ferret編集部:2015年6月26日に公開された記事を再編集しています。

会社名、店名、商品の名前にいたるまであらゆるシーンでネーミングは重要です。
一度決めてしまったネーミングは何度も変更しづらいので、よく吟味して納得できるものを考える必要があります。

しかし、なかなかアイデアが浮かばないという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、ネーミングを決めるときに参考になる発想法・ツールを15個ご紹介します。
「ネーミングセンスが自分にはない」と思っている方でも、コツを掴めば誰でもいいアイデアを出すことが可能です。ネーミングをこれから決めるという方はぜひ参考にしてみてください。

ネーミングの重要性

今でこそ多くの人に定着しているネーミングもありますが、中には発売当初は全く認知されずに売れなかった商品もあります。

例えば、「お~いお茶」でご存知の伊藤園の緑茶飲料も発売当初の商品名は、缶煎茶(かんせんちゃ)でした。
しかし、全く売れないことからアンケートを実施し、ネーミングにある「煎茶」が読みにくい・読めないということが分かりました。

その後の追加調査によって、日本人は緑茶に家庭的なぬくもりを感じる事が分かり、現在の「お~いお茶」に改名後、売上が6倍近くの40億円にまで伸びたという事例もあります。
つまり、ネーミングによって消費者は、商品に対するイメージが大きく変わるということです。

▼参考記事:
改名で売り上げ40億円の「お~いお茶」売れる前の名前は… (2/2) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

ネーミングが浮かぶ発想法

1.キーワードを組み合わせる

サービスに関連するキーワードを組み合わせてネーミングを考える発想法です。
この発想法で作られたネーミングとして、シーガイア(シー+ガイア)が挙げられます。

まずはキーワードを、類語を含め洗い出します。この時、英語のワードも同時に洗い出します。
あとは洗い出したものを組み合わせるだけなのですが、シンプルな方法だからこそ言葉の選び方でイメージががらりと変わってしまうので十分に検討する必要があります。
ポイントは、文字数の短めなキーワードを選ぶこと、語感の強いキーワードを選ぶことです。

▼参考記事:
シーガイア - Wikipedia

2.文字の一部を変えてみる

キーワードを部分的に変えて使うという発想法です。
この発想法は、キーワードのインパクトが薄い時や発音しにくい時に試してみると有効です。

まずは基本となるキーワードを選んだら、その一部を削除したり置き換えたりします。
ポイントは、イメージをしっかり伝えられるキーワードを選ぶこと、見た目や発音した時の感じを考慮しながら変化させること、イメージを変えない程度に変化させることです。

3.接頭語、接尾語を付加してみる

基本となるキーワードの前後に接頭語、接尾語を加えるだけでも印象が異なるものができます。

例えば、清涼飲料水のシンビーノ「SIN(~がない)+ VINO(酒) =  SINVINO」のようなものが挙げられます。
この発想法では基本のキーワードをはっきりと残しているので、親しみやすい、分かりやすい、コンセプトを的確に伝えるネーミングを作ることが可能です。
考える際には接頭語、接尾語をピックアップしたホームページを参考にするととても便利です。

▼参考記事:
sinvino JAVATEA 公式サイト|大塚食品

4.逆から読んでみる

キーワードを単純に逆から読むというとても簡単な発想法もあります。

この発想法で生まれたネーミングの例として、海洋深層水を使用したミネラル飲料「MIU(ミウ)」大分県を中心として展開するスーパー「atio(アテオ)」があります。
逆にするだけで新鮮な響きが生まれますので、いまいちいいネーミングが思いつかない、ありきたりになってしまう、という時に一度試してみたい発想法です。

5.語呂合わせしてみる

コンセプトを表すキーワードを語呂合わせする発想法です。

この発想法で生まれたネーミングの例として、「アスクル(明日来る)」ジャノメの24時間風呂「湯名人(湯(の)名人)」があります。
親しみやすくしっかりとコンセプトを伝えるネーミングになるのが特徴的ですが、少し軽い印象になってしまう可能性もあります。

6.クラウドソーシングでアイデア出しをしてみる

アイデアの洗い出しで煮詰まった時には、クラウドソーシングを使うのも一つの手です。
自分たちだけで考えるとなかなか思い浮かばない、ユニークなネーミングアイデアを集めることができます。

