Webマーケティングの中でも主戦場になりつつある「SNS」。様々なSNSが乱立していますが、今なお高い人気を保っているTwitterは、日夜様々な企業がマーケティングやブランディングのために活用しています。

その効果をさらに高めるには、ハッシュタグの利用が必要不可欠でしょう。SNSマーケティングの効果をさらに高めるために、ハッシュタグの基本から使い方まで詳しく紹介します。

目次

  1. Twitterのハッシュタグとは?
  2. 企業やビジネスでのTwitterハッシュタグ活用例
  3. Twitterのハッシュタグを使うメリット
  4. Twitterハッシュタグの有効な使い方を紹介
  5. ハッシュタグを使いこなしてTwitter上級者の仲間入りを

▼無料でTwitter運用が学べる資料はこちら

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説する人気の資料

1. Twitterのハッシュタグとは?

まず、Twitterの「ハッシュタグ」とは何なのか、ということから解説していきます。

Twitterには様々な投稿がアップされますが、そのジャンルは膨大です。その中から、ユーザー興味のある投稿だけを見つけられるように搭載されている機能が「ハッシュタグ」、ユーザーの間では単純に「タグ」とも呼ばれます。

個人ユーザーの場合

例えば「このアニメ面白いなぁ、語り合える友達が欲しい!」と考えた場合は、そのアニメの名前をハッシュタグとして投稿に追加し、「同じ趣味のお友達を募集します!」というような内容で投稿すれば、そのハッシュタグで検索したフォロワー外のユーザーから反応がもらえます。

ハッシュタグは自由に作成できますが、先述したように検索されて初めて効果を発揮するものなので、誰も知らない、検索しないタグをつけても効果は薄くなります。最もポピュラーなハッシュタグは「#初めてのツイート」というハッシュタグです。

Twitterを始めて最初の投稿につけることが推奨されているので、多くのユーザーが利用しているハッシュタグであり、また検索される数も多くなります。概要を理解したところで、詳しくメリットを見ていきましょう。

2. 企業やビジネスでのTwitterハッシュタグ活用例

最近は企業もTwitterを活用するようになってきました。
企業全体としてブランディングや採用に活用したり、担当者が商品・サービスのマーケティング目的として活用したりしています。

各社いろいろな切り口でTwitterハッシュタグを活用していますので、いくつか例をご紹介します。

画像_ハッシュタグ例1-2.png

例-❶ ユーザーの課題ワードや用語でハッシュタグ

マーケティング目的のTwitter運用の場合、ノウハウのコンテンツとセットで投稿するケースが多いと思います。

ヒートマップツールなどを提供するPt engineのこの投稿では、#D2C#NoCode#ABテスト#Web接客などコンテンツのテーマに沿ってマーケターが検索しそうなキーワードをハッシュタグにしています。
それによってニーズの合うユーザーに見つけて貰える確率が高まります。

例-❷繋がりたい相手が明確なハッシュタグ

動画編集ツールなどを提供するVideoBRAINのこの投稿では「#企業公式相互フォロー」というハッシュタグを使用。
まずは企業の公式アカウントと繋がろうという目的が明確なハッシュタグの例です。

さらに「#公式企業が地元の天気を言い合う」などTwitterらしいユニークで、かつ気軽にノリやすいハッシュタグを付けていますね。

画像_ハッシュタグ例3-4.png

例-❸ イベント集客のハッシュタグ

BtoBマーケティングツールを提供するferret Oneの投稿では、#Web販促EXPOというイベント名や、#ferretOneというサービス名をハッシュタグにすることで、当日イベントへ行こうかと思っているユーザーに自社のブースを見つけて貰えるような工夫がしてあります。

例-❹ トレンドワードのハッシュタグ

HRサービスなどを提供するSmart HRのこの投稿では、#オープン社内報という、採用施策のトレンドワードをハッシュタグにしています。

施策自体が応募者側にメリットがある好施策ですので、同じく採用施策に力を入れている企業が模倣し、拡がって行きそうなハッシュタグですね。

このような秀逸な施策アイデアとネーミングは頻繁に生まれるわけではありませんが、トレンドとなればハッシュタグの良さが存分に発揮されるケースです。

企業やビジネスTwitterでのハッシュタグのポイント

このようにハッシュタグの活用法には様々な切り口がありますが、これらの例に共通する重要なポイント見られます。ポイントをまとめると以下のようになります。

  ・投稿の目的が明確(どんな結果を得たい投稿なのか)
  ・誰に見つけて欲しいかが明確
  ・Instagramと違ってたくさん付ける必要はない

企業やビジネスでTwitterを活用したいと考えてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼無料でTwitter運用が学べる資料はこちら

