そもそも、相互リンクとは?

まず、「相互リンク」について、おさらいしておきます。
相互リンクとは、「2つの異なるドメイン間でリンクをし合っていること」です。
リンクGoogleガイドラインに沿った「質の高いもの」でなくてはなりません。

質の高いリンクとは、以下のようなものを指します。

  • ユーザーから評価が高いサイトからのリンク
  • コンテンツ内容が関連しているページからのリンク
  • 適切な位置に貼られていること

GoogleWebサイトの情報がユーザーにとって有益かどうかを重視しています。
ユーザーにとって適切なリンクであれば、検索順位が上がり、不適切なリンクと判断されれば下がるのです。

相互リンクの2つのSEO効果とは

SEOの観点からみると、相互リンクの効果は以下の2つです。

良質なリンクを集めれば、検索結果上位を狙える

すべてのWeb担当者が目指しているのはこちらです。
多数の良質なリンクを集めているサイトは、Googleから「質の高い」サイト・ページだと認識され、検索順位が上昇します。

質の悪いリンクを集めていたら、ペナルティとして検索順位が下がる

逆に、質の悪いリンクを集めてしまうと、ペナルティ対象となります。
最悪の場合、インデックス削除になることも。

このペナルティについては、次の章にて説明します。

恐ろしい!相互リンクのペナルティとは

Googleが出している「ウェブマスター向けガイドライン」にも、記載されているリンクプログラムの「ペナルティ」に関する文章は以下のとおりです。

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを目的としたリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反となる場合があります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。
引用元:リンク プログラム - Search Console ヘルプ

Googleから「ガイドラインに違反しているリンク」とみなされないような、相互リンクを獲得する必要があります。

質が悪いリンクとは、ペラサイトからのリンク、有料でリンクを買って何度もリンクさせる行為、相互リンクサイトのようなサイトからリンクを貼ることなどを指します。

Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) 
を一度は目を通しておきましょう。

相互リンク募集サイト

昔は相互リンクサイトから、芋づる式にリンクを辿っていました。

・相互リンクサイトとは
「相互リンク集」といったページを作り、相互リンクを募っているサイトのことです。

・自動相互リンクサイトとは
フォームに入力したり、リンクを貼ると、こちらへのリンクも自動で貼られるサイトのことです。

相互リンクサイト・自動相互リンクサイトは今ではほとんど見かけなくなりました。
リンクの数が重視されていた頃は、効果があったと言われていますが、現在はリンクの質が重視されているので、相互リンクサイトの効果は薄いと言ってもいいでしょう。
現在では、ペナルティ対象となる可能性があります。

相互リンクをもらう4つの方法

では、検索順位が上がる相互リンクをもらうにはどうしたらよいでしょうか。

1. 自分の別サイト同士で、リンク

自分の所有する複数のサイト同士でリンクをし合う方法です。
ただし、ペラサイトからの大量のリンクや、関連の薄いサイトからのリンクはペナルティ対象となることがありますので注意してください。

2. リンクを貼って欲しいサイトにメール・コメントをし、相互リンクを依頼

自分のサイトのリンクを貼って欲しいサイトを見つけたら、思い切ってメールやコメントをしてみましょう。
サイト所有者からしたら、ポジティブな方向のメールやコメントをもらうことは嬉しいものですし、交流から発展して情報交換ができるかもしれません。

3. 相手の言及記事を書く

ポジティブな言及は、サイト所有者に喜ばれます。
相手もこちらの言及記事をお返しに書いてくれるかもしれません。

4. SNSやオンラインサロンなどで仲良くなったサイト運営者にお願いする

ツイッターやインスタグラムなどのSNSアカウントを持っているサイト所有者も増えてきました。
仲良くなったアカウントに、思い切ってリンクをお願いしてみましょう。
最近は、オンラインサロンやリアルでの交流も盛んなので、そちらでお願いしてみるのもいいですね。

一番重要なのは、質の高いサイトからのリンクを得られるような、ナチュラルに言及される記事を書くことです。
運営しているサイトが質の高いサイトなら、自然に言及・リンクが増えていくはずです。
そして、内容が素晴らしい・関連したサイトからリンクが貼られていたら、お礼も兼ねてリンクを貼ると、双方がwin-winの関係になっていきます。

rel=nofollowに注意

rel=nofollowとは、相手のURLに「このページリンクをたどらない」という意味です。
いくつリンクをもらったとしてもrel=nofollowでは意味がありません。

また、自分がリンクを貼る場合もrel=nofollowでないほうがよいでしょう。
相手にも、自分にもメリットがあったほうが、心象がよくなりwin-winの関係になれるからです。

rel=nofollowについては、Googleガイドラインにも記載があります。
特定のリンクに対して rel="nofollow" を使用する - Search Console ヘルプ

まとめ 相互リンクのメリット・デメリット

SEO対策は、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)をよく理解することから始まります。一度は目を通しておきましょう。

相互リンクについて簡単にまとめると、
メリット:検索結果で上位表示が狙える
デメリット:やり方を間違えると下位表示・インデックス削除に。相互リンクサイトは意味が無い。

あくまで、自身のサイトに良質な記事をたくさん書くことがスタートです。
ユーザーにとって有益なサイトを作っていけば、自然とリンクが集まるサイトになっていきますよ。