テクノロジーの進化にともない、今注目を集めているのが「デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation、DX)」です。

デジタルトランスフォーメーションは、経済産業省からレポートやガイドラインが発表されており国家的にも注目されていますこれにより、日本でも新しいサービスやビジネスモデルによって大きな変化がもたされていると言っても過言ではありません。

no

顧客に関するあらゆるデータを統合し高度なマーケティング活動に繋げられるツールは? >>チェック

社内に散在する各種データの統合(クレンジング・名寄せ)を可能にし、CRM/SFAやMA、名刺管理ツールとの連携で営業活動を最大限にバックアップする画期的サービスをチェック。

そこで今回は、この デジタルトランスフォーメーション の概要や メリット・実際の企業で行われた事例 を紹介していきます。

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation、DX)とは

デジタルトランスフォーメーションとは、データやデジタル技術によってビジネスに変革をもたらす考え方です。

近年では日本でも推進されており、経済産業省が発表したデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドラインには以下のように記載されています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」  

引用:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン|経済産業省

つまり、データやデジタルを活用して今までになかったサービスやビジネスモデルを生み出し、それにかかるコストの削減を実現する考え方と言えるでしょう。

それによって業務そのものが見直され働き方改革にもつなげていき、社会全体を変えていく、という目的もあります。つまり、デジタルトランスフォーメーションは各企業はもちろん社会全体を大きく変革させる革新的なイノベーションなのです。

このデジタルトランスフォーメーションの過程には「デジタイゼーション」や「デジタライゼーション」があります。

「デジタイゼーション」は、ある作業工程の効率化のためにツールを導入するといったようなことです。一方の「デジタライゼーション」は、自社の内外環境やビジネス戦略面のプロセス全体をデジタル化していくようなもの。

この二つによって企業が変わり、より幅広い視点である社会全体をより良くするものがデジタルトランスフォーメーションなのです。