毎日見ているスマートフォンにお知らせを表示してくれる「プッシュ通知」。

テレビも見ない、新聞も読まない、メールも見ないという現代人に対して、より確実に情報を届ける手段として、集客や販促の場面でも重宝されています。

しかしながら、プッシュ通知で「どのような内容」を「どのような間隔」で送ったらいいのかわからず、プッシュ通知の効果を最大限に活用できていない方も多いのが現状です。

そこで今回は、プッシュ通知の集客・販促効果を最大化する3つのポイントをお伝えします。

実際にホームページ来訪者を増やしたい、新たな集客方法を探している方にオススメです。ぜひ一読ください。
  

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

プッシュ通知の基本を学ぶ

8558_001.jpg

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、スマートフォンのホーム画面等に表示されるお知らせのことです。OSのアップデート情報や電話の着信、Mailの受信通知に使われているほか、FacebookやTwitterなどのSNSをはじめ、様々な「アプリ」に導入されています。

集客・販促の場面についても、店舗アプリでセールの告知をしたり、クーポンの配信をする際に活用されます。実際に「プッシュ通知を受信した経験がある」という方も多いのではないでしょうか。
  

プッシュ通知のメリット

プッシュ通知が集客・販促時に重宝されているのは、「高い視認率・開封率」と「即時性」という2つのメリットがあるからです。

プッシュ通知が届いた時の視認率は100%。さらに、ジャストシステムがスマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名を対象に行った「プッシュ通知に関する実態調査」によると、プッシュ通知を開封して確認する人の割合は全体の93.7%に上りました。

メルマガ開封率が10%以下という店舗・企業も多い中で、プッシュ通知はユーザーへのより確実な情報配信手段となっているのです。

8558_001.png
※図:GMOおみせアプリ資料より抜粋

また、チラシやDMの場合だと情報が届くまでにタイムラグが生じる場合が多く、当日の集客・販促にはあまり効果を発揮しませんでした。その点、プッシュ通知の場合はスマートフォンの画面に表示されます。

日本人のスマートフォンの利用回数は1日に48回*という調査データがあり、頻繁にスマートフォン画面がユーザーの目に触れているので、情報を届くまでのタイムラグが少なくて済みます。それ故、チラシやDMでは難しかった「当日中の集客・販促」にも効果を発揮することが可能です。

参考:
スマホの利用率はどのくらいまで伸びた?2016年度のスマホ利用実態|インテージ
  

プッシュ通知の効果を最大化する3つのポイント

8558_006.jpg

1. プッシュ通知におけるアンインストール(ブロック)の脅威

先述のように、集客・販促の効果が高いプッシュ通知ですが、注意しなくてはいけない点が1つだけあります。プッシュ通知を送ることが『アンインストール(ブロック)』の引き金になる場合があるという点です。

下記の表は、プッシュ通知により「アプリをアンインストールした経験があるか」を聞いたものです。こちらに「ある」と回答したユーザーは平均23%で、プッシュ通知はアンインストールの引き金となる可能性があるという結果となりました。

8558_002.png
※図:GMOおみせアプリ資料より抜粋

上記のデータはアプリに関するものですが、LINEに関してもプッシュ通知が煩わしいと感じたユーザーに「ブロック」されてしまうケースが少なくなく、注意が必要です。

「プッシュ通知を送らなければいいんじゃないか」

そう感じた方もいるかもしれませんが、プッシュ通知を停止することでアクセスが減少し、1日にアプリを起動してくれるユーザーが減少するというデータもあります。

そこで、アンインストールの確率を減らし、プッシュ通知の効果を最大化するために、送る内容や時間帯、頻度を考慮することが重要なのです。
  

2. プッシュ通知の効果を最大化するポイント

では、具体的にプッシュ通知の効果を最大化するポイントを3つお伝えしたいと思います。
  

効果的なタイトルを付ける

プッシュ通知の効果を最大化する為のポイントの1つ目は、「効果的なタイトルを付ける」というものです。

スマホのホーム画面に表示されるタイトルの文字数は、機種によって異なりますが、『20文字以内』のものが多いので、18~20文字以内にまとめることが好ましいです。

また、ユーザーはプッシュ通知のタイトルで瞬時に「開封するか、後で見るか、あるいはアンインストールするか」を判断しているので、タイトルには、ユーザーの『メリット』を織り込むことが大切です。

例)
会員限定セールのお知らせ、1,000円引クーポン付など

8558_003a.png

なお、スクール関係などで多い「休講(臨時休)のお知らせ」などの連絡は、来店を予定していない人にとっては関心の低い内容です。アンインストール(ブロック)されない為にも、毎日送ることはできるだけ避けた方がいいでしょう。

この手の連絡に関しては、週に1回などにまとめるか、LINEに関してはタイムラインに流すというのも1つの手です。また、店舗アプリの場合はプッシュ通知をOFFにしてお知らせを送れる機能が搭載されているものもある*ので、そちらを活用しましょう。

参考:
GMOおみせアプリ機能紹介
  

送る時間帯を精査する

プッシュ通知の効果を最大化する為のポイントの2つ目は、「送る時間帯を精査する」というものです。

どの時間帯が効果的かという点に関しては、商材によっても異なるのですが、概ね18時~23時までの開封率が高い傾向が見られます*。

ついつい仕事がひと段落した夕方などに送るという方も居るかもしれませんが、18時以降に送ることで効果が高くなる可能性もあるので、試してみるといいでしょう。
配信予約ができる場合は、そちらを活用してみるといいかもしれません。

※参考:6億7000万超のプッシュ通知の開封状況からわかる人の「平均的な1日の行動」とは?
  

送る頻度を月4回以内にする

プッシュ通知の効果を最大化する為のポイントの3つ目は、「送る頻度を月4回以内にする」というものです。

クロス・マーケティング社が行った調査によると、「プッシュ通知の適切な頻度は?」という問いに関して、「週1回、月1回、月1回未満」と回答した人の割合は、半数を超えていました。

また、実際にGMOおみせアプリを使用している店舗の顧客にアンケートを行ったところ、週1回程度の間隔を開けた方が、プッシュ通知の開封率が高い傾向が見られています。

「週1回以上の期間を開けた配信=月4回以内の配信」を心がけてみましょう。

8558_004.png
※図:GMOおみせアプリ資料より抜粋
  

まとめ

プッシュ通知は、以下の3つのポイントをおさえることで、より高い集客・販促効果を発揮する可能性があります。

・「タイトル」の文字数を18~20文字以内にし、メリットを感じる内容にする
・「送る時間帯」を18時~23時にする
・「送る頻度」を月4回にする

アンインストールの脅威もありますが、プッシュ通知は「高い視認率や開封率」、情報伝達の「即時性」などメリットが多い仕組みです。

上手く活用し、集客アップや販促アップを実現していきましょう。