2016年新卒採用から就活スケジュールが大きく変化します。2013年9月に発表された経団連の「採用選考に関する指針」により取り決められたもので、説明会開始は3年生12月から3年生3月へ、面接開始は4年生4月から8月へ後ろ倒しとなり、経団連傘下の企業は基本的にはこのスケジュールに準拠します。

学生は本来学業に取り組むべきなので、就活にかける時間をできるだけ短くする、という狙いのもと施行されましたが、逆に早い段階で学生を囲い込む動きをする企業が増え、昨年は大学生向けのインターンが例年異常に活発に行われていたようです。

参考:
3月解禁、信じていいの?疑心渦巻く就活後ろ倒し

景気回復の波を受け、売り手市場と言われている2016年新卒採用ですが、有望な人材を確保したいという企業側の狙いは変わりません。
Web業界は非常に変化が激しいため、常に新鮮な情報を得られる環境を整えておかなければ就活で優位には立てないでしょう。

今回は業種別に、Web業界希望の就活生が見ておくべきWebメディア・ブログをまとめました。
学生の方だけでなく、Web業界で働く方、Web業界に転職を希望されている方の情報収集にも役立つものとなっていますので、知らないものがあれば是非チェックしておきましょう。

※「MarkeZine」様を別カテゴリで重複してご紹介しておりましたため、一方を削除させていただきました。失礼致しました。

Web広告

1.AdverTimes(アドタイ)

***
http://www.advertimes.com/

株式会社宣伝会議が運営する広告関連の情報を配信するポータルサイトです。
Web広告だけではなく広告・広報・マーケティングなど幅広い情報を扱っており、広告業界の第一線で活躍されている方々のインタビューも頻繁に掲載されています。
広告業界の今を知る上で欠かせない存在です。

2.アド論

***
http://ad-ron.jp/
GMO NIKKO株式会社が運営するアドテクノロジーメディアです。
ネット広告SEMソーシャルメディアの最新情報等が掲載されており、自社での実績を元にしたノウハウも提供されています。

3.業界人間ベム

***
http://g-yokai.com/
インターネット広告の黎明期から最前線で活躍されている横山 隆治氏が運営するインターネット広告関連ブログです。
初心者にとってはかなり難解な部分もありますが、大変示唆に富んだ内容のため、広告業界を目指す方は購読することをおすすめします。

4. MarkeZine(マーケジン)

***
http://markezine.jp/

株式会社翔泳社が運営するWebの広告マーケティング関連情報を発信するマーケター向けメディアです。
ネット広告関連の情報が豊富で、広告周りの最新情報を得たい時はこちらをチェックしておくと良いでしょう。

Web制作

5.LIG BLOG

***
http://liginc.co.jp/
Web制作を行う株式会社LIGが運営するブログです。
頻繁にバズを生み出しているので業界外の方でも知っているという方は多いのではないでしょうか。バズコンテンツだけでなくWeb制作会社として培ってきた実践的なノウハウも多数提供されており、学ぶべきポイントが多数あります。

6.売上をアップさせるWeb制作会社のブログ

***
http://3media.biz/
株式会社東北プリントワールドが運営するWeb制作関連のニュースを中心に配信するメディアです。
大手企業のWeb制作を数多く手がけており、制作だけに留まらずビジネスに役立つ情報も更新されています。

リスティング

7.Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル

***
http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/
ヤフー株式会社が運営するYahoo!プロモーション広告専用のメディアです。
Yahoo!プロモーション広告の初心者向けのコンテンツから、運用者に向けての最新情報やノウハウ、テクニックを配信しています。

リスティング初心者の方は、まずは 初心者のための学習ナビページから少しずつ進んでみましょう。

8.SEM-LABO

***
http://sem-labo.net/blog/
アナグラム株式会社の阿部 圭司代表が運営するリスティング広告専門ブログです。
SEMコンサルティングを行う同社のノウハウやSEM関連の最新情報を配信されています。SEM関連の最新情報に対して的確な意見を述べられているので、業界の動向を考える時などは参考にするといいでしょう。

9.LISKUL

***
http://liskul.com/
ソウルドアウト株式会社が運営するリスティング広告関連メディアです。
リスティング広告の運用テクニックを中心に、リスティング広告とセットで考えるべきランディングページの制作ノウハウやWeb制作まわりの情報まで広くカバーされています。

