4月21日、Twitterから、フォロー関係でなくてもDMが送れる仕様に変更すると発表がありました。
ビジネス活用しやすくなった反面、スパムメールが増えるのではないかという懸念の声も出ており、現状は賛否両論のようです。

今回は、Twitterユーザーであれば自由にDMをやりとりできるようになったことによるメリットと注意点をご紹介します。

仕様変更の具体的な内容は?

これまで、Twitterの個別メッセージ機能である「DM」はお互いにフォローしているユーザー間でのみ利用可能でしたが、今回の仕様変更により、フォロー関係にないユーザーでもDMを送れるようになりました。
ただ、誰からでもDMを受け取るか否かは、ユーザーが自ら設定しなければいけないため、特に設定変更しなければ今まで通りフォロー関係にあるユーザー同士でのみ、DMが送れる関係にあります。

DMの受信設定変更は以下の手順で行えます。(パソコン版)

1、設定
Twitterにログインし、画面右上にあるアイコンをクリックします。表示されるメニューの中から「設定」をクリックします。

2、セキュリティ
設定画面の左側にあるメニューの中から「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

3、DM設定の確認
「セキュリティとプライバシー」画面の一番下に、「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」というチェック項目があります。ここにチェックをいれ、「変更を保存」をクリックすると、どのTwitterユーザーからでもDMを受け取ることができます。
4,送信方法
フォロー関係に無い相手にDMを送りたい場合は、通常のDMと同様にユーザーのプロフィールページの歯車のマークをクリックし、「ダイレクトメッセージを送る」という項目が表示されていれば送信可能です。

仕様変更によるメリット:Twitterのビジネス活用がやりやすく

ダイレクトメッセージが誰でも送受信できるようになったことで、企業としてはプロモーションやキャンペーンをより推進しやすくなるでしょう。
例えば、Twitter上でエゴサーチを行い、自社サービスについて好意的なツイートをしているユーザーに対して、クーポンやセール情報をDMで送ることができます。

エゴサーチ方法についてはこちら
意外と重要なTwitterのエゴサーチについての解説

また、サービスの不具合についてツイートしているユーザーがいた場合は、DMで不具合の詳細をヒアリングできるためスピーディーに対応することもできます。

仕様変更によるデメリット:スパム業者が横行する可能性あり?

今回の仕様変更で最も懸念されているのが、スパムや犯罪の温床になってしまう可能性があるのではないかという点です。
ただ、2013年10月の段階で、Twitterはスパム対策のためURL入りのDMを送れない仕様にしています。
また、先に紹介したとおり全ユーザーからDMを受け取ることができるようになるにはユーザー自身での設定変更が必要なため、知らない間にスパムメールが大量に届いていた、という自体は起こり得ないでしょう。

企業に対して、一般ユーザーから誹謗中傷が大量に届いてしまう可能性があります。もしそのようなDMが来た場合のために対処法マニュアルを作成しておくとよいでしょう。

まとめ

Twitterは、先月も複数人でDMのやりとりができるグループDM機能を追加しています。

グループDMの詳細についてはこちら
Twitterの新機能「グループダイレクトメッセージ」の活用方法

DMの仕様変更をたびたび行っているのは、近年急伸しているメッセンジャーアプリの「WhatsApp」や「Facebookメッセンジャー」「LINE」を意識してのことでしょう。
Twitterの主戦場はDMではありませんが、今後どのように展開していくのか注目です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebookページ(フェイスブックページ)に関する事例
Facebookページ(フェイスブックページ)のカリキュラム一覧
広告に頼らずに成果を出せるグロースハックの概要と成功事例記事

****

Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

facebookはリアルとのビジネスにも相性が良いものです。タイムセールや特売情報などもリアルタイムに投稿して、反応を見たいものです。