マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回ご紹介するのは、成果報酬型(アフィリエイト)広告のブラックボックスを完全可視化した効果測定&LPOツール「Robee(ロビー)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:成果報酬型広告に特化した広告効果測定ツール
ポイント2:ユーザーインサイトに合わせた最適のLPを表示させCVを最大化
ポイント3:月額8万円〜と低額で導入が可能

Robeeとは

Robeeとは
株式会社Macbee Planetが提供する「Robee(ロビー)」は、成果報酬型広告(アフィリエイトを中心とする)に特化した広告効果測定システム&ランディングページ最適化(LPO)ツールです。

Macbee Planet社が従来取り組んできた成果報酬型広告マーケティング支援サービスで培ったノウハウをもとに、「アフィリエイト広告を取り扱う上の課題」をすべて可視化し、解決するために開発されています。

Web広告の種類が多様化する中、その課金体系も同じく多様化しています。その中でも健康食品(特にコンプレックス商材)、金融系商材などの領域においてはアフィエイト広告の取り組みが多く使われています。

特にスマートフォンの台頭により、その流れは加速しつつあり、Webからのコンバージョンを最大化させるための施策としてアフィリエイト広告は注目され続けています。

ですが、アフィリエイト広告を取り扱う上では大きな課題が2つあります。

・掲載メディア別のパフォーマンスが把握しづらい
・掲載メディア別に最適化したランディングページを用意することが困難

アフィリエイト広告の課題

アフィリエイト広告の領域においてはテクノロジーの導入が遅れている印象があり、流入メディアごとのパフォーマンス分析、さらにはランディングページ最適化によるコンバージョンの最大化がなかなか進まない現状があります。

アフィリエイト広告の「流入メディア別のパフォーマンス分析」「流入メディア別のランディングページ最適化」を実現するサービスが「Robee」です。

アフィリエイト広告のあるべき運用

Robeeはアフィリエイト広告を中心とするWeb広告の流入元別パフォーマンス分析と流入元別のランディングページ最適化を実現するサービスです。

また、ランディングページ単位だけではなく、ポップアップバナーやエントリーフォーム、CTA(CVボタン)の最適化も可能です。

RobeeのUI・UX

Robeeでは掲載メディア別のパフォーマンスを分析することができます。

流入元メディア別に参照できる項目は「流入数」「CV数」はもちろん、直帰率や読了率、エントリーフォームでの離脱率なども参照可能です。

これらの数値を参照することで媒体と自社ランディングページの相性を考えることができ、バナーのクリエイティブやランディングページキャッチコピー選定の仮説立案の参考にすることができます。

メディア別のランディングページ

また、Robeeでは掲載メディア別にランディングページを最適化できます。

Robee最大の機能である“Media Analytics”にて媒体ごとの課題を可視化することで、メディアごとの課題に対して細やかな改善が可能になるだけではなく、季節変動などを加味した上で仮設を立てることができます。

クリエイティブやキャッチコピーの変更は、Robeeの管理画面上でドラッグするだけなので簡単です。

ポップアップ表示

Robeeではランディングページに来訪したユーザーに対するポップアップを表示させることができます。

ユーザーがブラウザバック(「戻る」ボタンをクリック/タップ)するとき
ページロードから一定時間が経過したとき
ページを一定割合スクロールしたとき

など、ユーザーランディングページに飽きてしまう一歩手前のタイミングでポップアップを表示させることで、離脱を防ぐ仕組みです。

このポップアップユーザーの属性や掲載メディア別に最適化を行うことが可能です。

Robee担当者からのメッセージ

システムクリエイティブ部 部長 高原 英実氏

システムクリエイティブ部 部長 高原 英実氏

弊社はもともと美容業界のクライアントを中心に、CPA領域(成果報酬型)でのマーケティングコンサルティング広告運用を行ってきました。
広告がデジタルにシフトする中で、ROAS(Return On Advertising Spend、投資した広告経由売上)最適化を提案しつつ、クライアントの売上アップを目指したコンサルティングに移行していきました。

その中で特にアフィリエイト広告の領域は流入するユーザーのデータが不明な場合が多く、かつそのデータを計測する手間も大きくかかることが課題としてありました。
デジタルマーケティングを実現してROASを最大化していくためには、「適切なデータ取得」が不可欠だと考え、Robeeの開発に至りました。

広告主とアフィリエイト広告の媒体の距離は近そうで遠く、その間のデータのやりとりはブラックボックスになっていると感じています。
Robeeを用いることでよりROASを最適化するマーケティング活動をご提案します。

また、RobeeはAI(人工知能)・DMP(外部データ)連携の実装を準備中です。さらなる進化にご期待ください。
蓄積されたデータを基に機械学習したAIが自動で貴社の課題点抽出、並びに改善策をリコメンドします。
外部データのオープンDMPと連携し、訪問したユーザーのサイコグラフィックス(価値観、興味関心など)やジオグラフィック(位置情報)にひも付いたクリエイティブを自動でカスタマイズ。LPへの初回訪問からパーソナライズ化したアプローチを可能にします。

マケスト編集部より一言コメント

アフィリエイト広告経由の売上を増やすためにはどうすればよいか。
一度は考えたことがあるものの、参照できるデータが「流入数」と「コンバージョン数」と「売上」のみではなかなか仮説を立てることが難しいです。

Robeeは流入元別のパフォーマンスを分析することに加え、流入元別のランディングページ最適化、さらにはポップアップの表示までが実現できます。

つまり、「集客の量と質改善」と「コンバージョンの量と質改善」を1つのツール上で実現できるということです。

これまで広告効果測定、ランディングページ最適化とそれぞれのツールで行ってきた方で施策の管理が煩雑だと感じていた方にもおすすめのサービスと言えます。

続きは、