Facebook(フェイスブック)ページとInstagram(インスタグラム)の連携で気をつけること

FacebookページとInstagramを連携できれば運用がとても楽になりますが、注意しなければいけないこともあります。気をつけるべきことを把握していれば、連携のメリットを十分に活かした効率的なSNS運用ができます。

ページ連携ミスに気をつける

FacebookページとInstagramの連携はそれぞれ1つに対してのみ可能です。どのFacebookページとInstagramのアカウントを連携させるのか、よく検討する必要があります。連携設定をしているFacebookページ以外につなぎたい場合は、連携を切り替えるしかありません。

また、連携設定をする際はFacebookページの管理者になっていなければならないことも覚えておきましょう。連携設定を誤ると個人アカウントのタイムラインに投稿されてしまうなどのトラブルが生じてしまう可能性があります。連携設定は慎重に行い、入念に確認するようにしましょう。

Facebook(フェイスブック)とInstagram(インスタグラム)のユーザーを見つめ、連携以外の投稿もする

アカウントの連携を行うと、SNSの運用においては便利ですが、本来のマーケティングの精度が低くなってしまう場合があります。それはFacebookとInstagramのユーザーの属性が必ずしも同じとは限らないからです。SNS連携が楽だからといって、ターゲットに響かない投稿ばかりが増えてしまうとユーザー離れにつながってしまうかもしれません。

連携のみではなく、FacebookとInstagramのそれぞれのユーザーに合わせた投稿を意識しましょう。SNSアカウントの連携はあくまでも作業負担の軽減だと考え、本質的なマーケティングを忘れないように注意しましょう。

連携によりSNS運用が楽になる。しかし注意したいことも…

FacebookとInstagramはそれぞれが人気のあるSNSでありながらも、特徴が大きく異なる個性的な存在です。企業として、ビジネスにおいて両方のアカウントマーケティングに活かしたいと考えるのは当然。アカウント連携により、SNS運用担当者の作業ボリュームを減少できれば、FacebookとInstagramの両方のアカウント運用はそれほど負担にならないでしょう。

ただし、アカウント連携に頼らず、FacebookとInstagramそれぞれの特徴を踏まえた運用を行うのがマーケティング活動の成功の可否に影響します。投稿がユーザーの心に響かなければ、どれだけ多数の投稿をしたとしても意味がないのです。常に連携機能に任せきりではなく、ユーザーエンゲージメントを重視して、両方のSNSの運用を手動でサポートするエネルギーが必要です。

FacebookとInstagramの連携作業はそれほど手間のかかるものではありません。連携設定を済ませてしまい、効率化により余裕ができた時間をエンゲージメントの分析や投稿内容の企画にあてるなど、さらなるマーケティングにつなげましょう。

Instagram(インスタグラム)とWordPress(ワードプレス)も連携させよう

WordPressとInstagramのフィードを連携させる方法とは?

WordPressとInstagramのフィードを連携させる方法とは?

世界の月間アクティブアカウント数が10億を超えているInstagramを効果的に活用するにはフォロワーを増やすことが大切です。フォロワーを増やすには、Instagramからだけではなく、ホームページからもフォロワーを積極的に獲得できるように、最新投稿などを表示させるのが得策でしょう。連携設定となると手間に感じる方もいるかもしれませんが、WordPressを使っているなら、実はプラグインで簡単に実装できるのです。この記事では、InstagramのフィードをWordPressに簡単に埋め込む方法を解説します。