まとめ

iPhone Xの発売がiPhone 8と同時ではなかったのは、一部には開発や製造の難しさである、との懸念もありますが、マーケティング上の戦略もあるとも言われています。

この「溝」がiPhone Xのアイデンティティとして認められ、iPhone 6からiPhone 8まで「まったく同じ形」のiPhoneを持っているユーザーにも所有欲求を駆り立てることができれば、発売日をずらして正解だった、と言われる日が来るかもしれません。