世の中には、驚くほどシンプルなのに大きなインパクトを与えるアプリも存在します。
しかし一方で、残念ながらたった一回使われただけで削除されてしまうアプリもあります。

Localyticsによる統計によれば、およそ*23%ものアプリが(つまりダウンロードされたアプリの約4回に1回が)たった一度だけ使われただけでホーム画面から消されてしまうとの結果が明らかになりました。
他方、アプリ
37%*は、同じユーザーによって11回以上使われています。

この差は一体どこにあるのでしょうか?

もちろんアプリを何回か使って消すか使い続けるかを判断するのはそのアプリの利便性や特徴、オンボーディングの成功可否やエンゲージメントなど、さまざまな要因が絡み合っているでしょう。
しかし、先ほどの統計を紐解くと、1回だけ開いて消されるアプリのほとんどは、第一印象をよく見せるのに失敗しているか、ユーザーエクスペリエンスの観点で引け目を取ってしまったかどちらかです。
デザインが最初にアプリを開いたユーザーにとって重要なことは、言うまでもないでしょう。

そこで今回は、シンプルなのに大きなインパクトを与えるアプリがほかのアプリと何が違うのか、そのポイントを解説していきます。

多くのアプリがミニマルデザインを採用している理由

ミニマルデザインが必ずしもユーザーの注目を引きつける、とは言えませんが、少なくとも第一印象の上では「シンプルさ」は非常に重要な役割を果たします。
その理由として、まず通常のデスクトップやノート型のコンピュータとモバイルアプリがどのように異なるかを考えてみると分かりやすいでしょう。

1. 機能が絞られている

WordやExcelなどを考えてみると実感が湧くと思いますが、多くのデスクトップアプリは仕事の遂行を目的に作られています。
そのため、機能が豊富で網羅されていることが極めて重要です。

一方、スマートフォンでアプリを開くときには、歩きながら、電車に乗りながら、誰かと話しながら操作する、ということが多いでしょう。
そうした隙間時間の中で開くアプリは、用途が限られており、複雑で操作が難しいUIは倦厭される傾向にあります。

2. 画面サイズが絞られている

デスクトップパソコンやノートパソコンとは違い、モバイルで閲覧できる画面は限られています。
また、パソコンであれば複数のパソコンを開いてマルチタスクを行うことができるでしょうが、モバイルは基本的にシングルタスクです。

3. クリックではなくタッチ

パソコンとの操作上の大きな違いとして、パソコンはマウスを動かしながらクリックすることができますが、モバイル端末ではタップを行います。
ほとんどのユーザーは親指をマウスカーソルがわりに使っており、またパソコンとは違ってモバイル端末ではあまりに長い文をタイピングするのを得意とはしていません。

また、デスクトップであればマウスやトラックパッドのような媒介機器を通じて操作を行いますが、モバイルは直接タップを行う点も考慮にいれておくべきです。
小さな手でも大きな手でも、室内でも外出先でも、暗い部屋でも明るい屋外でも見やすく使いやすいアプリであるかは重要な着眼点です。

以上の3つの観点を考慮に入れれば、なぜ多くのアプリがミニマルデザインを採用しているかが分かると思います。
限られた画面サイズの中で必要な機能のみを提供しており、洗練されていてシンプル。
その上、余計な操作も必要なく、デザインだけでなく効率性をも重視しています。

また、画面上に配置されたUIは少ないにもかかわらず、どの要素もすべてが重要な役割を担っています。
オンボーディングしやすく、ヘルプを用意しなくとも簡単に操作ができ、ユーザーエンゲージメントも高めやすいと言われています。

ミニマルなのに効果的なアプリをデザインするために必要なプロセス

残念ながら、単に今リリースしているアプリの要素を削ぎ落としただけでは、ユーザーに求められている「ミニマル」とは程遠くなってしまうでしょう。
重要なのは、単に機能を絞るだけではなく、「使いやすそう」「役に立ちそう」だとユーザーに1回使ってもらうだけで感じてもらうことです。

1. ゴールの策定と綿密な計画


画像引用元:Dribbble

「Less is more」(少ないほうがより多くの結果を産む)という言葉がありますが、あれもこれも機能を詰め込んでしまうとかえってごちゃごちゃしてしまい、ユーザーが1回でアプリを消してしまう原因となってしまいます。

キーコンピテンシー(成功のカギとなる重要な機能)を絞り込み、その機能をアピールできるようにしましょう。

2. 適切なカラーパレットを選ぶ


画像引用元:Dribbble

ミニマルなアプリケーションの場合、使う色の選定は非常に重要なプロセスの一部となります。
色が持つイメージがそのままユーザーの印象として残るケースもあり、また色がそのままアイデンティティとなる場合もあります。

一方、さまざまな色を、ルールを定めて利用するのは効果的ではありますが、やみくもに使っていくとかえって複雑になってしまい、ユーザーアプリを消してしまう原因となってしまいます。
できるだけ色の数を絞ってデザインしたほうが、ユーザーにも分かりやすく伝わるでしょう。

3. ホワイトスペースを十分に使う


画像引用元:Dribbble

画面領域の広さは限られていますが、そうだからと言ってコンポーネントを詰め込みすぎてしまうと、かえって情報量が多くなりすぎてしまうことがあります。

一方で、ホワイトスペースを十分に取ることによって、数少ないUI一つひとつに注目を集めることができるので、エンゲージメントも高くなることが期待できます。

4. タイポグラフィを活用する


画像引用元:Dribbble

iOSのシステムフォントにはSan Francisco、AndroidのデフォルトにはRobotoが使われていますが、もしプラットフォームがカスタムフォントをサポートしているのであれば独自のタイポグラフィを使ってもいいでしょう。

その際、フォントサイズを調整するのが重要です。
Appleは11pt以上、Googleは12sp以上を推奨していますが、それ以下になると文字が小さすぎて読みにくくなってしまいます。

また、行間や字間の詰めすぎは可読性を低くします。
十分にスペースを取って読みやすくしましょう。

5. 戦略的にアイコンを使う


画像引用元:Dribbble

アイコンは文字の代わりとなるだけでなく、与えられる情報量も多くなり、ナビゲーションとしての役割も果たします。

最近では線(ストローク)だけで描画されるアイコンも増えてきましたが、認識されやすく、記憶に残りやすいアイコンを選んだほうがいいでしょう。

まとめ

たくさんのアプリケーションがある中で一歩抜きん出るには、モバイルアプリが従来のパソコンとどのように異なるかを理解し、モバイルアプリだからこその特化した機能に絞ってユーザーに提供すべきです。

1回だけ使って削除されるアプリの仲間入りをするのは寂しいものです。
ぜひ今回のポイントをチェックして、よりよいアプリデザインに生かしてみてください。