ネーミングを考えるときに便利なツール

1.nomyne(ノミネ)

Sponsored

nomyne.jpg
https://www.nomyne.com/
素敵なネーミング候補がひらめいた時に、それが商標的に問題ないかどうかや、そもそも名前としてチカラがあるかを無料で診断してくれます。
さらに、特許庁の審査から商標取得までワンストップで完了する、便利なサイトです。

2.ネーミング辞典

ネーミング辞典
http://naming-dic.com/

ジャンル別に分かれたキーワードを各国の訳で見ることができるサービスです。
英語、ドイツ語、フランス語を含む10カ国語で表示しています。

3.ネーミングワードを見つける

ネーミングワードを見つける
http://www.psn.ne.jp/~bds/mitukeru/mitukeru.html

1つのキーワードから連想ゲームの形式で言葉を生成してくれるジェネレーターです。
例えば「美しい」という言葉を選ぶと「優美」「可憐」「きれい」それぞれにまつわる言葉を一覧表示します。
キーワードの洗い出しにもってこいです。

4.Wordoids

Wordoids
http://wordoid.com/

Wordoidsは、自動で造語を生成してくれるジェネレーターです。
基本となるキーワードを入れ作成したい造語の文字数を選んで「Create wordoids」ボタンを押し実行すると、それらしい造語を生成します。
試しに「computer」という言葉を基本に10文字の造語を作ってみると、「computeria」「computerol」といった造語をいくつか生成します。
文字の長さは5文字から15文字まで対応しています。

5.Impossibly!

Impossibly!
http://impossibility.org/

Impossibly!は基本のキーワードの前後に文字を組み合わせて造語を生成してくれるジェネレーターです。
形容詞(adjectives)、動詞(verbs)、名詞(nouns)のいずれかを選択して「Search!」を押すだけで完了です。

6.Dot-o-mator

Dot-o-mator
http://www.dotomator.com/

Dot-o-matorは、語頭(Beginnings)と語尾(Endings)を合わせて造語を生成してくれるジェネレーターです。
任意の言葉を入力することもできますが、つけたいイメージから言葉を選択することができます。
試しに「Management」という任意の言葉に、「Experts」という意味合いの言葉を合わせると、「Managementace」「Managementwiz」といった言葉を生成します。

7.ACRONYM CREATOR

ACRONYM CREATOR
http://acronymcreator.net/

ACRONYM CREATORは、いくつかの言葉から略称を生成してくれるジェネレーターです。
試しに「Management」と「Experts」という言葉の略称を生成すると、「MET」「MANET」のような略称を170も生成します。
サービス名、企業名のネーミングを考える際に使ってみるととても便利です。

8.Dislexicon

Dislexicon
http://www.robobunny.com/cgi-bin/dislexicon

Dislexiconは、任意の言葉を入力するとその前後に英単語を付加して、新語を生成してくれるジェネレーターです。
これまでにご紹介したジェネレーターに類似のものがありますが、Dislexiconは言葉の構成要素が見やすいという点に優れています。
試しに「Management」という言葉で生成してみると、「acromanagement」のような言葉を生成します。
生成する新語の数は1個から25個まで選択が可能です。

9.WordConstructor

WordConstructor
http://www.wordconstructor.com/

WordConstructorは、基本のキーワードから様々な新語を生成してくれるジェネレーターです。
他にはない細かな調整機能が特徴で、子音・母音の出てくる場所を決めたり、変えたくない単語を固定したり、変更するパーセンテージを調整することができます。
辞書には載っていないような言葉を生成しますので、ユニークなネーミングを付けたいときに一度試したいツールです。

その他忘れないようにしたいもの

ドメイン検索

ドメイン検索
http://www.makko.biz/

参考にしたい有名商品のネーミング方法

1.い・ろ・は・す

naming01.jpeg
日本コカ・コーラが発売している飲料水です。
健康と環境を意識するといった意味合いを込めています。

いろは歌 + LOHAS (ロハス)

2.じゃがりこ

naming02.jpeg
カルビーが発売しているスナック菓子です。
開発担当者の友人(りかこさん)が美味しそうに、じゃがりこを食べている様子がきっかけとなっています。

