] (https://sellercentral.amazon.co.jp/forums/message.jspa?messageID=26278)

検索結果に表示させるために、検索ワードを設定する事は大切ではありますが、公式で検索のアルゴリズムが明らかにされていない以上、明確なSEOの成功方法はありません。
ただし、回答の中で「売れ行きの良い商品はリストの上位に表示される傾向にあります。」とあるように、商品の売上が検索結果に結びついていることは認識しておいた方がいいでしょう。

参考:
[検索キーワードの登録について |Amazonセラーフォーラム] (https://sellercentral.amazon.co.jp/forums/thread.jspa?messageID=27786)
[「はじめよう、Amazon出品サービス」公式ガイドブック]
(https://s3.amazonaws.com/JP_AM/guide/soa_guidebook/soa_guidebook.pdf)
[AmazonマーケットプレイスでSEO対策は効果があるのか?|株式会社いつも.公式ブログ] (http://itsumo365.co.jp/blog/amazon%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7seo%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/)
Amazon検索のSEO対策を攻略!アマゾン・アルゴリズム”A9″とは? | SEO SCENE SECOND