スマートフォンの普及で、誰でも気軽に動画の撮影・編集・配信が行えるようになりました。Youtubeに上げられている動画の中にはパソコン画面やスマホの画面を録画して、使い方を解説するような動画も出てきています。

最近ではほとんどの端末で特別な設定をせずともスクリーン画面を録画することが可能です。

そこで今回は、Windows 10・Mac・iOSAndroidでスクリーン画面の動画を録画するシンプルな手順を紹介いたします。動画に撮影すれば、YouTube以外にも、操作方法を説明した動画をメールで添付して部下や同僚に説明したり、スライドの録画を行ったりと、様々な用途で利用できるので、知っておいて損はないでしょう。

Windows 10でのスクリーンgamebar.jpg動画を録画する簡単な手順

Windows 10では、新機能として「ゲームバー」(Game Bar)と呼ばれるインターフェイスが実装されました。ゲームバーは、本来Xboxのようなゲーム画面を実況中継録画するのを想定されて実装された機能ですが、通常のパソコン画面の操作も簡単に録画することができます。

ゲームバーは標準では隠れているので、「Windowsキー+G」を押します。すると、「ゲームバーを開きますか?」という確認ダイアログが表示されるので、「はい、これをゲームとして配信します。」にチェックを入れます。

gamebar.jpg
ITmedia

すると、Xboxロゴの入ったゲームバーが登場します。赤い丸のボタンが録画ボタンです。録画ボタンを押すと、自動的に録画が始まりますが、録画中はゲームバー自体は録画されないようになっています。

gamedvr3.jpg
Win10Labo

録画を終了するには、赤くなっている四角いアイコンのボタンをクリックします。撮影された動画ファイルは、「PC>ビデオ>キャプチャフォルダの中にMP4形式で保存されます。

ゲームバーではカメラアイコンのボタンをクリックすることでスクリーンショットを撮影することもできます。また、全画面表示のゲームを録画する際は「Windowsキー+Alt+R」で録画のスタート・ストップを行うことも可能です。

ちなみに、Microsoftが2018年2月7日に刷新した「Windows 10」の最新プレビューでは、ゲームバーのデザインが刷新されました。時刻表示が追加されたほか、録画中のマイクやカメラの切り替えなどもできるようになっています。

参考:
“ゲーム バー”を刷新した「Windows 10」の最新プレビュー版が“Fast”リングに登場 - 窓の杜

Macでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

Macには標準ソフトとしてQuick Timeが同梱されています。このソフトを使うことで、音声を録音しながらパソコン画面を録画することができます。

mac1.png
手順は簡単です。QuickTime Playerを起動し、メニューから「ファイル>新規画面収録」をクリックします。すると画面収録用のウィンドウが登場するので、下三角印を押して、マイクを選択します。

赤い収録ボタンを押すと、画面全体に「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」というメッセージが表示されます。

そのままクリックすると画面全体の録画が開始されます。画面の一部だけを録画したい場合には、撮影領域を指定します。

なお、パソコンから出力される音も取り込みたい場合は、Soundflowerのような、サウンドカードを通して他のオーディオアプリケーションにアクセスできるソフトを利用すると便利です。自分の声も同時に取り込みたい場合は、LadioCastを使うといいでしょう。

参考:
サウンドミキサーアプリ「LadioCast」+仮想サウンドデバイスを実現する「Soundflower」の使い方 | MacWin Ver.1.0

iOSでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

iOS 11から、コントロールセンターで直接録画機能を扱えるウィジェットが登場しました。下からのスワイプ(iPhone Xは右肩からのスワイプ)で簡単に録画ボタンを押すことができるので便利です。

rec2.png

コントロールセンターに録画ボタンを追加するには、「設定>コントロールセンター>コントロールをカスタマイズ」の順にたどり、「含める」の欄に「画面収録」を追加します。

rec.png

これで、コントロールセンターに録画機能を追加できました。アイコンをタップすると録画が始まりますが、長押しをすると「マイクオーディオ」のオン・オフを切り替えられるので、オンにしておけば実況中継動画の撮影も行えます。

Androidでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

az.png

AndroidではXperiaなど一部以外は標準で動画を撮影をする機能がないので、アプリを使って録画します。Androidの場合は、AZ スクリーン レコーダーと呼ばれるアプリがオススメです。

さまざまな動画撮影アプリがあるなかで、AZ スクリーン レコーダーは、以下のような優れた点があります。

・ルートへのアクセス不要
・撮影の時間制限がない
・ウォーターマークや広告がない
・一時停止できる
・スローモーションやタイムラプスなども利用できる

さらに、有料版を購入することで、GIF画像の変換コンバータやフロントカメラのオーバーレイ機能、ビデオトリマーなどの優れた機能も利用できるようになります。しかし、無料版でもたくさんのことができるので、入れておいて損はないでしょう。

https://ferret.akamaized.net/images/5a8fca3afafbd856a6000016/original.png?1519372855

操作は簡単です。AZ スクリーン レコーダーを起動すると、コントローラーが表示されます。赤色のビデオカメラアイコンをタップすると「AZ スクリーン レコーダーで、画面に表示されているコンテンツキャプチャを開始します」という確認用のモーダルウィンドウが表示されるので、「今すぐ開始」をタップすると録画がスタートします。

非常に高機能で、設定できる項目も多く、画質も綺麗なので、ハイクオリティなコンテンツを作りたい人はこのアプリをインストールしておきましょう。

まとめ

スクリーンショット機能は職種に関わらず多くの方が使っていますが、スクリーン画面の録画機能については知らない人も多いのではないでしょうか。しかしながら、一度使い方を学べばさまざまなシーンで利用できるので、使い方をプラットフォームごとに押さえておきましょう。