若い世代で人気の動画配信SNS「TikTok」。実際に使っている人はもちろん、各種メディアでの広告などを目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

このTikTok、実は2018年から広告配信プラットフォームとして注目されているのです。

では、TikTokの広告にはどんな種類があるのか、そしてどんな特徴があるのか、解説していきます。

TikTokとは?

TikTokは、中国のByteDance社が提供する動画配信SNSです。最大の特徴は配信できる動画の尺が短いこと。作成できる動画は15秒から1分と短くなっています。また、動画にBGMを付けられることも特徴のひとつ。BGMはフリー素材だけではなく、音楽配信サービス「AWA」との業務提携により、約25000曲の楽曲が使えます。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

そして多彩な特殊効果が使えるのも特徴。0.5倍速や2倍速といった効果に加え、逆再生や顔の輪郭をスマートにしたり、肌を滑らかに補正するといったフィルターを使用することも可能。簡単に言えば「盛れる」わけです。

TikTokは、楽曲に合わせてダンスをする動画などが多く、特に若い世代での利用率が高いのが特徴。2020年1月の時点で全世界のユーザー数は8億人、日本国内では950万人となっています。ユーザー層は10代、20代が多く、世界では男性ユーザーが多めですが、国内では女性ユーザーのほうが多くなっています。

参照:
【2020年4月更新】主要ソーシャルメディアのユーザー数まとめ|UNIAD

【最新版】5分で分かる『TikTok』広告のすべて(解説)|VALUE CREATION