WordPress(ワードプレス)の固定ページとは

WordPressの固定ページとは、投稿と異なりカテゴリに含まれないページのことです。

例えば、お問い合わせページや会社紹介のページ・アクセス情報などが当てはまります。
そのページ単体で完結できるページであり、自分でメニューバーに配置する必要があるのです。

また、固定ページごとにデザインのテンプレートの切り替えも可能です。お問い合わせページや会社紹介のページをそれぞれ異なるテイストに仕上げることができます。

ただし、固定ページコンテンツにPHPのコードを書いても反映されません。

どうしてもコンテンツ内のPHPコードを動かしたい場合は、ショートコードを使うかプラグインを使う必要があります。

投稿と固定ページの違いをまとめると以下のような表の内容になります。

項目 投稿ページ 固定ページ
特徴 コラムや商品ページなどの「記事」コンテンツの作成 お問い合わせやアクセス情報・採用情報など単体で完結するコンテンツ
できること それぞれの投稿との関連付け・各ページの一覧表示 固定ページ同士なら親子関係が可能・ページごとのデザインが選択できる
できないこと 投稿同士の親子関係がない・ページごとのデザイン変更はできない 関連付けができない・固定ページ同士の関連付け・各ページの一覧表示ができない

上記のように、投稿ページと固定ページは全く異なる性質を持っています。役割が全く異なると言ってもいいでしょう。

WordPress(ワードプレス)で固定ページを作成する方法

WordPressで固定ページを作る方法をひとつずつ順番に解説していきます。

固定ページの作成

固定ページの作成はWordPressのダッシュボードにある「固定ページ」をクリックし「新規追加」を行います。

そうすると、固定ページの編集画面が開くので、タイトルと本文を入力すれば完了です。通常の投稿画面と同じような操作方法になるので、日頃投稿を行っている方であれば特に迷うこともありません。

もちろん、テキストコードで書くこともできますし、HTMLコードでの作成も可能です。

固定ページタイトルと本文を入力した後も、通常の投稿と同様に「プレビュー」で内容の確認ができます。「公開ボタン」を押すと固定ページの公開が行われます。

ここで、テーマやプラグインによっては、パーマリンクの入力やアイキャッチ画像の設定が行えます。

また、固定ページ自体は検索に上がる必要がないものもあります。そのような判断をした場合は、noindexの設定も行っておきましょう。

メニューバーへ固定ページを設定する

作成した固定ページを、サイト訪問者が気づきやすい場所に設定する方法を紹介します。

固定ページをメニューバーに設定するにはまずダッシュボードの「外観」を開き「メニュー」に進んでいきます。

この時にメニュー名を設定しなくてはいけないのですが、自分がわかりやすいものであれば特に決まりはありません。

メニュー名が決まったら「メニューを作成」を押します。そうするとメインメニューが作成され、先ほど作った固定ページが画面の左側に表示されるようになります。

画面左側のチェック欄から、メニューに追加したいものを選択。該当する固定ページをチェックし「メニューに追加」をクリックしましょう。

もし、このときに追加したメニューの順番に不都合があれば、ドラッグ&ドロップで任意の順番に変更することも可能です。

また同じ画面にメニューの位置設定ができます。この設定は使用中のWordPressのテーマによって異なるので、その都度確認をして設定しておきましょう。

ここで設定した場所に固定ページの表示がされるようになり、固定ページの作成から設定までは終了です。

デザインテンプレートを使用したい場合

固定ページと投稿記事の違いとして、固定ページページごとのデザイン変更が可能です。

ただ、こちらも設定と同様に使用している各テーマによって表示が異なる場合があります。

必ず、各テーマのそれぞれの位置を確認してから行いましょう。
ここでは、基本的な流れとして、「テンプレートの変更」と「テンプレートのカスタマイズ」について解説していきます。

テンプレートの変更

まずは、固定ページのテンプレートの変更を行います。

固定ページのテンプレート変更は、各固定ページの編集画面の中に「テンプレート」と記載されているプルダウンで行います。

プルダウンには「全般ページテンプレート」があり、そちらを選択すれば完了です。

この設定にするとテンプレートの変更が行われ、サイドバーの表示がされなくなります。

テンプレートのカスタマイズ

テンプレートのカスタマイズも、先ほど紹介した各固定ページの編集画面にあるテンプレートのプルダウンで行います。

その中に「フロントページテンプレート」があるので、そちらを選択して更新します。
この「フロントページテンプレート」に表示するものは任意のものを選択できるので、その方法も紹介します。

まず、ダッシュボードにある「外観」から「ウィジェット」を開きます。

そのウィジェットには、ウィジェット編集画面があり、ちょうど画面の右下あたりに「フロントページウィジェットエリア」と言う場所が含まれています。

ちなみにテーマによっては、サイドバーやコンテンツ上部・フッター左といったような項目になっていることも。

ほとんどの場合は左側のウィジェットエリアがあると思いますので、その中から追加したいものを追加先へとドラッグ&ドロップしましょう。

このように、ウィジェットによって表示を使い分けることも可能になっています。

固定ページを上手く設置することで、様々な作りのサイトが作成できるのです。

サイトマップリンク集を設置すれば、ユーザーにとって欲しい情報もすぐ見つけやすくなるでしょう。

GoogleSEO要素の一つである回遊率においても、適切な固定ページの作成は有効です。