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説する人気の資料

3. ハッシュタグを使うメリット

ハッシュタグをうまく使えば、様々なメリットを得られます。

フォロワー以外にも情報を届けられる

ハッシュタグをうまく使えば、フォロワーの範囲外にも投稿を見つけてもらいやすくなります。つまり、ハッシュタグを使わない投稿に比べて「多くの人に見てもらいやすくなる」ので、投稿に対してのインプレッション(反応数)やフォロワー獲得の可能性が増加するのです。

また、ハッシュタグを使えばある意味でのターゲティングにもなるので、自社の製品やサービスに興味を持ちそうな方にピンポイントで情報を届けることも可能になります。

ツイートの内容がひと目で分かる

ハッシュタグは投稿の内容に紐付いていることがほとんどなので、ハッシュタグを見れば投稿の内容やアカウントの雰囲気がひと目で分かるという特徴があります。無個性のツイートを行うよりも興味を惹きやすく、Twitterの運用効果を高めやすくなるでしょう。

また、ハッシュタグはツイートの中で青く表示されるので、タグのない投稿に比べて目立ちやすいという特徴があります。フォロワー内のユーザーに対しても訴求効果が高まるので、ぜひ活用していただきたい機能です。

ハッシュタグを継続すればブランディングにも活用可能

特定のハッシュタグを継続して使用することで、ブランディングにも活用可能です。

先ほど「誰も知らない、検索しないタグをつけても効果は薄くなる」と記載しましたが、継続して同じハッシュタグをつけたツイートを行うことで、自社のスタンスや商品、サービスの特徴を分かってもらいやすくなります。

上手くいけば他のユーザーにもそのハッシュタグを使ってもらえるかもしれませんし、もしそうなれば自然とそのハッシュタグを追ってきたユーザーがあなたのアカウントにたどり着いてくれるようになります。

大きなバズを狙うのもひとつですが、地道にハッシュタグで認知を上げていく、という手法も検討していただきたいところです。

4. 有効なハッシュタグの使い方を紹介

ここからは、有効なハッシュタグの使い方について解説していきます。今日から使えるテクニックなので、ぜひ覚えておきましょう。

ハッシュタグはツイートを投稿するときにシャープマーク「#」を打ち込むことで付け足せます。シャープマーク以降の文字はハッシュタグとして見なされるので、そこで利用したいハッシュタグを作成したり、既存のハッシュタグを打ち込んで見つけてもらいやすくしたり、といった使い方をしていきます。

例えば先ほどのアニメの例で言えば「#○○(アニメの名前)好きな人と繋がりたい」といったように、ハッシュタグを作成しましょう。

また、すでにある程度人気があるハッシュタグは「#」を打った時点で予測変換のように表示されます。逆説的に言えば、それらのタグは今のトレンドとも言えるので、そのハッシュタグの内容にあやかった投稿を行うのも有効と言えます。

ツイート内容と関連しているハッシュタグをつける

大前提として、投稿の内容とかけ離れたハッシュタグを使うのは控えましょう。投稿の内容を見たときに全く関係の無い内容では、ユーザーが興味を持ちにくくなります。

ハッシュタグに対して思うことや、自社のスタンスが分かるような内容でまとめるのがおすすめです。

ツイート内の単語をタグにしてしまう

ツイートには様々な単語が含まれていますが、その中にはハッシュタグにしてしまったほうが有効なものも存在します。

仮に、「福岡のシェアハウスなら、株式会社天晴れが運営する『またたび』がおすすめ!」という内容をツイートするとしましょう。この場合、「株式会社天晴れ」という言葉をハッシュタグにしても意味はありません。

むしろ「福岡」「シェアハウス」という、いかにも検索されそうな単語をハッシュタグにしてしまったほうが効果的なのです。

通常のツイートとして発信しても検索画面には表示されますが、ハッシュタグにすることで、ハッシュタグから検索するユーザーに情報を届けやすくなりますし、なによりツイートが目立つので反応が良くなります。

