Twitter(ツイッター)では多くの広告が流れていますが、より高い効果を出すためには画像サイズや入稿規定をチェックする必要があります。そこで今回は、Twitter広告の画像サイズを紹介するとともに、入稿規定動画広告のサイズについてまとめました。

これからTwitter広告を出稿したいと考えている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

目次

  1. 画像・動画を挿入できるTwitter(ツイッター)広告の種類
  2. Twitterの画像広告と動画広告で推奨されているサイズ
  3. Twitter広告の入稿規定
  4. Twitter広告で成果を出すためのコツ
  5. 適切な画像クリエイティブを作成してTwitter広告で成果を出そう

Twitter広告について詳しく知りたい方はこちら

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

画像・動画を挿入できるTwitter(ツイッター)広告の種類

Twitter広告には様々な種類があり、画像や動画を使ったクリエイティブを投稿できるものは限られています。画像・動画を挿入できるTwitter広告は、主に以下の3つです。

種類 概要
プロモ広告 一般のツイートと同じ形式で表示される広告。タイムラインや検索結果、プロフィール画面などに表示され、リツイートも可能なので拡散効果を狙える。
フォロワー獲得 フォロワーを獲得するための広告アカウントの下部やタイムライン上に表示され、広告内にフォローボタンがついている。
Twitterテイクオーバー キャンペーンの告知などで用いられることの多い広告タイムラインの最上部などユーザーの目につく場所に表示される。

これらの広告を出稿する際は、Twitterが定める入稿規定や画像・動画サイズに沿ってクリエイティブを作成しましょう。

Twitterの画像広告と動画広告で推奨されているサイズ

ここでは、Twitterの画像広告と動画広告において、推奨されているサイズを紹介します。それぞれの推奨サイズを表にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

画像広告

76.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

プロモ広告の1つである画像広告は、大きく以下の5種類に分けられます。

  • 独立した画像広告
  • アプリボタン付き
  • カンバセーションボタン付き
  • 投票付き
  • Webサイトボタン付き

それぞれにおける画像サイズを見ていきましょう。なお、画像広告のツイートの文字数は半角280文字・全角140文字までと決められています。

●独立した画像広告

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 1200×628または1200×1200
アスペクト比 1.91:1または1:1
ファイルサイズ 5MBまで
ファイル形式 PNG・JPEG

独立した画像広告ではアスペクト比1:1の場合、1200×1200ピクセルが推奨されています。また、アスペクト比1.91:1の場合では、1200×628ピクセルが推奨サイズです。大きめの画像を使用して広告を作成すると、ユーザーが拡大した際にきれいに見えます。

●アプリボタン付き

89.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×418または800 x 800
アスペクト比 1.91:1または1:1
ファイルサイズ 5MBまで
ファイル形式 JPEG・PNG

アプリボタン付きの画像広告では、アスペクト比1.91:1で800×418ピクセル、アスペクト比1:1の場合は800×800ピクセルが推奨されています。アプリタイトルが表示されるのは、最初の200文字のみです。

●カンバセーションボタン付き

85.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×418
アスペクト比 1.91:1
ファイルサイズ 5MBまで
ファイル形式 PNG・JPEG

カンバーセーションボタン付きの画像広告ではアスペクト比1.91:1、画像サイズ800×418ピクセルが推奨されています。ハッシュタグは半角で21文字以内(タグ文字も含む)と決められており、ツイート本文は全角140文字まで入力可能です。また、ユーザーがCTAをクリックしたあとの入稿規定には、以下のようなものがあります。

ツイート本文全角128文字以内
ヘッドライン:23文字
お礼コメント:23文字
お礼のURL(オプション):23文字

●投票付き

86.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×418または800 x 800
アスペクト比 1.91:1または1:1
ファイルサイズ 5MBまで
ファイル形式 PNG・JPEG

投票付き画像広告では、アスペクト比1.91:1で800×418ピクセル、アスペクト比1:1の場合は800×800ピクセルが推奨されています。また、投票内容に関しては以下のような入稿規定のもとでカスタマイズが可能です。

投票の回答:2~4つ
投票本文:全角12文字以内
投票期間:5分~7日間

●Webサイトボタン付き

88.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×418または800 x 800
アスペクト比 1.91:1または1:1
ファイルサイズ 5MBまで
ファイル形式 PNG・JPEG

