Webデザイナーの方であればほとんどの方が利用するPhotoshop。
1人でホームページの管理をされているようなWeb担当者の方でも、サイトデザインの修正等、Photoshopを利用する機会があるのではないでしょうか。

今回は、デザイン専業ではない初心者でもPhotoshopある程度使いこなすために知っておくべき情報をまとめました。できるだけ自分の手でデザインクオリティを上げたいというWeb担当者様はチェックしてみてください。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

1. 作業効率化に必須のショートカットキー15選

業効率化に必須のショートカットキー15選
Photoshopで押さえておくべき基礎ショートカットキー15選

MicrosoftOfficeやGoogleのツールと同じように、Photoshopにも作業スピードを早めるためのショートカットキーが存在します。
細かく複雑な作業が多いPhotoshopでは、1つ操作手順を簡略化できることで全体の作業時間が大幅に短縮できる場合があります。
こちらの記事では、特に便利なショートカットキーを15個厳選してご紹介しています。

2.Photoshopの機能をわかりやすく説明しているチュートリアル60選

Photoshopの機能をわかりやすく説明しているチュートリアル60選
ブックマーク必須!Photoshop基礎チュートリアル60まとめ

Photoshopは非常に高機能なデザインツールです。
既に多くの機能があるうえに新機能も続々追加されているため、どのような機能があるのか把握しきれていないと感じている方は多いのではないでしょうか。こちらの記事では、Photoshopの機能を手順を追ってわかりやすく説明している記事を60個ご紹介しています。
英語記事も多いですが、操作手順1つ1つのキャプチャ画像も掲載されているので説明文がなくてもわかりやすくなっています。

3.Photoshopで利用できる高クオリティの無料ブラシ素材80選

Photoshopで利用できる高クオリティの無料ブラシ素材80選
決定版】もはやデザイン不要!Photoshopの高クオリティなブラシ80選

Photoshopでは、ブラシツールを使うことで誰でもデザインを施すことができます。
ブラシの素材は豊富に作成されており、無料なのに高クオリティなものが大変多く存在しています。これらのブラシ素材を組み合わせて自社サービスのイメージがより伝わりやすくなるようなデザインを作成してみましょう。

4.春向けのデザインパターン50選

春向けのデザインパターン50選
春爛漫!今の季節にオススメしたいPhotoshopデザインパターン50選

Photoshopには季節感を出せるデザインパターンも多く存在します。今の時期でれば、春感のあるデザインを積極的に活用してみましょう。期間限定キャンペーン用のLP(ランディングページ)を作成する際に非常に役立ちます。

まとめ

Photoshopはデザイナー専用ツールで、一定の知識・技術がなければデザインを作成することはできないというイメージが強いかもしれませんが、上記で紹介したような補助ツールを使えばある程度使いこなすことができます。
Photoshop上で使える無料素材は無数に存在し、それらを利用すればある程度のクオリティのデザインに仕上げることができるうえ、作業効率化も実現できます。
Photoshopを持て余してしまっているという方は是非上記ツールを活用してみてください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

10秒でGoogleにて著作権フリーの画像を検索する方法。意外に知られていない高機能
【2015年版】商用無料の人気フリーフォント35選
【必須スキル】2015年は入力速度を上げる!見ないで打てる簡単タイピング術

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう