ユニークすぎるネーミングに注意

今回はネーミングを決めるときに参考になる発想法やツール、企業事例を紹介しました。

これら発想法、ツールを使えば自分一人で考えただけでは思いつかないような、斬新なアイデアを生み出せます。ただし、あまりにもユニーク過ぎるとコンセプトが明確に伝わらないこともあるので注意してください。

考えが浮かばない時には、まず発想法・ツールを使って新しいアイデアを考えてみましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

デメリットも見方を変えれば売れる原石に。サービスイメージを変えるポジティブ表現の考え方

デメリットも見方を変えれば売れる原石に。サービスイメージを変えるポジティブ表現の考え方

広告やブランディングで、自社のサービスや商品の魅力を伝えるために必要となるのがメッセージです。商品の魅力をダイレクトに言語化するのは分かりやすいですが、顕在化していない商品の魅力を伝えることで、新しい顧客層を広げるきっかけにもなります。この新しい魅力を発見するのに有効なのがネガティブだったりマイナスに感じる点をポジティブに表現することです。一見ネガティブに見える一面も、視点を変えることでポジティブな印象を与えることができ、サービスの新しい魅力に気づくことができます。

【ユーザーの心をグッと掴む!】キャッチコピー作成テクニック5選

【ユーザーの心をグッと掴む!】キャッチコピー作成テクニック5選

キャッチコピーの役割は、発信側が言いたい事を主張することだけではありません。 ターゲットとしているユーザーに立ち止まってもらい、アクションを起こしてもらうフックとなる役目もあります。 今回は5つの心理学効果を元に、誰でも簡単にユーザーの心を掴むキャッチコピーを作成できるテクニックを紹介します。 いつものキャッチコピー作成の際に意識するだけで、グッとキャッチコピーに説得力が増します。