Googleは、インターネットを利用するユーザーにとって便利なツールを多種多様に提供しています。スプレッドシートやドキュメント、マップなど、日々業務の中で使用している方も多いのではないでしょうか。

今回紹介する「Google Site(以下、Googleサイト)」も、それら便利なツールの1つです。Googleサイトは、PowerPointやKeynoteのような操作感でホームページを無料で簡単に作成することができるサービスです。

今回は、簡単にホームページを作成するために知っておきたい基本的な操作方法を中心に、Googleサイトの使用方法を紹介していきます。

社内用ホームページとしてはもちろん、外部公開前のステージング環境(テスト環境)用として作成したり、デザイナーへイメージを共有する際のツールとして使用するなど、活用方法は多岐にわたります。まずは1度使用してみてはいかがでしょうか。
  

Google Site(グーグルサイト)とは

1.png

グーグルサイト

Googleサイトとは、Googleが提供しているホームページ作成ツールです。専門的な知識がなくても誰でも簡単にホームページを作成可能で、豊富なテンプレートや設定項目が用意され、Googleコンテンツなどを自由に配置できることが特徴です。

Googleサイトは、2016年11月に大幅なアップデートが実施され話題となりました。従来のGoogle サイトから新しいGoogle サイトへの移行期限が2021年末まで延期されていますが、最新の情報は公式サイト情報を確認しましょう。
参考: アップデート ブログ

Google Site(グーグルサイト)の2つのバージョン

Googleサイトには、「以前のバージョン」と「新しいバージョン」の2つが存在します。それぞれ特徴や対応している機能が異なりますので、注意してください。両者のバージョンの特徴は以下のとおりです。

●「以前のバージョン」のGoogleサイトの主な特徴
・編集、閲覧がGoogle ChromeやFirefox、Microsoft Edge、safariなどのブラウザに対応
・保存容量とファイルサイズの制限あり
・デザインや外観を設定するためのオプションが多数
・既存のページをコピー可能
・Googleドライブ非対応

●「新しいバージョン」のGoogleサイトの主な特徴
・閲覧は以前のバーションと対象が同じですが、編集はGoogle ChromeとFirefoxのみが対応
・保存容量とファイルサイズの制限は無し
・あらかじめ設定されたテーマが多数
・既存のページのコピー不可
・レスポンシブ対応
・Googleドライブ対応