ビジネスマンは、日々目の前の業務に追われながらも、マーケティングの仕組みを学んだり、日本・世界の市場についてもアンテナを張っておく必要があります。ですが、マーケティングの分野は広すぎてどこから手を付ければいいのかもわからないですよね。

今回はマーケティングの理論から方法論、思考法まで学べるビジネス書を4冊ピックアップしました。業種問わずすべてのビジネスマンにおすすめできる書籍なので、ぜひ目を通してみてください。

ドリルを売るには穴を売れ

b.png

2006年に出版されてから現在まで、多くのビジネスマンに読まれてきたマーケティング入門書です。

本書ではマーケティングの理論を体系的かつ実践的に解説していますが、理論を1つずつ個別に解説するのではなく、つながりを持たせながら解説することで腑に落ちる内容に仕上げています。さらに解説の前に小説が挟まれており、読み進める中で解説されるマーケティングの内容が身近なことのように感じられる工夫もあります。

駆け出しマーケターはもちろん、もう一度マーケティングの基本を学びたいビジネスマンにおすすめです。

書籍:ドリルを売るには穴を売れ

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング

a.png

ビジネスの中でもより重要な「顧客」に焦点を当てたマーケティング書。大勢の顧客を分析したものはあくまで一般論であり、本質的なマーケティングはまた別にあるということを学べる書籍です。

筆者の成功・失敗両方の経験から書かれたこの書籍では、マーケティングの方法論がまとめ上げられており、1人の顧客を徹底的・体系的に分析する方法がわかりやすく解説されています。

「顧客ピラミッド」や「9セグマップ」など、実践にも使えるようなフレームワークも多数紹介されているので、マーケティングをより深く理解し現場でも活かしたいビジネスマンは必読の一冊です。

書籍:たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング(MarkeZine BOOKS)