昨今、キャラクターを活用したマーケティングが活発になりつつあります。

今回は、SNS漫画のプロモーションを数多く手がける株式会社ディー・エル・イー(DLE Inc.)が、キャラクターマーケティング活用のコツを、人気キャラクター漫画「耐え子の日常」のInstagramの運用事例を交えて紹介します。

キャラクターマーケティングとは何か

キャラクターとは一般的に消費者に特定のイメージを与える目的で作られたもののことを指します。ハローキティやドラえもんなどの、有名なキャラクターを思い浮かべる方も多いでしょう。

そしてキャラクターマーケティングとは、キャラクターを用いた企業活動のすべてを指します。具体的には株式会社ローソンのポンタや、JXTGエネルギー株式会社が展開するENEOSのエネゴリくんなどです。

このキャラクターマーケティングには様々な活用方法があります。

<代表例>
・キャラクターが登場する “ストーリー” を販売するコンテンツビジネス
・グッズなどの ”商品” を販売するライツビジネス
・キャラクターを消費者の ”架け橋” として使うブランドビジネス

相性のいいキャラクターとInstagram(インスタグラム)

キャラクターマーケティングとInstagramは、一般的に相性が良いとされています。

ここでは代表的な2つの理由を取り上げます。

滞在時間が増える傾向にある

1つ目に挙げられるのは、Instagramの各投稿の滞在時間が増える傾向にあることです。

現在のInstagramのアルゴリズムでは「いいね!」の数だけでなく、ユーザーの滞在時間やコメント数など、多くのエンゲージメントを重要視しているとされています。
中でも「投稿に触れたユーザーが何分・何秒くらいその投稿を見たか」という滞在時間の指標が大きいと言われています(2019年12月時点)。

この滞在時間を増やす方法はいくつかありますが、キャラクターの場合は非常に有利な方法がひとつあります。それは、「漫画」です。

「漫画」は、投稿あたりの情報量が多く、写真やイラストに比べてじっくり読まれることが特徴にあります。

また、ストーリーが伝えられる分、コメントも多くもらいやすい傾向です。

結果として、エンゲージメント率が高くなりやすく、現状のInstagramのアルゴリズムで優位に広めることが可能です。

そして、キャラクターを使った投稿は、「漫画」との相性が高くなります。
いわゆるコマ割りされた普通の漫画だけではなく、ひとコマ漫画のような「ふきだし」を活用した投稿であれば、少ない手間でエンゲージメントの高い投稿ができます。

手軽に滞在時間の長い良質な投稿ができるキャラクターは、Instagramとの相性が良いといえるでしょう。

属人化を防ぐことができる

2点目は、運営体制です。

SNS運用は、属人性が高い運営になりがちです。
運用している人が変わってしまうとともに内容も変わってしまい、せっかく増やしてきたファンを急に失うこともあります。

しかしキャラクターであれば、担当者が変わっても投稿内容が変わることはなく、運用の引き継ぎのマニュアル化もしやすいため、運用の手間を省きやすくなります。

担当者が変わってもファンを失わず、運用を滞ることなく続けられるのも、キャラクターマーケティングのメリットだと言えるでしょう。