「旅するマーケター」西井敏恭氏が、マーケティング分野で注目の人物にインタビューをする連載企画。

第2回は、Facebookを使った恋活・婚活マッチングサービス「pairs」や、恋人同士のコミュニケーションツール「Couples」などを提供している株式会社エウレカの代表取締役CEO、赤坂優氏にお話を伺いました。
前編では、pairsが成功した要因やFacebookマーケティングについてお伺いしました。

前編:「プロダクトの差別化なんて最初からある訳ない。」pairsが成功した3つの要因を語る エウレカ代表・赤坂優氏【前編】

後編では、赤坂優氏の大事にする言葉や尊敬するマーケターなどに関してお話をお聞きしました。

人事も広報も採用も、会社はすべてマーケティング

DSC_6657.jpg

西井:経営者としてみたときに、エウレカのなかでのマーケティング自体は、立ち位置としては経営のすべてという感じですか? 

赤坂:僕は会社は全部マーケティングだと思っています。人事も広報も採用も全て。

マーケティングを別な言葉に言い換えるとしたら、ホスピタリティだったり、相手のニーズ理解だったり。そこに合わせてちゃんと芯をとらえてバットを振れるかみたいなことですよね。

西井:全部それですよね。今までの人事を考えても、採用はエージェンシーに希望するスペックを伝えてマッチングさせていました。

でも、今は選ぶ手段がたくさんあって、インターネットで誰でも検索ができて、その人がたどり着くところにちゃんと情報があって、プールがあります。そこにアクセスしてもらうというのはマーケティングそのものですよね。

そこにはいい人材が集まるし、アクセスできない人はいい人材じゃなかったりする。人材はマーケティングそのものだと思いますね。

DSC_6836.jpg

赤坂:うちの社員は、僕との面談や一対一でご飯食べに行ったりしたら「楽しかったです」「ありがとうございます」という人が8割いるかもしれません。

けれど僕が社員だったら、社長には当然そういいますよね。逆に、相手の気持ちになればきっとそうではないこともたくさんありますよね。仮に面談をやって、相手がちらっとでも腑に落ちてなさそうな表情をしたら、きっと8割腑に落ちてないんだなと思います。

だから、意地でもそれを聞き出そうと思ってリーチしに行く。それはマーケティングということもありますが、もちろん半分くらいは愛もあって。

納得していなかったら絶対に辞めていってしまうし、僕らからしたらその人はとても大切ですからね。

採用もそうです。うち、PHPからGoに乗り換えているんです。それも、PHPをやっていても技術的に他者と差別化できないのでGoをやろうと。

理由としては、Goをやりたいという優秀なエンジニア層のニーズが強いからなんです。採用イベントに行っても、Goやってますよと言えば、いい人が来る。もっと言えば、うちのセミナースペースでGoのもくもく会というのをやっていて。ただ黙々とGoを書きたい人たちが集まる会なんですよ。これも、潜在層の獲得ですよね。

西井:赤坂さんは、そもそもエンジニアではないですよね。でも社内はエンジニアだらけじゃないですか。それを採用できるというのもすごいなと思います。

赤坂:影には、CTOだったり、優秀なシニアエンジニア層の存在が確実にあると思うんですけど、初期は特にそうですよね。多分僕らがエンジニアの気持ちがわからないから、シニアエンジニアに相談したり。

Goをやりましょうというのもエンジニアたちからの提案でした。