2017年11月17日、Slack Technologies社は同社のビジネス向けコミュニケーションツール「Slack」の日本語版を公開しました。

これまでも日本語でメッセージを送受信することは可能でしたが、インターフェイスは基本的に全て英語で、変更できる言語もドイツ語・スペイン語・フランス語だけでした。しかし、昨年11月に日本語版が公開されたことで、今後は設定によって日本語でSlackを利用することができます。

今回は、Slackの日本語化の設定方法を解説し、ノンプログラマーこそ使いこなしたいSlackの3つの便利機能をご紹介していきます。
  

Slackとは

Slackは、カナダの起業家で写真シェアサービス「Flickr」の創業者としても知られる、スチュアート・バターフィールド(Stewart Butterfield)によって開発されたチームコミュニケーションツールです。Slackの名前の由来は「Searchable Log of All Conversation and Knowledge」(全ての会話や知識の検索可能なログ)の頭文字から取ったものだとされています。

世の中には個人向け・企業向け問わず、たくさんのチャットサービスが存在しますが、Slackの機能をいくつか挙げると以下のようになります。

・PCやスマートフォン、タブレットなど、環境を選ばず様々な場面で利用できる
・会話や過去の添付ファイルの検索などが非常に簡単
・サードパーティーサービスと連携して、様々な便利なプラグイン機能で仕事を効率化できる
・スラッシュコマンドというショートカットコマンド機能を利用できる
・様々なカスタマイズが可能

こうした機能のおかげで、Slackはプログラマーを中心に人気を集めています。
  

Slackを日本語する手順

ここでは、まずSlackの日本語化の設定手順についてご紹介します。
  

デスクトップから日本語化する

PCでSlackを利用する場合(ブラウザ版・アプリ版)の日本語の設定方法について解説します。

1.png
ブラウザやアプリでメイン画面を開いたら、左上にある自分の名前をクリックしてメニューを表示し、「Preference」をクリックします。

2.png
左上のメニューにある「Language」項目で「日本語」を選択し、「Change to 日本語」をクリックします。これで、インターフェイス部分が日本語化されました。
  

モバイルから日本語化する

上記の設定を行うと、スマートフォンアプリも連動して日本語化されますが、スマートフォンから日本語化を設定することも可能です。スマートフォンで日本語を利用する場合には、3.32.1以降の最新版にアップデートしてください。

3.png
スマートフォンで日本語化を行うには、右上の三点リーダーをクリックしてメニューを表示し、1番下の「Setting」をタップします。

4.png
続いて、「Language」をタップして「日本語」をタップ。確認画面が表示されるので、「Change to 日本語」をタップすれば設定が完了します。
  

ワークスペース全体を日本語化する

先ほどの環境設定でインターフェイスの日本語化が完了しますが、「管理者からメンバーに送られる招待メールの本文」「登録メンバーのデフォルト言語設定」など、いくつかの部分には英語が残ってしまいます。そのため、管理者の方はメンバーをSlackに招待する前に、ワークスペース全体の日本語化を行っておくとよいでしょう。

この方法は、管理者権限で行います。まず、ブラウザでSlackの設定画面を開きます。

5.png
「ワークスペースの言語」(英:Workplace Setting)項目の右側にある「開く」(英:Open)をクリックします。

6.png
「日本語」を選択して「保存」をクリックし、ボタンが「保存しました」に変われば完了です。