無意識を意識化させる

DSC_0833 (1).jpg

阿部氏:海面から見える氷の塊。実は海底にはとてつもなく大きな氷が存在するという「氷山の一角」の話がありますよね。人間の意識もそうで、意識の奥底には膨大な無意識の領域があるのではないかと思うんです。無意識の領域に手を伸ばした回数が、言葉を鍛えていく。そう言うと難しく感じてしまうかもしれませんが、あるテーマに基づいて、自分のこれまでの経験を思い出していけばいいんです。経験は実体験でなくても、テレビでも映画でも人から聞いた話でもいい。じっくり、しつこく思い出していくことが大切です。

「I love you」今のあなたなら何と訳す?

夏目漱石は「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとする都市伝説があります。

阿部さんは講演の最後で、「2020年の今、あなたなら何と訳しますか」というお題を提示しました。愛とは何か? 皆さんも経験を思い出しながら、ぜひ一度ゆっくり考えてみてくださいね。

阿部広太郎さんの新刊が2020年3月4日に発売

この日の話は、阿部さんの新しい著書『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』に書かれています。より詳しく知りたい方は、ぜひ手にとってご覧ください。

リンク▶︎コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術
コピーライターじゃなくても知っておきたい_心をつかむ超言葉術.jpg