SNSは今や企業にとって重要な集客チャネルですが、アカウントの運用体制に無理があると思うように継続できなくなってしまう場合があります。SNSはしっかりと練り上げた企画に基づき、スケジュールに沿って継続的に投稿するのが理想的です。しかし、マンパワー不足や別の業務によりSNS運用のために思うように時間を確保できないこともあるでしょう。

このようなSNS運用の負担を軽減する方法の一つがSNSアカウントの連携です。特にInstagramは2019年3月時点で日本国内の月間アクティブアカウント数が3300万を突破したという発表があり、SNS連携を利用して積極的に運用したいところです。

今回は、世界最大のSNSであるFacebookとユーザー数の拡大が著しいInstagramの連携方法をご紹介します。アカウントの連携により、効率的なSNSマーケティングを実現しましょう。

FacebookページとInstagramの連携方法

それでは、早速、FacebookページとInstagramの連携方法についてご説明します。設定はあまり時間がかかるものではありません。ただし、設定後は正しく動作しているのか確認するように心がけましょう。

(1)Instagramの設定画面を表示する
image1.png

スマートフォンアプリで操作します。Instagramのアプリを起動し、右下の人物アイコンをタップし、自分のプロフィールを表示してください。右上のハンバーガーメニューをタップし、下部に表示された「設定」(歯車マークの隣)をクリックします。

(2)アカウントの設定画面を表示する
image2.png

設定メニューの中ある「アカウント」をタップし、アカウントの設定画面を表示します。

(3)リンク済みのアカウントを表示する
image6.png

アカウントの設定画面の中にある「リンク済みのアカウント」をタップし、アカウントの一覧画面を表示します。

(4)Facebookとリンクする
image3.png

一覧の中から「Facebook」をタップします。Facebookへのログインを求められるので、連携しているFacebookページの管理者のアカウントでログインします。再度「Facebook」をタップし、Facebookとの連携設定画面が表示します。

(5)投稿を自動的にシェアするように設定する
image4.png

Facebookとの連携設定画面の中の「Facebookで投稿をシェア」をオンにしてください。写真や動画を自動的にFacebookにシェアするようになります。ストーリーズもシェアしたい場合は、その上にある「Facebookでストーリーズをシェア」もオンにします。

次に、上部にある「シェアする」をタップして管理しているFacebookページの一覧を表示してください。デフォルトの状態では「シェアする」という部分は、Facebookプロフィールになっているでしょう。これは個人のタイムラインですので変更する必要があります。この部分の設定は、もっとも重要ですので忘れないようにご注意ください。

(6)連携するFacebookページを選択する
image5.png

管理しているFacebookページの一覧の中から連携したいページを選択します。これで連携設定は完了ですが、正しく動作するか必ず確認しましょう。

連携後の使い方

FacebookページとInstagramのアカウントの連携が完了した後に、実際にInstagramで投稿を行うとどのようになるのか流れに触れておきましょう。とても分かりやすいので安心して操作できます。

(1)Instagramの投稿画面で画像を選択する
Instagramのアプリを起動し、投稿したい画像を選択します。フィルタを使ったり編集をするなど連携前と操作は変わりません。「次へ」をタップします。

(2)自動的にシェアするアカウントを確認する
キャプションやタグ、位置情報の追加欄とともに、Instagramの投稿を行う際に投稿と同時にシェアするアカウントが表示されています。連携しているFacebookページはオンの状態ですが、ここでオフにして投稿できます。

(3)投稿完了
右上にある「シェア」をタップして完了です。

FacebookページとInstagramを連携するメリットとは

FacebookページとInstagramのアカウントを連携するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。以下に代表的なメリットをピックアップしました。

SNS運用にかかる手間を軽減できる

もっとも大きなメリットはSNSアカウント運用者の手間の軽減です。投稿だけではなく、確認作業もあるため、意外と時間がかかるものです。複数のSNSに投稿作業を行う際の時間や手間の負担は大きく、この負担に腰が引けてしまい、スケジュール通りに投稿ができなくなってしまうケースもよく見られます。単純に考えれば、アカウント連携することで1回に2つのアカウントに対して投稿できるのは、手間が半分になったと言えるでしょう。

投稿の閲覧者が増える

FacebookページとInstagramの両方に投稿することで、どちらか一方のアカウントしか持っていない人に対してもアプローチできます。できるだけ多くの人に投稿を見てほしいという狙いがあるのなら、連携は大きなメリットです。特にInstagramは、投稿から別のWebページに遷移するといった流れに誘導しにくいので、Facebookのユーザーにも訴求しておくのはよい戦略となるでしょう。

Facebookページにクオリティの高い画像を投稿できる

ビジュアルにおける訴求力に長けたInstagramからの投稿をFacebookページに表示させることで、ユーザーへの視覚的なアプローチを強化できます。

FacebookページとInstagramを連携で気をつけること

FacebookページとInstagramを連携できれば運用がとても楽になりますが、注意しなければいけないこともあります。気をつけるべきことに把握していれば、連携のメリットを十分に活かした効率的なSNS運用ができます。

ページ連携ミスに気をつける

FacebookページとInstagramの連携はそれぞれ1つの対してのみ可能です。どのFacebookページとInstagramのアカウントを連携させるのか、よく検討する必要があります。連携設定をしているFacebookページ以外につなぎたい場合は、連携を切り替えるしかありません。また、連携設定をする際はFacebookページの管理者になっていなければいけないことも覚えておきましょう。
連携設定を誤ると個人アカウントのタイムラインに投稿されてしまうなどのトラブルが生じてしまう可能性があります。連携設定は慎重に行い確認するようにしましょう。

Facebookとインスタのユーザーを見つめ、連携以外の投稿もする

アカウントの連携を行うと、SNSの運用においては便利ですが、本来のマーケティングの精度が低くなってしまう場合があります。それはFacebookとインスタのユーザーの属性が必ずしも同じとは限らないからです。SNS連携が楽だからといって、ターゲットに響かない投稿ばかりが増えてしまうとユーザー離れにつながってしまうかもしれません。連携のみではなく、Facebookとインスタのそれぞれのユーザーに合わせた投稿を意識しましょう。SNSアカウントの連携はあくまでも作業負担の軽減だと考え、本質的なマーケティングを忘れないように注意しましょう。

まとめ

FacebookとInstagramはそれぞれが人気のあるSNSでありながらも、特徴が大きく異なる個性的な存在です。企業としては、ビジネスにおいて両方のアカウントマーケティングに活かしたいと考えるのは当然です。アカウント連携により、SNS運用担当者の作業ボリュームを減少できれば、FacebookとInstagramの両方のアカウント運用はそれほど負担にならないでしょう。

ただし、アカウント連携に頼らず、FacebookとInstagramそれぞれの特徴を踏まえた運用を行うのがマーケティング活動の成功の可否に影響します。投稿がユーザーのこころに響かなければ、どれだけ多数の投稿をしたとしても意味がないのです。常に連携機能に任せきりではなく、ユーザーエンゲージメントを重視して、両方のSNSの運用を手動でサポートするエネルギーが必要です。

FacebookとInstagramの連携作業はそれほど手間のかかるものではありません。連携設定を済ませてしまい、効率化により余裕ができた時間をエンゲージメントの分析や投稿内容の企画にあてるなど、さらなるマーケティングにつなげましょう。