2020年2月27日、新型コロナウイルスの感染連鎖阻止対策として、政府は全国の小中学校と高校に3月2日から臨時休校を要請しました。それにより、さまざまな企業が休校支援策を実施しています。

企業にとっては、コロナウイルスによる外出自粛で、消費の落ち込みなどネガティブな影響もありますが、その一方でコロナ対策特需も期待されています。そこで、休校支援による社会貢献を行いながらも、次に繋げている企業とその施策を紹介します。

飲食

学校の臨時休校措置により、子どものいる家庭は負担が増えました。休校により給食がないため、子ども達の朝・昼・晩の食事の用意をする必要があるからです。「平成27年国勢調査」によれば夫婦共働きの世帯は年々増加傾向にあり、64.6%と半数以上を占めています。こうした共働き世帯を応援するべく、少しでも家庭の負担を軽減できるよう、さまざまな飲食サービスの支援が始まっているのです。

ローソン

ローソンは、政府の一斉休校の要請に伴い、「ぬりえの無料印刷」「ホットミルク半額」「おにぎりの無料提供」を実施しました。

「ホットミルク半額」キャンペーンは、給食用の牛乳の販路確保を目的として、ホットミルクが通常130円の半額65円、カフェラテは150円から30円引きの120円で販売されました。初日の販売量は給食用の200mlパックで約11万本相当に。キャンペーン開始日の前週(3月2日~8日)平均販売数の10倍にも及んだとのことです。購入者の約半数は20~40代女性で、育児中の母親が購入したのではと想定されています。

「おにぎりの無料提供」は、子ども達の滞在時間が長くなる全国の学童保育施設が対象。当初は3万個の配布を予定していましたが、3月10日、17日、24日の3日間で約58万4,983個ものおにぎりを7,163施設に無料配布しました。

ローソンは「マチのほっとステーション」というスローガンを掲げており、今回のような支援活動への対応が迅速であったことは消費者の記憶に強く残りました。競争が激しくコモディティ化が進むコンビニ業界において差別化にも貢献したのではないでしょうか。

参考:「学童保育施設へのおにぎり無償配布」について
ローソン“ホットミルク半額”初日は「給食用牛乳11万本分」販売、乳牛の飼育地で多く消費

王将フードサービス

餃子の王将では、子どもの食事に困る家庭の応援メニューとして、3月9日から31日まで餃子や鶏のからあげが入った期間限定メニュー「お持ち帰り専用お子様弁当(250円)」を販売。3月30日時点で、販売期間を4月15日まで延長する旨も発表されました。お弁当の販売対象は中学生以下の子どもがいる人で、1人1回3個まで。電子レンジ対応容器を使用し、「チンするだけで美味しく食べられる」ように配慮されています。

餃子の王将は、2018年に下降傾向だった売上が回復し、2019年は前年比104.5%と堅調に推移しています。消費者ニーズの変化に合わせ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の導入もスタートしており、新たな市場開拓にも積極的です。そんななかで、今回の休校支援は対応も早く、助けられたファミリー世帯も多いのではないでしょうか。

参考:餃子の王将が新型コロナによる休校を支援、250円「お持ち帰り専用お子様弁当」を販売
王将フード/休校の食事支援「持ち帰り専用子ども弁当」延長

オンライン学習

全国一斉休校の開始時期は、まだ春休みまでの授業日程が残っていたため、本来学校で教えるはずだった内容を家庭学習の課題にした学校も少なくありません。保護者は育児に加えて学習指導にも対応しなければならず、家庭への負担は大きいです。こうした状況を踏まえ、一部の教育関連企業がオンライン学習サービスの無料提供を開始しています。

ECC

英会話スクールとして知られるECCは、AI搭載の英会話アプリなど、自宅学習を支援するコンテンツを多数無料公開しています。

スマホアプリ「おもてなCityへようこそ!」は双方向対話型のAI 搭載英会話アプリで、通常300円のプレミアムプランが1ヶ月分無料で利用できます(無料での使用開始は2020年5月17日まで)。対象は小学生から大人まで幅広く、学生以外も学習可能です。

ほかにもアプリ「知ってる単語でこんなに話せる ECC 英会話」の10シリーズを無料公開し、英文発音チェック、クイズ形式などのコンテンツを提供したり、ECCジュニアでは英語以外にも算数や国語などのプリント教材も無料公開をしています(対象は幼児から小学生まで)。

