新しい年号となり、各企業もさまざまなキャンペーンを打ち出しています。そんな中でも注目度の高い動画キャンペーンをいくつかご紹介します。

同じ手法を使ってすべてのSNSに訴求しても、消費者には響かないでしょう。そこでSNSごとに工夫が見られる動画キャンペーンの事例を探っていきます。

サントリーの烏龍茶の事例

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」を起用したCMにちなみ、多角的にメディア展開をしている「サントリーの烏龍茶」の事例です。

これから紹介するtwitterとFacebookの投稿は、同日にアップされたもの。キャッチフレーズは「食べてもいいぜ」で統一されていますが、打ち出し方が異なっているので見ていきましょう。

twitterでは、「食べてもいいぜフォロー&RTキャンペーン」と題し、アカウントをフォローしRTすると、1000名様にLINE POINT500ポイントが当たるというイベントを開催。

文字の下にはサンドウィッチマン出演の動画が流れ、5月31日時点で187,944回再生、2万1,905件リツイート、5,445件のいいね!、そしてフォロワー数は4万2,483名となっています。

一方、Facebookの内容は、サントリー烏龍茶がリニューアルした旨とその特徴を紹介。さらにCMキャラクターであるサンドウィッチマンのカメラアプリが登場したことが記されています。商品とカメラアプリの画像が添付され、クリックするとそれぞれの詳細ページに飛ぶようになっています。

SUNTORY Facebookページ

ちなみにInstagramでは、キャンペーンはされておらず、商品をどのように生活の中に取り入れるかに着目した、インスタ映えのする画像が見られました。

@suntory_jp

文字数の少ないtwitterでは動画とキャンペーンで訴求、文字数の制約のないFacebookでは、キャンペーン概要を網羅的にアピールしています。またLINEでもtwitterキャンペーンを実施している旨、カメラアプリのダウンロードを促すなど、SNSの特性を活かしたキャンペーン方法を採用しているのが特徴です。