業務のため、毎日たくさんの情報を取得しているWebマーケティング担当者は多いでしょう。

たくさんの情報を一つひとつ確認するのはとても大変な作業です。そのような時は、Twitterを情報収集のツールとして活用してみませんか?

今回は、Webマーケティング担当者がフォローしておくと役立つTwitterアカウントとSNS運用の参考になるTwitterアカウントをまとめて紹介します。

情報収集に役立つTwitterアカウント

情報収集に役立つTwitterアカウントです。話題になっているニュースやマーケティングに役立つ情報を提供してくれるアカウント中心に紹介します。

東洋経済オンライン

様々なニュースをコラム系記事で提供する、東洋経済オンラインの公式Twitterアカウントです。タイムラインには今ホットな記事が投稿されているため、メディアに訪問しなくてもきになる記事を素早く閲覧できます。

1つのジャンルにこだわらず、幅広く情報収集したい人におすすめです。

https://twitter.com/Toyokeizai

ITmedia Top

IT・テクノロジー系のニュースを発信するメディアITmediaの公式アカウントです。

AIをはじめ今後ますますITテクノロジーの分野は注目を浴びていくことが予想されます。
そんなIT業界の最新情報や最新技術などを仕入れたいなら、最初にフォローしておくべきアカウントです。

https://twitter.com/topitmedia

ハフポスト日本版

幅広い分野のニュースを届けるハフィントンポスト日本版の公式アカウントです。
政治経済、ビジネス、エンタメなどの質の高い情報をキャッチできます。

国内外のニュースも取り扱っているため、国内に限らず海外の時事ネタやトレンドを仕入れたいときに役立ちます。

https://twitter.com/HuffPostJapan

はてなブックマーク

はてなブックマークの公式アカウントです。
Web上に自分の「お気に入りまとめ」を作るサービスを展開しており、中でもお気に入り数が多いページは「ホットエントリー」と呼ばれます。

このアカウントではホットエントリーがまとめられ、ユーザーが何に興味関心を寄せているのかがわかるため、リアルなトレンドを知るのに役立ちます。

https://twitter.com/hatebu

Yahoo!マーケティングソリューション

Yahoo!プロモーション広告やデジタルマーケティングのノウハウについて投稿されているアカウントです。

実際に広告を運用している担当者へのインタビューなども掲載されているため、リスティング広告を担当しているマーケターは必見です。

https://twitter.com/yahoo_marketing

Google 広告 公式

Google広告の公式アカウントです。Google広告運用者は必ずチェックしておきましょう。

Google広告の最新情報が得られるだけではなく、「#教えてGoogle広告」をつけて投稿するとGoogle広告に関わる疑問・質問に回答してもらえます。

https://twitter.com/GoogleAdsJP

Google Devs Japan

日本のGoogle DevelopersチームのTwitterアカウントです。

投稿内容は開発担当者向けのものが多いですが、SEO担当者にとって重要な投稿も度々あります。

メディア運営に携わる人はぜひチェックしておきましょう。

https://twitter.com/googledevjp?lang=ja

Googleに関しては、検索チームに所属する人物から重要な情報が発信されることもあります。ゲイリー・イリェーシュ氏、ジョン・ミューラー氏などのTwitterアカウントも合わせて確認しておくと良いでしょう。

ゲイリー・イリェーシュ氏
https://twitter.com/methode?lang=ja

ジョン・ミューラー氏
https://twitter.com/johnmu

Twitter マーケティング

Twitterがマーケターや広告代理店に向けて情報を発信しているTwitterアカウントです。

Twitterのビジネス活用方法や最新情報などを投稿しています。SNS運用担当者におすすめです。

https://twitter.com/TwitterMktgJP

ferret

Webマーケティングメディア「ferret」の公式アカウントです。

Webマーケティングに関する記事の情報を毎日発信しています。Webマーケティングに携わるすべての人におすすめです。

https://twitter.com/ferretplus

トレンドをキャッチアップするのに役立つTwitterアカウント

インフルエンサーマーケティングが注目されている昨今、特に女性向けトレンド情報をキャッチアップしていなければならないという担当者の方もいらっしゃるかと思います。
新聞や経済情報誌を見ているだけではつかめない、ファッションやビューティー関連のトピックを幅広く扱っているアカウントを紹介します。

ファッションプレス

ファッションWEBマガジン「ファッションプレス」の公式アカウントです。2019年1月現在で315万人のフォロワーを擁しており、ファッションやビューティーだけでなくイベントやセールなどのキャンペーン開催情報なども扱っています。

