店舗のプロモーション担当にとって、インターネットの活用は欠かせない施策の一つです。ターゲットとする見込み客に対して、いかに店舗の存在を知ってもらえるかが売上に影響します。多くのプロモーション担当は、WebサイトSEO対策やSNSのフォロワーの獲得などに力を注ぎ、少しでも店舗の認知が増えるように取り組んでいることでしょう。

せっかく店舗があるのなら、ローカルビジネスの情報に役立つGoogleマイビジネスのSEOにあたるMEOに力を入れるのもオススメです。店舗の集客に効果を有効なMEOを実施すれば、キーワード検索をするモチベーションの高いユーザーの顧客化を期待できます。今回は、MEOとは何ができるものなのか解説します。

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの頭文字を取った略称であり、Googleマップにおいての検索エンジン最適化のことです。ローカルSEOとも言われます。

Googleでは、「札幌」や「目黒」という地域名と「インテリアショップ」や「耳鼻科」などの店舗や施設などを組み合わせて検索すると、GoogleマップとともにGoogleマイビジネスに登録されている店舗・施設などの情報がページの上部に表示されます。この検索結果には、地図とともに店舗や施設の名称だけではなく、電話番号や住所も示されます。検索ユーザーが興味を持てば、その流れでGoogleマップから店舗までのナビゲーションも利用できるため、効果的な集客が期待できるでしょう。

このように地域の店舗や視察を調べることを「ローカル検索」と言い、これから行動しようとしているユーザーの検索に対応できるのが魅力的と言えるでしょう。自然検索の対策にSEOが必要であることと同様に、この「ローカル検索」に対しても上位を獲得したほうが目立ちやすく他店より集客に優位です。ローカル検索において上位を獲得するための施策であるMEOは、SEOのように集客率を高める有効な手段として注目されています。

SEOとの違い

SEOとMEOは、両方とも上位表示を狙うための施策であることは共通です。それでは、どこが異なるのでしょうか。以下に違いをピックアップしました。

MEOは実店舗のあるものだけが対象

MEOでローカル検索に対応できるのは、店舗や施設など実際に建物があるものです。例えば、飲食店や雑貨店、病院、介護施設、ホテルなどはMEOによる効果を得られます。通販ショップのように実店舗がないものはマップ上に表示できません。それに対して、SEOはすべての業種に対応できます。

MEOはGoogleマイビジネスに登録した店舗が対象

MEOにより上位表示を狙えるのは、Googleマイビジネスに登録した店舗や施設の情報です。MEOを行うためには、まずGoogleマイビジネスに自分の店舗を登録しなければいけません。SEOは、あくまでのWebページの検索順位を上昇させるものであり、ページがあれば施策に取り組めます。

狙う表示位置が異なる

MEOとSEOの二つが異なるのは検索結果の表示位置です。MEOが狙うのは、自然検索の検索結果より上部にGoogleマイビジネスの情報がマップとともに掲載される位置です。それに対して、SEOGoogleマイビジネスの下にある自然検索の検索結果の上位を狙います。

成果の出やすさ

SEOは、成果が出るまで長い時間を見込む必要があります。キーワードの難易度によって必要とする時間は大きく異なりますが、一年以上時間がかかることもあるでしょう。それに対して、MEOは1ヶ月程度で効果を確認できる場合もあります。MEOが対策するローカル検索は、地域を絞った検索であり、競合となる店舗も限定的です。SEOの場合は、基本的にはエリア外の競合とも順位争いをすることになるため、スムーズに成果を得られるとは限りません。