Googleは2020年5月28日、検索ランキングの指標を「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」と既存のシグナルを組み合わせると発表した。今回はCore Web Vitalsを構成する3つの指標、LCP・FID・CLSについて解説していく。

Web Vitals(ウェブバイタル)とは

まず、Web Vitalsとは、GoogleがWeb上で優れたユーザー体験を提供するために不可欠であると考えであり、ユーザー体験を向上させるためのガイダンスを提供するための Google の取り組みだ。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは

Web Vitalsの中でも特に重要な3つのことをCore Web Vitalsとしている。具体的には読み込み時間(LCP)、インタラクティブ性(FID)、ページコンテンツの視覚的安定性(CLS)が挙げられる。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を構成する3つの指標

Largest Contentful Paint (LCP):ページの表示速度を測る指標

スクリーンショット 2020-06-09 16.31.25.png出典:web.dev
読み込みパフォーマンスを測定。良いユーザー体験を提供するためには(「GOOD」の基準)、ページが読み込みを開始してから2.5秒以内に表示する必要がある。
スコアの値が短ければ短いほど良い。

参照:Largest Contentful Paint (LCP)

First Input Delay (FID):ユーザーの応答性を測る指標

スクリーンショット 2020-06-09 16.32.03.png出典:web.dev
インタラクティブ性を測定。良いユーザー体験を提供するためには(「GOOD」の基準)、ユーザーがアクション(クリックやタップ)をしてから反応するまでの時間を100ミリ秒以下になるようにする必要がある。
スコアの値が短ければ短いほど良い。

参照:First Input Delay (FID)

Cumulative Layout Shift (CLS):視覚の安定性を測る指標

スクリーンショット 2020-06-09 16.31.52.png出典:web.dev
視覚的な安定性を測定。予期せぬレイアウトのズレや崩れを独自に指標化し評価している。良いユーザー体験を提供するためには(「GOOD」の基準)、ページは0.1未満のCLSを維持する必要がある。
スコアの値が小さければ小さいほど良い。

参照:Cumulative Layout Shift (CLS)