緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ自宅で過ごす時間は多くなっています。このような状況で盛り上がっているのが、インターネットを使ってのライブ配信です。リアルイベントの開催が難しい状況になったため、さまざまな企業がオンライン発表会などのライブ配信を行っているのです。また、個人でライブ配信を始める人も増加。家にいながら手軽に情報発信できるのがその理由でしょう。

ライブ配信のプラットフォームには、YouTube LiveやTik Tok、Instgram Liveなどがありますが、最近再び人気を集めているのが「Facebook Live」です。そこで今回は、Facebook Liveとは何か、そしてなぜ再び人気になっているのかについて解説します。

Facebook Liveって何?

Facebook Liveは、2016年2月に日本でも使えるようになった機能。Facebook上でライブ配信が行えます。パソコンからはもちろん、スマートフォンからでも配信が可能です。

Facebook Liveにはさまざまな機能があります。動画の色合いを変えられるフィルター機能、動画上にお絵描きができる「魔法の杖」、顔を自動検出してマスクを付ける機能などが使用できます。

しかし、その他のライブ配信プラットフォームに比べFacebook Liveは地味な存在で、お世辞にも人気があるとは言えませんでした。実際に使ったことがあるという企業や個人は、あまりいないのではないでしょうか。

参考:
Facebookにライブ機能が追加! 見るのも配信するのも楽しい!|facebook navi

Facebook Live人気再燃のきっかけ

ところが、ここ最近Facebook Liveでのライブ配信が増加傾向にあります。アメリカでは、2020年3月にFacebook Liveでライブ動画を視聴したユーザー数が、同年2月と比較して50%増加。新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、外出できない人々がその代わりの手段として、Facebook Liveでライブ動画を視聴する傾向が強まったのがその理由です。

特に、有名芸能人などがFacebook Liveを利用してライブ動画の配信を行う傾向があり、それに伴い視聴者数も増加したとみられています。

パンデミック拡大のなか、 Facebookライブ動画 の人気再燃|DIGDAY

火付け役になったのは美容系メーカー&インフルエンサー

また、Facebook Live人気再燃に一役買っているのが、美容メーカーとそのインフルエンサーたちです。

美容メーカーは、創設者などが商品の使い方などを解説するチュートリアル動画をYouTube LiveやInstagramなどに加えFacebook Liveでも配信。これが人気となっています。

例えば、テレビショッピング専門チャンネルの米QVCは、ナチュラルスキンケアやコスメブランドの商品紹介に、Facebook Liveによるリモート収録を行い、大反響となりました。4月22日のアースデイに、QVC初登場となるブルームエフェクツ(アメリカのコスメブランド)がFacebook Live上に登場したとき、過去のFacebook Liveの平均視聴者数の約6倍となる23万2000人が視聴しました。

ブルームエフェクツは2018年にはFacebook Liveをメインに配信を行っていましたが、2019年は美容系インフルエンサーが多いInstagramに移行していました。しかし、今回の大きな反響により、再びFacebook Liveの効果を実感したようです。

さらに、Instagramで活躍する美容系インフルエンサーが、Facebook Liveでもライブ配信を開始。Instagramとは違う、35歳以上の視聴者層が多いFacebook Liveで、新たな視聴者層にアピールすることが目的です。

Facebook Live の人気再燃!:美容ブランドとインフルエンサーたちが気づいた、その魅力とは?|DIGDAY