プレスリリースが中心のメディアのため、スケジュールや概要を掴むにはちょうどいい情報量のメディアです。

https://twitter.com/fashionpressnet

FASHIONSNAP.COM

ファッションメディア「FASHIONSNAP.COM」の公式アカウントです。2019年1月現在で185万人のフォロワーを擁しています。

ファッションプレスよりも情報が詳細で、ファッションやビューティーだけでなくカルチャー関連なども含めた幅広い情報を取り扱っています。
各ブランドのコレクション情報もよくツイートされています。

ファッションに興味のあるユーザーが他にどのようなトピックに関心があるのかが掴みやすいアカウントです。

https://twitter.com/fashionsnap

MERY

若い女性を中心に圧倒的な支持を誇る情報サイト「MERY」の公式アカウントです。2019年1月現在で13万6000人ほどのフォロワーを擁しています。

新着記事の紹介を中心にツイートされていますが、ツイート本文に記事タイトルが使用されていない点など、ツイートから記事へ誘導するための工夫がSNS運用の参考にもなるかもしれません。

https://twitter.com/mery_news

SNS運用の参考になるTwitterアカウント

SNSを効果的に使い、認知拡大やブランディング、エンゲージメントの向上に繋げている企業アカウントを紹介します。

どのような投稿をしているのか、どのようにユーザーとコミュニケーションをとっているのかを見ながら、自社のTwitter運用に取り入れてみましょう。

SHARP シャープ株式会社

家電メーカーSHARPの公式アカウントです。
企業アカウントというのは、商品紹介やニュースなどを投稿することが多いですが、SHARPの公式アカウントは「中身の人間性が見えるツイート」でファンを増やしています。

機械的な投稿ではなく、まるで個人アカウント投稿で、たびたび他企業の公式アカウントや一般ユーザーとのやり取りもあります。

SNSを使った、企業と消費者との関係性構築の参考になるでしょう。

https://twitter.com/SHARP_JP

株式会社タニタ

健康のための計測器メーカー、株式会社タニタの公式アカウントです。タニタのアカウントは他企業と比べて自社商品の紹介が少なく、代わりに「バレーボールをした」「映画を観た」など、個人的なツイートが多いです。しかし、それが企業とのギャップを生み出し、多くのファンがついています。

タニタのツイートや一般ユーザーとのコメントのやり取りを見ることで、どうやって個人的なツイートでファンを増やしているのかが見えてくるでしょう。

https://twitter.com/TANITAofficial

NHK広報局

広報用のNHK公式アカウントです。真面目な公式アカウントかと思いきや、Twitterユーザーが馴染みやすい言葉を使った親しみやすいアカウント運用をしています。

Twitterを使ったプロモーションの参考にしてください。

https://twitter.com/NHK_PR

タカラトミー

おもちゃメーカー株式会社タカラトミーの公式アカウントです。
ユニークなおもちゃの機能や新商品などを、遊び心満載で投稿しています。

機械的な新商品紹介ではユーザーの心を掴むことは難しいですが、テレビに取り上げられたネタを取り入れたり、砕けた言葉で紹介したりとユーモア溢れる投稿ならば、Twitterユーザーを楽しませながら商品の情報を伝えられるでしょう。

タカラトミーのTwitterアカウントで、おもしろおかしくSNSを運用してユーザーの心を惹きつける方法を学びましょう。

https://twitter.com/takaratomytoys

無印良品

インテリアや雑貨を販売する無印良品の公式アカウントです。
文字だけじゃわからない商品の良さを、おしゃれな写真やわかりやすい動画で伝えているのが特徴的です。

動画を投稿して商品の良さやイメージをもっと伝えたいと思ってはいても、どのような動画を撮影すれば良いのかわからないSNS担当者も多いでしょう。このアカウントを参考にして、動画の撮り方や動画紹介が向いている商品のジャンルを学んでいきましょう。

https://twitter.com/muji_net

東急ハンズ

全国に展開する雑貨ショップ東急ハンズの公式アカウントです。
自社の商品紹介だけでなく、他社の商品を紹介することもたびたびあり、雑貨好きには嬉しい情報が満載です。

中の人の人柄も垣間見えることから、Twitterユーザーからは「ぶっちゃけすぎ」といったおもしろい反応もたくさんあります。

企業アカウントでも気を張り切りすぎず、ゆるくアカウント運用する方法の参考になります。

https://twitter.com/TokyuHands

まとめ

情報収集ができるのは本や新聞、テレビ、Webメディアだけではありません。SNSで多くの情報がやりとりされる今、Twitterからも様々な情報を得られます。

今何が流行っているのか、世の中では何が話題なのかなど、SNSで盛り上がっているトピックをチェックしておくと、マーケティングにも役立てられることが多いでしょう。

またSNS運用担当者は、すでに多くのユーザーから支持されている企業アカウントがどのような投稿をしているのかを常にチェックしておくようにしてください。どのような投稿をすればユーザーから良い反応が得られるのかを確認し、自社の運用にも活かしていきましょう。