井上氏と牧野氏が考えるマーケターに必要とされるものとは?

ferret:マーケターにとって必要な力とはどのようなものだとお考えですか?

井上氏:事業を理解することと顧客を理解することですね。この人だったらこのタイミングでどういう課題を持っているだろうと思いを馳せることと、自分のビジネスの事業理解との掛け合わせがアイデアを生みます。

今回の広告を考えるときも、母の日のときは、自分の奥さんだったらどうやったら喜んでくれるだろうかと考えたり、父の日の場合は自分が父親になったからいいパパってなんだろうと考えを巡らせました。そして夏休みの広告については、子どもが「ママありがとう」って言うとお母さんはどんな疲れも吹き飛んでしまう。子どもの存在って大きいんですよ。そんなことを考えながらつくっていきました。

ferret:牧野さんはマーケターとお仕事することが多いと思いますが、マーケターにどのようなことを期待しますか?

牧野氏:個人の想いとしては、単純に儲かればいい売れればいいというだけでなく、自分たちの仕事でより良い社会をつくることを意識してほしいですね。広告をつくるとなったときに、その広告を通じてより良い社会を築いていこうという考えを持ったマーケターがかっこいいなと思いますね。

ferret:ありがとうございました。

オイシックス・ラ・大地株式会社:https://www.oisixradaichi.co.jp/

株式会社カラス:https://karasu-a.com/

井上さん、牧野さんの新たな取り組み
復職はひとりじゃない!Oisix復職応援 | オイシックス・ラ・大地株式会社