Macには、初期の状態だとWordやExcelなどのMicrosoftが提供するOffice製品が入っていません。

Appleが提供するソフトウェアとして、WordやExcelと同様の機能をもつPagesやNumbersなどがもともと入っていますが、日本ではOffice製品を使ったファイルの作成・共有が主流です。
「できればMacでもOffice製品を使いたい」という方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Mac上でOffice製品を使う方法や、その中でもExcelに焦点を当て、便利なショートカットキーや主なトラブルシューティングについて解説します。

Macで使えるMicrosoft製品の値段と違い

Mac上でMicrosoftのOffice製品を使う方法は、大きく分けて4つあります。

1. Office Online(無料)
2. Office 365 Solo(有料)
3. Office Home & Business 2019(有料)
4. Office Home & Student 2019 for Mac(有料)

それぞれの違いや値段について詳しく見ていきましょう。
shutterstock_401526031.jpg

Office Online(無料)

「Office Online」は、クラウド型のOffice製品です。パソコンにソフトをインストールする必要がなく、すべてネット上で作業を完結できます。

そのため、職場や外出先からでもアクセスでき、友人や社員間でのファイルの共有もスムーズです。また、操作方法は他のOffice製品と変わらないうえ、無料で利用できるので非常にコストパフォーマンスに優れています。

しかし一部機能が制限されているため、すべての機能をフルで使いたいという方には向きません。
簡単なファイルの作成や編集など、必要最低限の操作で十分という方にオススメです。
また、オンライン状態で動作することから、回線の状況などによって動作が若干重いと感じることがあるので注意です。

主な対象:コストを抑えたい方、必要最低限の操作で十分な方
含まれるソフト:Word・Excel・PowerPoint・One Drive など
価格:無料

Office Online

Office 365 Solo(有料)

「Office 365 Solo」は、サブスクリプション型のOffice製品です。

Office関連のほとんどのソフトをフル機能で利用でき、常に最新バーションにアップデートされるのでとても便利です。One Driveには1TB分のオンラインストレージが用意されるほか、チャットや電話でのサポートもあるので安心して利用できます。

しかしサブスクリプション型のため、利用料が毎月発生します。
1年分を一括購入すれば支払い額が2ヵ月分ほど安くなるので、長く利用する方は年間プランがオススメです。
1ヵ月間は無料で試用版を利用できるので、まずはそちらを試してみるのも良いでしょう。

主な対象:Excel以外にさまざまなソフトを使いたい方、最新バーションを使いたい方
含まれるソフト:Word・Excel・PowerPoint・One Drive など
価格:有料(1,274円/月、12,744円/年)

Office 365 Solo

Office Home & Business 2019(有料)

「Office Home & Business 2019」は、パッケージ型のOffice製品です。

利用した分だけ請求が発生するサブスクリプション型と違い、永続ライセンスのため一度購入すればそれ以上の支払いはありません。
そのため長く使えば使うほどお得になります。

しかし3年以上使わない場合、「Office 365 Solo」の方がコストが割安になります。また最新バージョンへのアップグレードができないので、その点も考慮したうえで購入しましょう。

主な対象:3年以上Office製品を使う方、最新バーションにこだわらない方
含まれるソフト:Word・Excel・PowerPoint・Outlook
価格:有料(37,584円)

Office Home & Business 2019

Office Home & Student 2019 for Mac(有料)

「Office Home & Student 2019 for Mac」は、パッケージ型のOffice製品です。

主なメリット・デメリットは「Office Home & Business 2019」と同様ですが、大きな違いはMacのユーザーインターフェースやRetinaディスプレイなど、Macの機能をしっかり活用できるように再設計されている点にあります。また価格が12,000円ほど安くなっており、購入しやすいのが特徴です。

しかし含まれるソフトがWord・Excel・PowerPointの3種類しかないため、さまざまなソフトを利用したいという方には不向きです。また2年以上使わない場合、「Office 365 Solo」の方が割安になるので、慎重に検討しましょう。

主な対象:2年以上Office製品を使う方、最低限のソフトで十分な方
含まれるソフト:Word・Excel・PowerPoint
価格:有料(25,704円)

Office Home & Student 2019 for Mac