「じゃがいも+りかこ」 ⇒ 「じゃがりかこ」 ⇒ 「じゃがりこ」
 

3.ソイカラ

naming03.jpeg
大塚製薬から発売されているスナック菓子です。
原料となる大豆とスナックを振る「カラカラ」という音が鳴ることから楽しさをイメージしたことが由来です。

「大豆(Soy)」 + 「カラカラ」

4.コアラのマーチ

naming04.jpeg
日本に初めてコアラが登場したことをきっかけに、コアラの絵柄を採用し、次々に工場から出荷される様子をマーチング・バンドと連想したことがネーミングの由来です。

 

5.クレアおばさんのシチュー

naming05.jpeg
グリコから発売されているレトルトシチューです。
家庭料理の明るさや温かさをイメージさせる「クリアー」から「クレア」となり、「クレアおばさんのシチュー」といったネーミングとなりました。

 

6.Qoo

naming06.jpeg
日本コカ・コーラが発売している清涼飲料水です。
ビールを飲んだ時の大人が「くーっ!」っと言いたくなる気持ちを子供にも味わってもらいたいということが由来となっています。

7.セガ

naming07.jpeg
大手ゲーム開発、製造企業のセガは、SERVICE GAMEの頭文字が由来となっています。

SERVICE GAME
 

8.アシックス

naming08.jpeg
競技用シューズ中心のスポーツメーカーであるアシックスは、ラテン語の格言である「Anima Sana InCorpore Sano」(健全な精神は健全な肉体に宿れかし)の頭文字が由来となっています。

Anima Sana In Corpore Sano

 

9.Wooo

naming09.jpeg
日立の液晶テレビです。
名前の由来は、Wonder(驚きがある)World standard(世界の新しい基準である)Worthwhile(高い価値がある)の頭文字からの由来です。

Wonder
World standard
Worthwhile

10.おっとっと

naming10.jpeg
おっとっとは森永製菓のスナック菓子です。
ネーミングの由来は、お酒を注がれた際の「おっとっと」が印象的なことと、トトは魚を表すことが由来となりました。

 

11.亀田の柿の種

naming11.jpeg
亀田製菓のスナック菓子です。
製品が出来た当初は、ネーミングが無く、出来上がった製品が柿の種に似ていることからつけられたネーミングです。

 

12.ガリガリ君

naming12.jpeg
氷をかじった際の「ガリガリ」という音が由来となっていますが、ネーミングとして「ガリガリ」ではインパクトが無いということから、社長の「君をつけてみたらどうだ」という提案によって「ガリガリ君」というネーミングに決まりました。

まとめ

今回はネーミングを決めるときに参考になる発想法・ツールを8個、企業事例12個ご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

これら発想法、ツールを使えば自分一人で考えただけでは思いつかないような、斬新なアイデアを生み出すことができます。
ただし、あまりにもユニークすぎてコンセプトが明確に伝わらないものにならないよう十分注意することも大切です。

考えが浮かばない時には、まず発想法・ツールを使って新しいアイデアを考えてみてください。

この記事を読んだ方におすすめ

ちょっとしたアイデアが必要な時に役立つ発想法まとめ

ちょっとしたアイデアが必要な時に役立つ発想法まとめ

今回は、アイデア出しに困った際に役立つ考え方やツールをまとめました。アイデア出しに時間を取られてしまう方はぜひチェックしてみてください。

押さえるべき約束は「2つ」!ネーミングや記事のトンマナなどメディア立ち上げ前に決定すべきこととは?

押さえるべき約束は「2つ」!ネーミングや記事のトンマナなどメディア立ち上げ前に決定すべきこととは?

企業が自ら情報発信することが可能になった今、多くの企業が情報発信に取り組もうとしています。企業が新しくメディアを立ち上げる際には、競合、自社、ターゲットを分析していくことが必要です。発信するテーマが決まれば、次はメディアのイメージを具体化し、チームで共有していきます。 メディア立ち上げに関わるメンバーがいたり、メディアの開発を担うエンジニアやデザイナーがいたりと、メディアの立ち上げには複数の人が関わります。発信するメッセージに一貫性を持たせるためにも、メディアに関わるメンバーがイメージを共有できるようにしていく必要があります。 そこで今回は、企業がメディアを立ち上げる際、事前に担当者がネーミングや記事のトンマナなど、どのような準備をすればよいのか、という点についてご説明します。