こうした活用方法も、ぜひ覚えておいていただきたいテクニックの一つです。

フォロワー募集のタグをつける

まだアカウントを運用しはじめて間もない頃や、プロモーションのためにフォロワーを獲得したいと考えている方は「フォロワー募集」につながるハッシュタグを活用しましょう。

先ほど紹介した「〇〇好きな人と繋がりたい」という直接的なハッシュタグも存在しますし、「マーケターと繋がりたい」といったように職種を限定したフォロワー募集のハッシュタグも人気です。

実際にいくつかハッシュタグを調べてみて、たくさん使われているものや、自社に適しているタグを見つけてフォロワー募集に役立てるのが良いでしょう。

ハッシュタグの付いているツイートにリプライする

ハッシュタグのついているツイートにリプライを送るのも有効な手法のひとつです。ハッシュタグのあるツイートは複数の人の目につくので、そこにリプライを送るだけでもインプレッションを獲得できたり、興味を持ってもらえたりといった効果があります。

また、ハッシュタグとは離れますが、リプライを送ることで直接ユーザーとコミュニケーションが取れますし、相手のフォロワーからも見てもらえるので、積極的に話しかけていくことはSNSマーケティングの中でも重要なテクニックです。

ハッシュタグを付けすぎないようにする

Instagramと違い、Twitterでは大量のハッシュタグをつけている投稿はあまり見かけませんよね。

ハッシュタグをつければたくさんの人に見てもらえる、というのはその通りですが、だからといって何でもハッシュタグをつければ良いというわけでもありません。ハッシュタグがついたツイートばかりを投稿していると、どうしても「宣伝感」が強くなり、人間味や感情がユーザーに伝わりにくくなります。

Twitter運用で重要なのはフォロワーの数ではなく、フォロワーの何人が自社のファンであり、顧客になりうるか、という「質」の部分です。ハッシュタグは「数」を確保するための施策として捉えて、質も担保できるようにバランス良くTwitterを活用していきましょう。

5. ハッシュタグを使いこなしてTwitter上級者の仲間入りを

ハッシュタグはより多くの人にアカウントの存在やツイート内容を届けるための方法です。この記事を参考に使い方をマスターして、SNS運用をもっと効率的に、楽しく進めてみてください。

▼無料でTwitter運用が学べる資料はこちら

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説する人気の資料

関連記事

ハッシュドタグで話題騒然!元プロレスラー・長州力さんのTwitterがおもしろい

ハッシュドタグで話題騒然!元プロレスラー・長州力さんのTwitterがおもしろい

元プロレスラー・長州力さんが最近注目されています。そのきっかけとなったのが、Twitter。現役時代のイメージとはまったく違うほのぼのとしたツイートが、プロレフファンだけでなくそれ以外の人たちにも響いている様子。いったいどんなツイートをしているのか、そして人気となった理由について考察しました。

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

Webマーケティングにおいて、今やメインとなっていると言ってもいいTwitter。その際にチェックしておきたいのが「エンゲージメント」です。Twitterでは、ツイートごとにユーザーの反応をチェックすることが可能。そこでTwitterのエンゲージメントの見方を紹介します。

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

SNSマーケティングでは分析ツールが必要不可欠です。Twitterの分析をするなら「Twitterアナリティクス」は欠かせないでしょう。Twitterが無料で提供している分析ツールで、誰でも簡単に自分のアカウントのデータ分析が行えます。どれだけ見られていて、どれだけ反応されているかがわかるため、効果的なツイートの傾向を把握することができるのです。そこで、今回はTwitterアナリティクスで具体的に何ができるのか、どんなデータが見られるのかを解説します。Twitterユーザーであれば誰でも確認できるホーム画面とツイート画面の見方を中心に、画面キャプチャと合わせて説明しますので、これから始める方で

TwitterとGoogle Analyticsを連携させる方法

TwitterとGoogle Analyticsを連携させる方法

Webサイトの集客力や顧客の導線を可視化するツールとして活用されているGoogle Analytics。すでに多くの企業がWebサイトの運営に加えて、高い集客効果を誇るTwitterなどのSNSと連携しながら様々な施策を打っていますが、「どのSNSが、どれくらいの効果を生んでいるのか」という点については判断しにくいもの。この記事ではGoogle AnalyticsとTwitterを連携させて、Twitterからの流入を可視化し、分析するための方法を紹介します。