自社のWebサイト運営において、

  • サイトへの流入はあるものの購入につながっていない
  • 改善方法が分からない

といった悩みを持った企業のWeb運営担当者の方も多いのではないのでしょうか。

そんな方には是非「アイトラッキング」を活用したWebサイト分析が有効です。

アイトラッキングを導入すれば、Webサイトを閲覧したユーザーの視点がどこにあるのか、Webデザインのユーザビリティを高めるのにはどうすればいいのかなどを分析することができます。

この記事では、アイトラッキングの概要と、活用方法や実際に活用した場合の実例を解説します。

アイトラッキングとは

アイトラッキングとは視線計測という意味で、人の視線を認知・追跡し、その結果を教えてくれる技術です。

この技術は教育機関・民間企業などで幅広く使われており、Webマーケティングにおいても、有効な手段の一つとされています。

ユーザーWebサイトページを「どこを、どのくらいの時間見たのか」などを具体的にデータ化し、ユーザーが見ているページの場所や注視時間を視覚的に表示することができます。

アイトラッキングによって視覚的に表示される分析結果の代表例として挙げられるが、ヒートマップとゲイズプロットです。この2つの表示についてを解説していきます。

ヒートマップとは

ヒートマップとは、ページの視線がある部分である「注視点」を色分けして可視化することです。

注視点は、100~500ミリ秒(10分の1秒から0.5秒)間に見られている場所で、注視点が集中すればするほど色が赤くなります。

反対に、注視されていないほど、緑色から青色で表示されるので、色の違いでサイトの解析ができるツールです。

ヒートマップでわかることは、

  • 読んでほしいところが読まれていなかったこと
  • 想定外によく読まれているところ

上記の2つです。これによりWebサイトのどこに問題があったかが一目でわかるので、改善の糸口になります。

ゲイズプロットとは

ゲイズプロットは、ユーザーページ内での視線がどのようにどのように移動したか、またその順番や頻度が分かります。視線の集まる度合いによって、各ポイントの大きさが分かることが特徴です。

ゲイズプロットではユーザーの閲覧する順番がわかるので、コンテンツの因果関係を掴むことができます。

例えば、

テキストを読んでから商品を購入したのか
・目立った見出しや画像を見てから商品を購入したか

などが把握できれば、ヒートマップだけでは分からなかった改善の方向性が見えてきます。これがゲイズプロットの大きな強みです。

アイトラッキングでわかること

アイトラッキングでは、ユーザーWebサイトページを最初に見た場所から順番に、見ている場所がわかります。

さらに、ページの「どの部分」に関心があるのか、「どれくらいの時間」見ていたのかという事を把握することも可能です。

結果、Webデザインに問題がないかどうかを確かめたりすることができるので、サイトのユーザビリティの向上に役立ち、コンバーション率の改善に繋がります。

アイトラッキングでわからないこと

ユーザーページのどこの部分を、どれだけの時間見ているのかを把握できるアイトラッキングですが、分からない部分もあります。

たとえば、あるページテキストを長く見ているということがアイトラッキングでわかったとしても、「それが興味があって長く見ているのか」それとも「理解に時間がかかっているだけなのか」といったユーザーの心情までは読み取ることはできません。

その点はあくまでも推測し、PDCAを回す必要があります。長く見ている、ということは「ユーザーが気になっている部分」ですので、視覚的なユーザビリティを高めるなど、できる限りの対策を施しましょう。