Google翻訳した和文を印刷する際の注意点

kurokawa03_-_9.jpg

このようにGoogle翻訳を使えば、誰でも簡単に、英文を和訳できます。しかし、WordやPDF文書を印刷するときは一つ注意点があります。

それは、図式のある文書は翻訳がキレイにされない場合があるということです。

Google翻訳はアップロードされたファイルを翻訳する都合上、紙面に写るすべての箇所を一度にスキャンして翻訳していきます。

その際、図式にある脚注も合わせて無理やり翻訳しようとするため、文字の位置情報がズレ、通常の文章と折り重なって文字が出力されてしまいます。

Web上で見る分には、単語ごとにマウスポインタをフォーカスすることで、重なった文章を別々に読み取ってくれますが、印刷してしまうとそうもいきません。

もしGoogle翻訳したWordやPDF文書を印刷する際は、Webの画面を見ながら、手書きで文章を修正したり注釈を編集で加えたりするなど、文書を見る人があとで内容を読めるよう工夫する必要があります。

まとめ

今回は、WordやPDF文書の英文を一瞬で翻訳する方法について紹介しました。海外の記事はもちろん、文書化された内容もGoogle翻訳を使えば、誰でも簡単に和訳でき、英文を解読できるようになります。

とくに変化の速いWeb業界に身を置いているならば、一次情報のほとんどは海外からもたらされるものなので、英語が苦手なWEB担当者やマーケターは、ぜひGoogle翻訳を使って英文読解に慣れておきましょう。

こちらもおすすめ

海外トレンドの情報収集するなら確実におさえておきたい!オススメ海外メディア21選

海外トレンドの情報収集するなら確実におさえておきたい!オススメ海外メディア21選

新しい商品やサービスを作るには、常に業界のトレンドに触れる必要があります。また、Web業界は特に、流行り廃りの流れが非常に早いため、情報収集力は必須スキルといっても良いでしょう。そこで今回、「最新ニュース」「ビジネスノウハウ」「テクノロジー」「デザイン」の情報収集ができる海外メディアを21サイトまとめました。

たった一行のコードでWebサイトを瞬時に翻訳対応!多言語化は『WOVN.io』だけで十分すぎる

たった一行のコードでWebサイトを瞬時に翻訳対応!多言語化は『WOVN.io』だけで十分すぎる

今や企業にとっては国内だけでなく国外にも商圏を広げられる可能性があり、そのひとつの手段として重要となるのがWebサイトの翻訳対応。それが一行のコードを埋め込むだけで簡単に実装できるWOVN.io(ウォーブンドットアイオー)をご紹介します。