Web担当者であれば、一定の文章作成スキルを身につける必要があります。
ホームページの商品・サービス紹介やブログなど、様々な場面で文章を書く機会があるからです。

ただ、自分ではうまく書けていたと思っても「文章が読みにくい」「意味が伝わらない」と指摘されたことはありませんか?
わかりにくい文章の多くに共通している事象があります。
それが「文章のねじれ」です。

「文章のねじれ」は「主語」と「述語」、「論点」と「結論」が噛み合わないことで生じます。

今回は、「文章のねじれ」を解説します。
文章のねじれを防ぐための解決方法も合わせてご紹介するので、文章作成のスキルアップに役立ててみてください。

「文章のねじれ」とは?

「文章のねじれ」とは、伝えたい事柄に対して異なる結論を述べることを指します。
まずは下記の文章をご覧ください。

例:
私の目標は、コストの削減をしたいです。

主語が「目標は」と宣言する内容の文章であるのに対し、述語が「コストの削減をしたい」と願望で締めくくっています。これを「文章のねじれ」と言います。この文章の場合、以下のように直すことができます。

例:
私の目標は、コストの削減をすることです。

文章は、そこに書かれていることが全てです。なので、口頭では「雰囲気」として伝わることも、文章では伝わりにくくなります。

読みにくい文章の原因「文章のねじれ」はどんな時に起こる?

文章作成を進める上で「文章のねじれ」はどんな時に起こりやすいのかを解説します。

[member_only]

1文が長いとき

最も文章がねじれやすいのは、1文が長いときです。伝えたいことを全て1文に盛り込もうとすることで、複数の主語と述語が入り交じることがあります。

例:
OSの種類には、Windows、Mac OS、Unix、LinuxなどのPCを制御するシステムです。

この文章の主語は「OSの種類は〜」であり、述語は「制御するシステムです」です。主語と述語が噛み合わず、文章がねじれていることがわかります。これを直すと下記のようになります。

例:
OSは、PCを制御するシステムです。 OSには、Windows、Mac OS、Unix、Linuxなどの種類があります。    

このように2つに分けられる場合がほとんどです。

専門用語を用いた難解な文章を書くとき

また、専門用語など難解な文章を書く際にねじれが起きやすくなります。

わかりやすい表現ができるにもかかわらず、そのまま用いることで文章のねじれに気づかず書き進めてしまうことがあります。下記の例文をご覧ください。

例:
貸借対照表とは企業の資産・負債・純資産を複式簿記によってその企業の株主に情報を開示します。

この文章の主語は「貸借対照表とは」であり、述語は「提供します」で、主語と述語が噛み合っていないことがわかります。
このように主語と述語で分解すると単純なミスと気づけますが、専門用語が増えるほど文章が複雑化し、ねじれがおこりやすくなります。
上記の文章を直すと以下のようになります。

例:貸借対照表とは、複式簿記を利用して企業の資産・負債・純資産の状況を表すものです。それらの情報を株主に開示します。

このように、専門用語の解説と用途の2つに分けられます。自身が理解している用語ほど“流れ”で書き進めてしまいやすいので注意しましょう。