質問に答えるだけで驚くほど的確に性格や適職がわかるという「ディグラム診断」をご存じでしょうか。

以前、ferretでは「マイナビ転職」と「ディグラム診断」がコラボした「ジョブリシャス診断」についてご紹介しました。

その時行ったのが「ferretの編集長である飯髙は“編集長”に適任なのか?」という診断。結論として「編集長向き」だったのですが、1年半が経過した今でも飯髙編集長は“編集長”に適任なのでしょうか。

改めて検証すべく、ディグラム・ラボ株式会社にうかがって診断してきました。

参考:
ferret編集長は“編集長”に向いてない!? 自分の適職が分かるジョブリシャス診断をやらせてみた|ferret
  

ディグラム診断ってなに?

digramlab-2.jpg

ディグラム診断とは、マーケティングリサーチの専門家である木原 誠太郎 氏が、性格分析の心理テスト「エゴグラム」をベースに作成した診断方法です。

調査によって取得した37万人、数万項目のデータベースに統計処理を施した診断なのが特徴です。下記、5つの性格の指標を“波形”として表すことで、計31タイプの性格に分類することができます。
  

前回の編集長の結果

1年半前に行ったディグラム診断では、飯髙は「ACボトム型」という性格でした。ACボトム型とは、その名のとおり「AC(従順な心)」が低く、自由奔放でグイグイと周囲を引っ張っていくタイプ。

そして、木原 氏にさらに細かな診断を行ってもらったところ下記のような性格だと診断されました。

木原 氏:
性格で言えば、ものすごく人を引っ張っていくタイプですね。この波形が出る人は、全体のうち10%未満ぐらいかなぁ。性格で言えば2~3%とか。

(中略)

木原 氏:
推進力が高いので人を巻き込んで進めていくタイプですね。0から作りだすより、1から10に成長させるほうが快感なんじゃないですか?

でも、このタイプは1人じゃ何もできないから人に助けられて補完されてますね。それに組織としても、この人が居ないと始まらないので必要な存在になるはずです。
引用元:ferret編集長は“編集長”に向いてない!? 自分の適職が分かるジョブリシャス診断をやらせてみた

自由奔放な性格でありながら周囲を巻き込む力があり、まさに編集長として適職だったのです。

当時、飯髙は木原氏に「優しさ」を高めることで「仕事」において良い影響が出ると言われていましたが、果たして性格に変化はあったのでしょうか。
  

1年半ぶりに診断をやってみた。その結果は……?

digramlab-3.jpg

飯髙:
僕の診断結果、今回どうでしたか?何か変化ありました?

木原 氏:
早速診断した結果なんだけど……飯髙さんかなり性格変わったね!(笑)

飯髙:
えっ。やっぱり変わったんですね。

木原 氏:
住んでる国が変わったと思うほど変わったよ。

飯髙:
ちょっとそれ、良くも悪くもとれますね……(笑)
でも、言葉恐れずに言うと、あんまり仕事が上手くいってないんですよね。自分でもそういう時期っていうのはわかってやってますが。

木原 氏:
そりゃ立場もあるし大変でしょうよ。でも、悩みとかは無いんじゃない?

digramlab-4.jpg

飯髙:
ちょっとくらいはありますよ……。

うちの会社って、ストレスチェックを受けるんですけど、最近やった時の体感としては「過去最大のストレス」だと思って受けたんですよ。でも、去年よりポイントが下がってるんですよねぇ。おかしいなって(笑)

木原 氏:
完全に無いといえば嘘になるけど、ストレスは無い方だと思うよ。やりたい事が明確にあるからじゃない?あとさ、飯髙さん前回より「優しくなくなった」よね(笑)

飯髙:
マジっすか?確か、前回は「ACボトム型」っていう波形でしたよね。

木原 氏:
そうそう、自由奔放だけどチームを引っ張っていける親分肌の「ACボトム型」だったの。特に、FC(自由奔放さ)が高かったね。

無邪気なお子様みたいな感じなんだけど、実はリーダーの要素を持っているっていう。だから、編集長に向いているという結果だったの。

でも、自分でも今は違うと感じてるんじゃない?

飯髙:
正直わかってますね。それと一応ボードメンバーという立場になりましたし……。