子どもだけでなく、保護者など大人も利用できるサービスの無償提供は、お家で一緒に過ごす時間が増えた家族にとって、親子の新しい過ごし方の提案にもなっているのではないでしょうか。また、有料サービスの部分提供は、通常の「トライアル」としての役割も果たしているため、サービスを知ってもらうきっかけとなり今後に繋がる施策であると言えます。

参考:ECCではご自宅での学習を支援するためのコンテンツ(AI 搭載 英会話アプリなど)を無料公開します

かんき出版

3月9日から31日まで、学習参考書45タイトルを無料公開しているかんき出版。対象の学習参考書は小学生から高校生向けと幅広く、4月の進級前の復習として適した内容のものも多く揃っています。人気タイトルを中心に公開しており、シリーズ累計70万部を突破した「1冊でしっかりわかる」シリーズから英検・TOEIC®対策本なども。子どもの学習だけでなく、大人の学び直しにも活用できる参考書は、家族みんなで取り組める本だと言えます。

「1回読んで終わり」ではなく比較的長い期間使用する学習参考書は、選ぶのも時間がかかりがちです。今回のような無料公開支援を良い機会として捉え、実際に使ってみることで、消費者にとってはより自分に合った学習参考書に出会えるチャンスと言えるでしょう。企業にとっても、「使いやすいな」「わかりやすい」と感じてもらうことで、無料公開後の継続利用にも繋がる可能性があります。

参考:かんき出版の人気学習参考書を期間限定で無料公開!シリーズ累計70万部突破の「1冊でしっかりわかる」シリーズも!

子ども向けコンテンツ

実用的な飲食・教育サービスはもちろんですが、春休みシーズンということもあり、外出ができないときの娯楽も必要。そこで、マンガやアニメなど、自宅で楽しめる子ども向けコンテンツが多く無料公開されました。

集英社

集英社は、マンガアプリ「ジャンプ+」と総合電子書店「ゼブラック」内限定で、「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」を一部無料公開しました。人気マンガ「ONE PIECE」(1~61巻)、「ハイキュー!」(1~28巻)などが4月20日まで読めます。少年マンガ誌に限らず、少女マンガ誌「りぼん」「別冊マーガレット」なども「マーガレットBOOKストア!」で公開されています。

さらに、YouTube公式チャンネル「ジャンプチャンネル」では、4月19日まで「ONE PIECE」や「ドラゴンボールZ」など週刊少年ジャンプのアニメ30タイトルの200話以上を公開し、マンガだけでなくアニメコンテンツも無料で提供しました。

親子で楽しめるマンガやアニメも多く、コミュニケーションのきっかけづくりにも貢献していると言えます。企業としても、自社コンテンツに触れてもらうことで、続編コンテンツの購入や新規顧客増加に寄与するでしょう。

参考:週刊少年ジャンプ、デジタル版を無料公開 外出困難な読者向けに
<<週刊少年ジャンプ>YouTubeでアニメ無料公開 「ONE PIECE」「ドラゴンボールZ」「鬼滅の刃」「幽☆遊☆白書」…人気作続々
『ワンピース』漫画1~61巻が期間限定で無料配信中。どこで読める?【4/20まで延長】

社会的意義と企業発展のために企業ができることはあるか

自粛ムードが高まる状況下において、さまざまな企業による採算度外視の社会貢献は、さらなる企業の発展に向けた手段の一つになっていると言えるでしょう。企業としての社会的意義を問われているとともに、今後の企業発展に繋げるためにもどういった行動ができるのか、各企業は今改めて考える必要がありそうです。

参考:全国の小中高、3月2日から臨時休校要請 首相
【共働き世帯の割合は?】所得・家事・育児など日本の共働き夫婦の生活について

無償提供・割安提供をしているその他サービスや企業は?

新型コロナ対策に向けて無償提供・割安提供をしているサービス・企業まとめ

新型コロナ対策に向けて無償提供・割安提供をしているサービス・企業まとめ

2020年に入り、連日ニュースにも取り上げられている新型コロナウイルス感染症。政府からの小中高の臨時休校や外出自粛などの要請により、業務に影響を及ぼしている中小企業も多いでしょう。そこで今最も注目されているのが、リモートワークやクラウド業務です。経済活動にも打撃を与える新型コロナウイルスによる影響から、中小企業を支援するためにサービスを無償・割安で提供する企業も増えてきました。今回は、無償提供・割安提供をしているサービス・企業を紹介します。