リモートワークやWeb上でのやり取りが増えるのに伴い、Googleドキュメントを利用する人も増加しています。よく比較されるWordと違うのは、クラウド上に文書を保存し、簡単にチーム内で共有したり、作成者以外も編集できること

今回はGoogleドキュメントの基本的な使い方と、仕事や文書作成を効率化する裏ワザをご紹介します。

Google(グーグル)ドキュメントの基本的な使い方

Googleドキュメントを使うには、基本の機能を押さえておくことが大切です。まずは基本的な使い方を覚えておきましょう。

Google(グーグル)ドキュメントの作成

Googleドキュメントを利用するにはGoogleアカウントが必要です。アカウントを作成後、以下のページよりログインします。
Googleドキュメント

image12.jpg

ドキュメントを新規作成する場合、赤枠の「+」「空白」となっているドキュメントをクリックすると新規作成できます。

image17.jpg

過去に編集したことのあるドキュメントは、下の「最近使用したドキュメント」に並んでおり、クリックすれば編集ページに移動できます。

文字のスタイル、フォント、装飾

Googleドキュメントでは自由に文字を装飾して見やすい文書を作成することが可能です。

・文字のスタイル(タイトルや見出し)
・文字のフォント
・文字のサイズ
・太字
・斜体
・下線
・文字の色
・ハイライト(背景)の色
・文字にリンクを紐付け

image8.png

すべて上部メニューのアイコンから直感的に編集できます。視覚的にも読みやすいドキュメントを作成できるでしょう。

画像、表、図形などの挿入

文書作成では、より見やすくするために画像、表、図形などを挿入することもあるでしょう。Googleドキュメントでも簡単に挿入できます。

image5.png

「挿入」タブをクリックするとメニューが表示されます。

image14.png

画像はPCのフォルダからアップロードやURLからのアップロード、カメラを起動して撮影することも可能です。

image22.png

表は「○×○」とマス目を決めて挿入できます。

image15.png

図形描画は新たに作成したり、Googleドライブからの挿入が可能。

image21.png

グラフは事前の準備は必要なく、Googleドキュメントから作成して挿入できます。どの項目も直感的に操作できるほどシンプルなので、ぜひ触ってみてください。