Webサイトボタン付き画像広告では、アスペクト比1.91:1で800×418ピクセル、アスペクト比1:1の場合で800×800ピクセルが推奨されています。また、Webサイトタイトルの長さは70文字以下で設定が可能です。ただし、端末によってはタイトルが切れてしまう場合があるため、50文字以下の設定が推奨されています。

動画広告

77.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

次に、動画広告の推奨サイズや入稿規定を詳しく見ていきましょう。なお、動画広告におけるツイート本文の内容に関しては、画像広告と同じく基本的に全角140文字まで入力できます。

●独立した動画広告

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 1200×1200または1920×1080
アスペクト比 1:1または16:9
サムネイル画像 アスペクト比: 動画と同じ比率を推奨
ファイル形式: PNG・JPEG
最大サイズ: 5MB
動画の長さ 最長2分20秒
※推奨15秒以内
ファイルサイズ 1GBまで
※推奨30MB未満
ファイル形式 MP4・MOV

独立した動画広告ではアスペクト比1:1で1200×1200ピクセル、アスペクト比16:9で1920×1080ピクセルを推奨しています。動画広告は基本的に最長2分20秒までの動画が使えますが、推奨されている長さは15秒以内です。

また、ファイルサイズは1GBまで設定可能ですが、30MB未満が推奨されているので容量が大きくなりすぎないようにしましょう。

●アプリボタン付き

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×800または800×450
アスペクト比 1:1または16:9
サムネイル画像 アスペクト比: 動画と同じ比率を推奨
ファイル形式: PNG・JPEG
最大サイズ: 5MB
動画の長さ 最長2分20秒
※推奨15秒以内
ファイルサイズ 1GBまで
※推奨30MB未満
ファイル形式 MP4・MOV

アプリボタン付きの動画広告ではアスペクト比16:9で800×450ピクセル、アスペクト比1:1の場合は800×800ピクセルが推奨されています。アプリタイトルが表示されるのは最初の200文字のみとなっており、CTAオプションについては画像広告と同様です。

●カンバセーションボタン付き

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×450
アスペクト比 16:9
サムネイル画像 アスペクト比: 動画と同じ比率を推奨
ファイル形式: PNG・JPEG
最大サイズ: 5MB
動画の長さ 最長2分20秒
※推奨15秒以内
ファイルサイズ 1GBまで
※推奨30MB未満
ファイル形式 MP4・MOV

カンバーセーションボタン付きの動画広告ではアスペクト比16:9、画像サイズ800×450ピクセルが推奨されています。ツイートの本文は全角140文字までとなっており、ハッシュタグは半角で21文字まで設定可能です。CTAクリック後の入稿規定については画像広告と同様です。

●投票付き

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×800または800×450
アスペクト比 1:1または16:9
サムネイル画像 アスペクト比: 動画と同じ比率を推奨
ファイル形式: PNG・JPEG
最大サイズ: 5MB
動画の長さ 最長2分20秒
※推奨15秒以内
ファイルサイズ 1GBまで
※推奨30MB未満
ファイル形式 MP4・MOV

投票付き動画広告ではアスペクト比16:9で800×450ピクセル、アスペクト比1:1の場合は800×800ピクセルが推奨されています。投票内容に関しては、画像広告と同様の入稿規定に基づいてカスタマイズ可能です。

●Webサイトボタン付き

項目 内容
画像サイズ(ピクセル) 800×800または800×450
アスペクト比 1:1または16:9
サムネイル画像 アスペクト比: 動画と同じ比率を推奨
ファイル形式: PNG・JPEG
最大サイズ: 5MB
動画の長さ 最長2分20秒
※推奨15秒以内
ファイルサイズ 1GBまで
※推奨30MB未満
ファイル形式 MP4・MOV

Webサイトボタン付き動画広告ではアスペクト比16:9で800×450ピクセル、アスペクト比1:1の場合で800×800ピクセルが推奨されています。

Twitter広告の入稿規定

ここでは、Twitter広告の種類や特徴とともに、それぞれの入稿規定を紹介します。下記6つのTwitter広告について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • テキスト広告
  • フォロワー獲得広告
  • カルーセル広告
  • Twitter テイクオーバー
  • Twitter Amplify
  • Twitterライブ

