ferret編集部:2015年5月28日に公開された記事を再編集しています。

今回は、弊社代表の秋山が勧める書籍6冊をご紹介します。
「企業で新たな事業を創造したい」、「世の中にある問題を解決し、新たな価値を生み出したい」と考えている方に行動指針・思考法のヒントが得られる書籍となっています。

以下の順番で読み進めることで基礎から実践に落とし込みやすくなります。

【基礎】1~3:社会活躍できるビジネスマンになるための基礎知識について
【実践】4~5:実践するために参考になる実例
【プラスα】6:実践に関する4~5の効果を高めるために必要な戦略論について

特に、ベンチャー企業に勤める20代から30代の方にとってオススメしたい書籍ですので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

※今回ご紹介する書籍は弊社の課題図書です。

1. 採用基準 (著者:伊賀 泰代)

altテキスト

採用基準

大手経営コンサル会社マッキンゼーの採用マネージャーを長年務めた著者が「地頭より論理的思考力より大切なもの」と考えることをまとめた書籍です。
リーダーシップを持つ人材が求められる昨今、「リーダーシップを持つとはどういうことか」、「リーダーシップのある人はどのような考え方をしているのか」、「リーダーシップをもつために必要な行動」を順序だててまとめられています。

著者の伊賀 泰代(いが やすよ)さんは現在、キャリア形成コンサルタントを主に行っている、MY CHOICEを運営しています。
過去にカリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得し、その後マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパンにてコンサルタントや人材育成、採用マネージャーを務められていました。

著者がマッキンゼーで勤務する中で、同社を新しいキャリア形成のために退職した人々のキャリア形成プロセスや、人事採用に携わった経験から感じたリーダーシップを持つ人材について、綴られています。
これから就職活動をする方はもちろん、新卒の方や、今後のキャリアを考えているビジネスパーソンにもぜひ読んでいただきたい一冊です。

2. Who Moved My Cheese?チーズはどこへ消えた? (著者:スペンサー・ジョンソン)

altテキスト

Who Moved My Cheese?チーズはどこへ消えた?

医学博士であり、心理学者でもある著者が、常に変化し続けているこの世の中で、生き残るために必要なマインドをコミカルに描いた書籍です。
初版が10年以上も前ではありますが、ビジネスパーソンを中心に未だ売れ続けるベストセラーです。

内容は、2匹のねずみと2人の小人が食料となるチーズをめぐる物語で、描写の多さやボリューム自体もライトなため手軽に読むことができます。
コミカルな中にも、「時代や環境の変化を受け入れることが困難に感じている」、「変化に適応したいがどのようなマインドをもてばいいのか分からない」といった現代のビジネスパーソンが抱える悩みに通ずる内容が綴られています。
変化に柔軟に対応できるマインドをもつためにも、読んでおきたい一冊です。

3. やってのける (著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン)

altテキスト

やってのける

努力しなければならないことが起きたとき、いかに無駄な力を使わずに効率よく物事を進める(意志力を使わずに自分を動かす)方法が分かる本です。
社会心理学者であり、モチベーションと目標達成に関する分野で第一人者の著者が、目標を成し遂げるために必要な行動を科学的根拠を交えて綴られています。
目標の決め方や自己分析方法など、論理的な視点で綴られた内容には驚きを覚えます。

4. 99%の絶望の中に1%のチャンスは実る (著者:岩佐 大輝)

altテキスト

99%の絶望の中に1%のチャンスは実る

2011年に日本を襲った東日本大震災をうけて、著者がいちご農家を再生させるまでの体験を綴っています。
その中で、前例がないことや既存のやり方を一新するといった新たなチャレンジと、困難にぶつかる度にチャンスに変えてきた著者が綴る実話は、絶望的状況でも成功を掴むためのに必要な事が学べる1冊です。

5. USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか (著者:森岡 毅)

altテキスト

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか

一時は不祥事などから経営不振に陥ったテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、さまざまな革新的なアイディアを実施し、奇跡的なV字回復をさせた著者が、どのようにして同テーマパークを成功へ導いたのかについて綴られた書籍です。
当時、会社自体も諦めかけていて、資金もないという危機的状況から生まれたアイディアは偶然ではなく、著者が地道な努力を重ねた結果生まれた必然的なものだったのです。

当時のことに触れつつも、実際に行った4つのアイディア発想技法を分かりやすく解説する実践的な内容となっています。
アイディアがひらめかない、何から始めていいのかも分からない、といった悩みを抱えている方に読んでいただきたい一冊です。

6. 「超」入門 失敗の本質 (著者:鈴木 博毅)

altテキスト

「超」入門 失敗の本質

第二次世界大戦において、なぜ日本が戦争に負けたのかを戦略やリーダーシップの視点から分析する「失敗の本質」という1冊があります。
さらに読みやすくまとめられた入門編として再編集したものが「超」入門 失敗の本質です。

第二次世界大戦で日本が負けた7つの敗因を元に、現代のビジネスで成長させるために必要なイノベーションを起こす方法について綴られています。
日本人の国民性として持つ思考・行動特性を理解し、その上でどのような戦略を立てる必要があるのか、逆説的に世界ではどういった戦略が必要となるのかといったヒントがまとめられています。

まとめ

以上、新たな価値を創造するための「問題解決」に対してさまざまな経験や立場から書かれた書籍を6冊ご紹介しました。
これらは全て、弊社代表の秋山が厳選した書籍であり「Webマーケティングの力で世の中の問題を解決をする」というミッションを掲げる弊社では必読書となっています。

インターネット業界は流動的であり、これまで通用していた手段が次々に陳腐化していきます。だからこそ、普遍的なものとして行動指針やマインドを書籍から取り入れて、日々の業務に活かしていく事が重要だと考えています。

このニュースを読んだあなたにオススメ

目標設定におけるKGIとKPIとは
Web業界希望の就活生必見!最低限チェックするべきWebメディア・ブログ20選
【完全版】Webマーケティング関連のメディア・ブログ47まとめ

 目標設定におけるKGIとKPIとは

目標設定におけるKGIとKPIとは

ビジネスにおいて売上アップは誰にとっても明確な目標です。しかし、それを達成するまでには、小さな目標達成の積み重ねが必要です。大目標の因数分解が必要になります。そのうえで、細かな軌道修正など、舵取りをしなくてはなりません。 本記事では、KPIやKGIについて解説し、Webマーケティングにおけるそれらの具体的な指標を紹介します。