自社ホームページのSNS運用を担当されている皆様、「エゴサーチ」という言葉をご存知ですか?
エゴサーチとは、簡単に言うと、自分に関連する情報がインターネットに上がっていないかをチェックする行為で、主にTwitter上で行われます。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

「エゴサーチ」という言葉の響きからして、なんとなくマイナスイメージを持ってしまいがちですが、エゴサーチするとユーザーの忌憚ない意見が確認できるため、サービス品質向上の為には必要な作業です。
また、自社サービスについて言及しているユーザーとコミュニケーションをとることで、新しいシナジーが生まれる可能性もあります。

今回は、エゴサーチの重要性と、効率的にエゴサーチを行う方法について解説します。

エゴサーチとは?

インターネット上で、自分の名前や所属企業名、運営サービス名等で検索を行い、どのように言及されているかを調べる行為を指します。

特に定義はされていませんが、一般ユーザーの声が収集しやすいTwitter上で行うのが主流なので、以下からはTwitter利用を前提とした解説をします。

なぜTwitterでエゴサーチを行った方が良い?

Twitterにはユーザーの誰宛でも無い何気ないつぶやきが集積されています。自分のフォロワーぐらいにしか見られないという意識で利用する方が多いため、自分が利用したサービスや商品に対して忌憚ない意見をつぶやきやすい環境にあります。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

そのようなユーザーの意見は、企業発信のアンケートやインタビューではなかなか得られない領域の情報になります。

また、冒頭でも触れた通り、自社サービスに言及しているユーザーTwitter上でコミュニケーションを取ることで、更に良い情報を引き出せるケースもあります。