テキスト広告

テキスト広告は、簡単な文章のみで作成できる広告です。以下のような一般的な機能が使えるため、拡散効果を狙うこともできます。

  • リツイート
  • いいね
  • 返信
  • お気に入り

テキスト広告ではツイートの本文に下記の文字数制限があります。

半角:280文字以内
全角:140文字以内

フォロワー獲得広告

82.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様
フォロワー獲得広告はフォロワーを増やす目的で使われる広告で、タイムライン上やアカウントの下部などプロモツイートやプロモアカウントとして表示されます。入稿規定は以下の通りです。

  • ツイート文字数は全角140文字(半角は280文字)以内
  • 使用できるのはツイート本文のみでありクリエイティブは使用不可

広告上でフォロワーカードが自動的に生成されますが、基本的にクリエイティブは使用できないため、本文をしっかりと作り込みましょう。

カルーセル広告

78.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

カルーセル広告は、横方向にスワイプしながら見られる広告です。複数の画像や動画を使って作れるため、一般的な広告よりもオリジナリティのある広告が作成できます。カルーセル広告の入稿規定は以下の通りです。

項目 内容
スライドの数 2~6枚(画像または動画)
アスペクト比 【画像】
1.91:1または1:1
【動画】
16:9または1:1
メディアサイズ 【画像】
800×418ピクセル(1.91:1の場合)
800×800ピクセル(1:1の場合)
【動画】
800×450ピクセル(16:9の場合)
800×800ピクセル(1:1の場合)
リンク 最大6個まで設置可能
CTA インストール・起動・プレイ・購入・予約・接続・注文など

動画と画像ではそれぞれメディアサイズやアスペクト比が異なり、同一カルーセル内ではサイズを統一する必要があります。

Twitter テイクオーバー

83.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様
Twitterテイクオーバーはキャンペーンの告知などに使われることが多い広告であり、以下の3種類があります。

  • タイムラインテイクオーバー
  • トレンドテイクオーバー
  • トレンドテイクオーバープラス

それぞれの入稿規定について見ていきましょう。

●タイムラインテイクオーバー

タイムラインテイクオーバーは、ユーザーが目にするタイムラインの最上部に表示される広告です。以下のように様々なフォーマットに対応しており、使用するフォーマットによって入稿規定が異なります。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • Twitterライブ
  • カンバセーションボタン付きの広告
  • 投票付きの広告

それぞれの入稿規定については、本記事で解説している該当箇所をご参照ください。

●トレンドテイクオーバー

トレンドテイクオーバーは、Twitter内にある「話題を検索の中に表示される広告です。「話題を検索」タブの最上部に、24時間独占的広告を掲載できるという特徴があり、認知拡大などに役立ちます

トレンドテイクオーバーの入稿規定は以下の通りです。

項目 内容
トレンドハッシュタグ 全角20文字以内
トレンドの説明 全角35文字以内
コンパニオンプロモ広告 3~6件まで

●トレンドテイクオーバープラス

トレンドテイクオーバープラスは、トレンドテイクオーバーと同じく「話題を検索」タブ内に表示される広告です。ユーザーが1日で「話題を検索」 タブを表示する回数のうち、最初の2回まで最上部に表示されるという特徴があります。

トレンドテイクオーバープラスの入稿規定は次の通りです。

項目 内容
ファイルタイプ ・6秒ループ再生されるGIF画像
・MP4の動画
・静止画
アスペクト比 16:9(GIF画像および静止画)
ファイルサイズ 静止画:5MB
GIF画像:15MB
トレンドハッシュタグ 全角で8文字、半角で16文字まで
トレンドの説明 最大30文字

Twitter Amplify

84.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

Twitter Amplifyは、関連度や注目度の高いコンテンツに連動して掲載できる動画広告です。ユーザーに対して強い印象を残しやすいのが特徴です。新しい広告の形として注目されており、AmplifyプレロールAmplifyスポンサーシップの2種類が用意されています。

●Amplifyプレロール

Amplifyプレロールは、特定の動画コンテンツの本編が再生される前に表示される動画広告です。入稿規定は、以下の通りとなります。

項目 内容
ファイルサイズ 最大1GB
動画の長さ 最長2分20秒(推奨:15秒以下)
ファイル形式 MP4・MOV
動画アスペクト比 1:1・9:16・16:9
推奨動画サイズ 1200×1200
推奨動画ビットレート 1080p:6,000k~10,000k
720p:5,000k~8,000k
推奨フレームレート 29.97FPS・30FPS

