スマートフォンの普及で、誰でも気軽に動画の撮影・編集・配信が行えるようになりました。Youtubeに上げられている動画の中にはパソコン画面やスマホの画面を録画して、使い方を解説するような動画も出てきています。

最近ではほとんどの端末で特別な設定をせずともスクリーン画面を録画することが可能です。

そこで今回は、Windows 10・Mac・iOSAndroidでスクリーン画面の動画を録画するシンプルな手順を紹介いたします。動画に撮影すれば、YouTube以外にも、操作方法を説明した動画をメールで添付して部下や同僚に説明したり、スライドの録画を行ったりと、様々な用途で利用できるので、知っておいて損はないでしょう。

Windows 10でのスクリーンgamebar.jpg動画を録画する簡単な手順

Windows 10では、新機能として「ゲームバー」(Game Bar)と呼ばれるインターフェイスが実装されました。ゲームバーは、本来Xboxのようなゲーム画面を実況中継録画するのを想定されて実装された機能ですが、通常のパソコン画面の操作も簡単に録画することができます。

ゲームバーは標準では隠れているので、「Windowsキー+G」を押します。すると、「ゲームバーを開きますか?」という確認ダイアログが表示されるので、「はい、これをゲームとして配信します。」にチェックを入れます。

gamebar.jpg
ITmedia

すると、Xboxロゴの入ったゲームバーが登場します。赤い丸のボタンが録画ボタンです。録画ボタンを押すと、自動的に録画が始まりますが、録画中はゲームバー自体は録画されないようになっています。

gamedvr3.jpg
Win10Labo

録画を終了するには、赤くなっている四角いアイコンのボタンをクリックします。撮影された動画ファイルは、「PC>ビデオ>キャプチャフォルダの中にMP4形式で保存されます。

ゲームバーではカメラアイコンのボタンをクリックすることでスクリーンショットを撮影することもできます。また、全画面表示のゲームを録画する際は「Windowsキー+Alt+R」で録画のスタート・ストップを行うことも可能です。

ちなみに、Microsoftが2018年2月7日に刷新した「Windows 10」の最新プレビューでは、ゲームバーのデザインが刷新されました。時刻表示が追加されたほか、録画中のマイクやカメラの切り替えなどもできるようになっています。

参考:
“ゲーム バー”を刷新した「Windows 10」の最新プレビュー版が“Fast”リングに登場 - 窓の杜