商品を撮影していたり、商品の情報を見ながらネットで検索を行っていたり、店内でスマートフォンを操作している顧客を見かけたことはありませんか?
こういった顧客は店頭の商品を見ながら、ネットで価格や口コミの検索を行っている可能性があります。場合によってはそのまま店舗を出てしまい、ネットショップで同じ商品を購入してしまうこともあるでしょう。

スマートフォンを利用すれば、このように店頭でも手軽にネットショップでの検索できるようになりました。
それだけでなく現在では商品のバーコードを利用して、さらに簡単にネットショップでの検索が行えるようになってきています。

今回は、商品バーコードのスキャン機能を活用している店舗やネットショップの事例をご紹介します。
バーコード機能による検索システムはリアルの店舗にとってもネットショップにとっても利用価値があります。
この機会にしっかり理解しておきましょう。

1.自社店舗の商品を見込んだ事例

店舗に来店した顧客に対してバーコードを用いた検索機能を提供することで、性能や生産者情報など詳しい商品情報を見てもらうことができます。

それだけでなくネットショップも合わせて運用している企業であれば、自社のネットショップと合わせての利用を促すことも可能です。
バーコードによる検索機能は、店舗やネットショップなど複数の販売チャネルを統合するオムニチャネル戦略としての側面もあるでしょう。

参考:
最近流行りの「オムニチャネル」とは?誰がどう活用するべきかを解説!

1-1.IKEA Store

「IKEA_Store」「IKEAカタログ」アプリ___IKEA.png
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/about-shopping/download-ikea-apps/index.html

IKEAの提供している「IKEA Store」は、店舗に並んでいる商品のバーコードを読み取ることで詳しい商品情報がわかるほか、読み込んだ商品をショッピングリストとしてまとめることができます。
IKEAでは在庫商品を自分で取りに行くセルフサービスを採用しており、アプリではセルフサービスのどこに商品が置かれているかもわかります。

セルフサービスエリアを利用する時にも個別でメモをしたり、商品カードで管理したりといった手間が省けるのでユーザーにとって快適に買い物ができるでしょう。

1-2.ニトリ公式スマートフォンアプリ

ニトリ公式スマートフォンアプリ.png
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/App

ニトリでは商品バーコードを読み取ることで商品の詳細情報がわかる機能をアプリに実装しています。
スキャン履歴も記録されるので、自分が気になった商品を後で見返す際にも利用できるでしょう。

1-3.イオンお買い物アプリ

イオンお買物アプリ_|_イオン.png
http://www.aeonretail.jp/otoku/aeon_app/

イオンお買い物アプリでは、店頭の商品のバーコードを読み込んで商品の詳細情報を確認できる機能を実装しています。

検索した商品はそのままイオンネットスーパーで注文することもできます。
重たくて持ち運びにくい飲料水のように、顧客にとっては店頭で購入するよりも家に届けて欲しい商品もあるかもしれません。

店頭で気になったけれど「重たくて持って帰りたくない」という時でも。手軽にネットスーパーでの注文を行えるのはメリットでしょう。

1-4.ヨドバシ ショッピングアプリ

ヨドバシ.com___iPhone_Android対応「ヨドバシ」ショッピングアプリ.png
http://www.yodobashi.com/ec/support/beginner/iphone/

ヨドバシカメラの提供するショッピングアプリでは、バーコード検索を行うことで商品の商材情報や在庫状況を確認できる機能を提供しています。

ヨドバシカメラ全店舗の在庫状況をリアルタイムに知ることができるので、外出先のヨドバシカメラで商品を探し、自宅近くの店舗の同商品を取り置きしておくという利用方法もあるでしょう。

また、ネットショップである「ヨドバシ・ドット・コム」での価格も知ることができるので、店頭の商品と価格比較を行いながら値段交渉も行えます。

参考:
[バーコードで安い店検索 価格比較アプリでお得生活]
(http://style.nikkei.com/article/DGXDZO52521860X00C13A3EL1P01?channel=DF260120166495&style=1)

2.他社店舗の商品を見込んだ事例

ネットショップの運営者にとって店頭で商品を検討している顧客にネット検索を行ってもらうことで、他店ではなく自社のネットショップで購入するよう働きかけられるでしょう。

2-1.Amazonショッピングアプリ

Amazon.co.jp__Amazonアプリの機能紹介.png
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3490176051

Amazonショッピングアプリでは商品検索機能の1つとしてバーコードを利用した「スキャン検索」機能を提供しています。

店頭で商品を検索するほか、洗剤や飲料水など家庭で使用している商品のバーコードを読み取り追加補充分を購入することもできるでしょう。

2-2.価格.com

価格.com_スマートフォンアプリのご案内.png
http://kakaku.com/smartphone_app/

商品比較サイトの価格.comではバーコードを利用した商品検索機能を提供しています。

バーコードで検索を行うことで、店頭の販売価格を見ながら複数のネットショップの価格と比較することができるでしょう。

また、他のユーザーが商品にどういった評価をつけているかも把握することで、商品を購入する際の参考としても利用できます。

2-3.楽天市場アプリ

【楽天市場】楽天市場アプリ|日本最大級のショッピングモールアプリ.png
http://event.rakuten.co.jp/app/

楽天市場アプリでは、商品の検索機能の1つとしてバーコード検索機能を備えています。

楽天市場内のショップで価格比較が行えるだけでなく、他のユーザーの商品レビューも確認できます。

2-4.ショッピッ!

ショッピッ!___商品の価格やレビューを閲覧して便利にお買いものできるサイト.png
http://shoppi.jp/

「ショッピッ!」は株式会社コネクトムが運営しているアプリで、バーコードを元にしてネットショップでの商品検索が行えるアプリです。

楽天市場やAmazonなどモール型のネットショップだけでなく、HMVや東急ハンズ、ブックオフ、セブンネットショッピングなど独自に運営しているネットショップとも連携して商品比較が行えるのが特徴です。

まとめ

自社の店舗とネットショップを同時に運営している企業だけでなく、店舗のみやネットショップのみを運営している企業でもバーコード機能を利用したアプリを提供しています。

しかし、店舗とネットショップを同時に運営している企業とネットショップのみを運営している企業では、機能を提供する意味は大きく違います。
店舗とネットショップを運営している企業ではオムニチャネル戦略の1つとして、店舗での買い物とネットショップの買い物をつなぐ役割を持っています。

つまり、自社の顧客に対してより良いサービスを提供するための手段と言えるでしょう。
一方、ネットショップにとってはリアルにある他社店舗で購入しようとする顧客を自社のネットショップへと誘導する手段となります。

また、バーコードを利用して生産情報を確認したり、買い物リストを作成したりといった買い物をサポートする機能として提供している場合もあります。
このようにバーコード検索は価格比較のためだけでなく、ユーザーの買い物をより快適なものにするツールとしての側面もあるでしょう。