●Amplifyスポンサーシップ

Amplifyスポンサーシップは、Twitter社がスポンサーシップを結んでいるパートナーと1対1で提携関係を結び、ツイート単位で広告を表示・管理できるものです。Amplifyスポンサーシップの入稿規定は以下の通りです。

項目 内容
ファイルサイズ 最大1GB
動画の長さ 最長2分20秒(推奨:6秒以下)
ファイル形式 MP4・MOV
アスペクト比 1:1もしくは16:9
推奨動画サイズ 1200×1200

Twitterライブ

87.png
画像出典::Twitterビジネス Twitter広告クリエイティブの仕様

Twitterライブは、情報の配信とユーザーとのやり取りをリアルタイムで行えるものです。Twitterライブを活用すれば、新製品の発表や企業のイベントなどを動画で配信し、ユーザーからリアルタイムに反応を得られます。ライブ配信における規定は、以下の通りです。

項目 内容
RTMP 動画コーデック:H.264/AVC
動画ビットレート:最大12Mbps
オーディオコーデック:AA-LC
オーディオビットレート:最大128bps
解像度 最大1920×1080(推奨:1280×720)
フレームレート 最大60fps(推奨:30fps)
キーフレーム間隔 OBS:3秒ごと
イベントページの説明 全角140文字まで(半角は280文字)
カルーセル 最大5つの動画

RTMPや解像度、フレームレートなどは最大値が設定されていますが、推奨値を目安にしながら行うのがおすすめです。

Twitter広告で成果を出すためのコツ

Twitter広告で成果を出すためには、入稿規定を守るとともに以下のポイントを押さえておきましょう。

画像内に情報を盛り込みすぎない

Twitter広告で画像を使用する際は、情報を盛り込みすぎないようにしましょう。

画像を設置する広告では、ついつい情報を盛り込みがちです。しかし、画像内の文字が多すぎると何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。そのため、一目見たときにアピールしたいポイントが分かるような内容を心がけましょう。

ユーザーの特徴に合ったクリエイティブを作成する

Twitter広告を運用する際は、ユーザーの特徴に合ったクリエイティブを作成することも重要です。ターゲットに合わない雰囲気やデザインの画像を作ってしまうと、広告の効果が十分に得られない可能性があります。

Twitterを利用するユーザーの特徴を把握した上で、フォローやコンバージョンにつながるクリエイティブを作成しましょう。

Twitter利用者のユーザー特徴を知りたい方はこちら

4大SNSのヘビーユーザーを徹底比較

4大SNSのヘビーユーザーを徹底比較

Twitter,Facebook, Instagram, LINE,のユーザー特徴を調査

ターゲティングを設定する

Twitter広告の効果を最大化するには、ターゲティング設定を行いましょう。Twitter広告では、以下のように細かくターゲティングを設定できます。

  • キーワード
  • 興味関心
  • フォロワー
  • イベント、映画、TV番組
  • デモグラフィック
  • ジオグラフィック
  • 端末

ターゲティングを設定することで、自社のサービスや製品に興味関心を持ってくれそうなユーザー広告を届けられるので、より大きな成果が期待できます。

定期的にクリエイティブを見直す

Twitter広告を運用する上では、定期的にクリエイティブを見直すことも重要です。クリエイティブを見直し改善することで、広告クリック数コンバージョン率の向上が期待できます。

そのため、広告の効果測定を行い思ったような効果が得られていない場合は、以下のようなポイントを見直してみましょう。

  • テキストは適切か
  • 画像や動画はターゲットに合っているか
  • ターゲティングは適切か

Twitterを最大限活用するためのノウハウを知りたい方は、以下の資料もご覧ください。

今始めるべきTwitter活用術はこちら

今始めるべきTwitter活用術

今始めるべきTwitter活用術

SNSでファンを獲得!今始めるべきTwitterでの動画活用術について解説いたします。

適切な画像クリエイティブを作成してTwitter広告で成果を出そう

今回は、Twitter広告における画像サイズや入稿規定について紹介しました。画像や動画を使った広告サイズや内容を意識しなければ、なかなか良い効果は得られません。

これからTwitter広告を出稿したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしながら適切な画像クリエイティブを作成して、広告効果をアップさせてみてください。

Twitter広告に関するおすすめ資料

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

Twitter広告興味関心ターゲティング一覧

Twitter広告興味関心ターゲティング一覧

Twitter広告の「興味関心ターゲティング」を一覧化したシートです。日々の広告運用にお役立てください。