SEO対策を行う上で、指定したキーワードで自社のページが何位に表示されるかを把握するのは、今後どのような施策を行うべきかを決定するために非常に重要となる情報です。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

そこで今回は検索順位を調べる際に役立つ検索順位チェックツールを3つ紹介します。ぜひ今後のSEO対策を行う上でのツールとして導入を検討していただければと思います。

検索順位チェックツールGRC

a.png

画像引用:検索順位チェックツールGRC

まずはSEOの順位チェックツールを語る上で外すわけにはいかない検索順位チェックツールGRC(以下GRC)。

GRCはSEOツールラボ(有限会社シェルウェア)から配布されており、2004年の販売開始以降、長年に渡り個人から企業まで幅広いWeb関係者に利用されている超定番の順位チェックツールです。

GRCの特徴・機能

GRCの特徴は何と言っても登録できるキーワードとURLの数が非常に多いにもかかわらず、他を圧倒するほどの低価格です。この後紹介する2つのツールと比較しても群を抜いて低価格設定となっています。

低価格設定でありながらも必要な機能は全て揃っており、誰でも直感的に操作できるシンプルな設計です。また、GRCは多くのアップデートを重ねて現在のシステム・機能性になっており、今もなおユーザーのフィードバックや要望を元により良い順位チェックツールとしてアップデートを行っています。

Google・Yahoo・Bingと3つの大手検索エンジンの検索順位を取得可能で、導入したその日から順位取得した結果をグラフや表で確認できます。指定時刻に自動で順位取得を行うこともできますので、業務開始前に自動取得しておいて、まず業務の開始時に大きな順位変動がないかをチェックするという使い方も可能です。

ライセンスの料金プランは無料版を合わせて6種類あり、それぞれ登録が可能なURL数と検索キーワード数や使用できる機能の制限が異なります。1年間有効のライセンスで、支払い方法は銀行振込のみの対応です。

参考:検索順位チェックツールGRC