SEO

10.海外SEO情報ブログ

***
http://www.suzukikenichi.com/blog/
SEOコンサルをメインに行う株式会社Faber Companyの取締役であり、海外SEOの第一人者でもある鈴木謙一氏が運営するブログです。Googleが発表するSEO関連情報をいち早く日本語訳し、解説されています。

11.SEMリサーチ

***
http://www.sem-r.com/
株式アイレップの渡辺隆広氏が運営しているSEM検索エンジンマーケティング)界隈の情報が更新されているブログです。
更新頻度は多く、海外の最新ニュースも日本語でわかりやすく解説されています。

12.SEO HACKS

***
http://www.seohacks.net/
株式会社ヴォラーレが運営するSEOブログです。同社運営「Appliv」というメディアにてコンテンツSEOを実践されており、1年強で1000万PVを達成されています。その他のSEO成功事例も多数掲載されています。

エンジニア系

13.ITメディア

***
http://marketing.itmedia.co.jp/
アイティメディア株式会社が運営するIT総合情報ポータルです。
WebマーケティングニュースやIT企業の動向、最新ガジェット情報など、ITに関係する情報を広くカバーしています。

14. TechCrunch Japan

***
http://jp.techcrunch.com/

日本法人AOLオンライン・ジャパンが運営するIT関連の情報を配信するメディアです。
2005年にシリコンバレーで設立され、2006年からTechCrunch Japanがスタートしました。スタートアップ界隈の動向やガジェットの最新情報を中心にIT界隈の情報を幅広く配信されています。

15.ITpro

***
http://itpro.nikkeibp.co.jp/
株式会社日経BPが運営するエンタープライズICTの総合情報サイトです。
企業情報システムの企画・構築・運用・利用を担当者に向けた最新情報を更新されています。

16. TechWave

***
http://techwave.jp/archives/launch-pad-akippa-techwave.html

株式会社LINEによる出資を受けて2013年に設立された新興メディアです。
「世界視点で日本のテクノロジーを考える」をコンセプトとして掲げており、海外ニュース速報と国内スタートアップを支援するための情報を広く扱っています。

Webマーケティング全般

17.Web担当者フォーラム

***
http://web-tan.forum.impressrd.jp/

株式会社インプレスが運営するWeb担当者・制作者向けの総合情報メディアです。
制作・集客・リサーチ等、Webに関係するあらゆるカテゴリを網羅しています。主にWeb関連の国内外のニュースや各ジャンルの専門家による連載等が配信されていますが、ユーザー登録すれば誰でも記事投稿・コメントをつけることが可能です。

18.THE BRIDGE

***
http://thebridge.jp/

株式会社THE BRIDGEが運営するテクノロジー系ブログメディアです。
「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトに、スタートアップ界隈の最新ニュースを配信されています。

19. netpr.jp

***
http://netpr.jp/

株式会社ニューズ・ツー・ユーが運営する広報・マーケティング関連の情報を扱うメディアです。
Webマーケティング関連の情報が多いですが、広報担当者の実業務に役立つような情報も多く更新されています。

20.ferret

***
https://ferret-plus.com/
当サイトになりますが、株式会社ベーシックが運営するWebマーケティング総合情報ポータルサイトです。
Webマーケティングの基礎を体系立てて解説するカリキュラムコンテンツと、Webマーケティングの最新情報のまとめニュースの二軸がメインとなっています。

まとめ

いくつ知っていましたか?

新卒で入社する会社が人生を決めるというわけではありませんが、初めて社会人経験を積む場は、自分が納得したうえで選択できるに越したことはありません。
自分のやりたいことは何かを見つけるにあたり、あらゆる情報に触れるというのも1つの有効な手段です。

例えば広告やリスティング、SEOなどの情報に触れているうち、この分野には興味が沸くけどこちらには沸かない、というのが目に見えてくるはずです。
自分がやりたいことは、自分に合う仕事はなにかを考える時、情報は多ければ多いほど選択肢が増えますし、決断後の納得感も深くなります。
Web業界を漠然と志望している方は、まずは多くの情報に触れてみて、自分の琴線に触れるものを探してみましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。