皆さんは、情報収集する際にどういったサービスを活用していますか?

今回は、マーケターやビジネスユーザーがスマートフォンに入れておくべきアプリケーションをご紹介します。
※特に注釈が無ければ最新版のiPhone/Androidデバイスに対応しています。※アプリケーションの提供元は海外に母体を置いているものが多数ありますが、日本法人がある場合はそちらを優先して紹介しております。

ビジネス情報収集・ニュース系アプリケーション

1.NEWSPICKS(ニューズピックス)

NEWSPICKS

https://newspicks.com/

NEWSPICKS(ニューズピックス)は、経済情報に特化したニュース共有サービスです。
ビジネスマンを中心に人気のサービスであり、Pick機能が特徴的です。
Pickすることで、情報のストックするだけでなくコメント(意見)を記入することができるため、他のユーザーとの意見交換をすることができます。
配信されるニュース自体もキュレーションサービスとは違い、NEWSPICKS側が厳選した情報を配信しているため、経済情報に興味・関心の強いユーザー同士の意見交換が非常に盛り上がりをみせています。
情報収集として活用するのはもちろんですが、他のユーザーがどういった視点で見ているのかを参考にするのもいいでしょう。

2.Gunosy(グノシー)

Gunosy

http://gunosy.co.jp/

Gunosy(グノシー)は、ユーザーの興味関心に紐づいた記事を紹介してくれるキュレーションサービスです。
また、「UIユーザーインターフェース)」にかなりのこだわりを持っており、「ネイティブアド」などの最新の広告メニューも取り入れています。
まずUIに関しては、日本ではまだまだ認知が低いと言わざるを得ない「UI設計」を専門とした株式会社グットパッチ(東京都渋谷区 代表取締役土屋尚史)が手掛けました。
この使いやすさを追求したUIが、爆発的にユーザーを増加させたきっかけの一つでもあります。
またマーケターであれば最近よく耳にするであろう「ネイティブアド」もグノシーは取り入れており、その表現方法やアピールの仕方は常に進化をしていくため、ニュースと合わせて常にチェックできるGunosyをお勧めする理由です。

3.vingow(ビンゴー)

vingow

https://vingow.com/

vingowには、約50万種類の「タグ」が用意されており、このタグの中から最初は3つ選びます(後で追加・変更が可能です)。
そうするとこのタグに合わせた国内のニュース記事やブログなどを幅広く収集してきてくれます。ちょうど興味のあるサイトの更新を受け取るRSSのような機能です。
またvingowのすごいところは「要約機能」を搭載しているところで、記事の重要な部分を約3行に自動要約をしてくれます。また利用者の好みに合わせて学習し、さらに興味を引くような記事や情報を優先的に収集してくれます。

4.U-NOTE(ユーノート)

U-NOTE

http://u-note.me/

U-NOTEは、ビジネスノウハウがたくさんつまっているメディアです。
営業、経営、マナー、企業などなどカテゴリにわけて調べることができるようになっています。最新のトレンドニュースもあるので、1日1回はチェックすると良いでしょう。