2019年の母の日と父の日、夏休みの3回にわたって東武伊勢崎線春日部駅にオイシックス・ラ・大地株式会社が運営する「Oisix」と「クレヨンしんちゃん」のコラボレーション広告が掲載され大きな話題を呼びました。

「Oisix」がこの広告に込めた想い、そして今後マーケターにとって重要となる「ブランドジャーナリズム」とはどのようなものなのでしょうか。

この企画の生みの親、オイシックス・ラ・大地株式会社 統合マーケティング本部 本部長 ソーシャルマーケティング室 室長 井上政人氏と、広告を手掛けた株式会社カラス代表/株式会社エードット 取締役副社長 兼 CBO 牧野圭太氏にお話を伺いました。

プロフィール

井上政人氏
オイシックス・ラ・大地株式会社 統合マーケティング本部 本部長 ソーシャルマーケティング室 室長
大阪府出身。高校卒業後、音楽活動と並行して植木職人、木こり、デザイナー、Eコマースディレクターとして活躍。その後、Oisix(オイシックス)に入社。OisixではEC事業本部PR室、統合マーケティング部ソーシャルマーケティング室長を経て現職、統合マーケティング本部長。KitOisixプレミアムモニター、#やさいドレス、渡部建の明太マヨ、OisixテレビCM「献立予報」、東京ハーヴェスト、100万人のキャンドルナイトなど「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドのマーケティング活動に携わっている。  

牧野圭太氏
株式会社カラス代表/株式会社エードット 取締役副社長 兼 CBO
1984年生まれ。2009年博報堂入社/コピーライターに配属。HAKUHODO THE DAYを経て、2015年独立。株式会社エードット取締役副社長CBO/株式会社文鳥社/カラス代表取締役。ブランドジャーナリズムを掲げ、社会性あるクリエイティブを啓蒙・実施している。

「Oisix」のサービスでみさえさんを助けられるのでは。コラボレーションに至った経緯

ferret:「Oisix」と「クレヨンしんちゃん」の広告は大きな話題を呼びましたが、コラボレーションするに至った経緯を教えてください。

DSC01862 (1).jpg

▲(左)牧野圭太氏 (右)井上政人氏

井上氏:クレヨンしんちゃんのお母さんであるみさえさんが、朝から忙しく家事をする短い動画があってTwitter上で「みさえ、神だ!」という多くの声とともにバズっていました。「Oisix」のサービスを使ってくれるとみさえさんの家事の負担を軽減するのに役立てるはずだという想いがあったんです。それからクレヨンしんちゃん側にその話を持っていって、「Kit Oisix」というミールキットのサービスとコラボレーションさせていただきました。牧野さんにお願いしたのは別の経緯だったんですよ。

牧野氏:僕が、株式会社カラスでLadyKnowsという男女の不均衡を解消するためのプロジェクトを始動させるという内容をTwitterでつぶやいたんです。井上さんとはお会いしたことなかったんですが、そのツイートに返信してくれました。たまたまその次の日にオイシックス・ラ・大地株式会社に用事があったので、会って話しましょうとなりました。

井上氏:忙しい女性をサポートしたいという話を牧野さんにそのときお話しして、別の日に広告コミュニケーションの部分を提案してくれることになりました。提案の中のひとつにたまたま、クレヨンしんちゃんの提案があって、打ち合わせをしたのが3月でこれから着手すると母の日に間に合うんじゃないかとなって、母の日にローンチできるように制作をはじめたんです。

母の日も考えたんだから、父の日も何かしたいよねとなってひろしさんの広告を展開することになりました。

そして、「#主婦らの夏休み戦争」というハッシュタグが一昨年あたりからバズっていて最後にしんちゃんを登場させたいなと思っていたので、しんちゃんが「お母さんありがとう」と言う広告コミュニケーションをすることにしたんです。