スマートフォンが定着した今、スマホアプリ市場はかつてない盛り上がりを見せています。
市場規模は年々増加の一途をたどり、スマホゲーム開発企業も続々と上場しています。

参考
「2015年 スマートフォン広告市場動向調査」発表 2014年のスマホ広告市場規模は3,008億円、前年比1.6倍成長 2016年、スマホ広告が国内インターネット広告市場の過半数に達する見込み | CyberZ|スマートフォン広告マーケティング事業

特に国内市場は、世界的に見てもアプリ市場が非常に活発で、世界のスマホアプリ売上ランキングでは上位10社中5社を日本企業が占めています。

参考:
2年連続で「LINE」アプリが世界売上1位、「リラックマころろんパズル」事前登録を受付開始 - インターネットコム

今回は、活況を見せるアプリ市場の詳細な動向がわかる調査データをまとめました。既にアプリ事業に取り組まれている方も、検討されている方もぜひ確認してみてください。

世界のアプリ市場に関するデータ

1.世界の傾向とは真逆を進む日本のモバイルOS市場シェア - GIGAZINE

http://gigazine.net/news/20150508-android-ios-share/

世界的にはAndroidが圧倒的なシェアを誇っていますが、日本に関してはiOSが多数派というのが以前までの傾向でした。
こちらのデータによると、iPhone6、iPhone6+発売以降、世界的にはiOSシェアが伸びています。一方で、日本国内ではAndroidシェアが伸びており、過半数に達しています。

2.世界のAndroidアプリ収益トップは前年に続き日本、App Annie調査 - ケータイ Watch

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150529_704438.html

世界のAndroidアプリ収益についての調査です。日本ではiOSシェアが他国より多いにも関わらず、2年連続で日本が収益トップとなっています。さらに前年比+50%と大幅な成長を見せており、日本人のアプリ好きが顕著になる結果でした。

3.日本ユーザーがスマホゲームに費やす時間はアメリカの4倍、App Annieの調査レポート - ケータイ Watch

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150513_701590.html

モバイルアプリ先進国である日本、米国、英国、ドイツ、韓国を対象にしたApp Annieの調査によると、日本と韓国のプレイ時間が飛び抜けて高く、日本人はアメリカ人の4倍の時間をスマホゲームに費やすという結果が出ています。
また、アプリストアにおける収益のうち、90%がゲームアプリで占められています。
日本のアプリ収益がトップなのは、ゲームアプリをやり込む傾向にあるからのようです。

4.LINEやパズドラが牽引する日本のスマホアプリ市場は世界的に見るとガラパゴスな件 - 週刊アスキー

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/334/334656/

世界的に見ても異常な値を出す日本と韓国のスマホアプリ市場は、他国とはかなり異なる独特の進化を遂げているようです。
例えばアクティブ率の高いアプリを見ると、世界的にはWhat’s upやFacebookが上位に来ているのに対し、日本はLINE、韓国はKakao Talkとそれぞれの国で製作されたアプリが1位になっています。

国内のアプリ利用状況に関する調査

5.スマートフォンユーザーがよく使うアプリは「ゲーム、SNS、動画」 他項目で社会人は「天気」、主婦は「レシピ」、学生は「写真/ビデオ」の利用傾向-MMD研究所

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1432.html

国内のスマートフォンユーザー約2,000名を対象に行われたこちらの調査では、よく使うアプリの1位がSNS、2位がゲームという結果が出ています。
ユーザーの属性によって微妙にメインで利用するアプリが異なり、学生は「SNS」、主婦・社会人は「ゲーム」が多数派となっています。

6.雑誌読み放題アプリ、30代~40代の利用率は? オプティム調査 - ITmedia eBook USER

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1506/17/news135.html

最近増加傾向にある雑誌読み放題アプリの利用状況について、関東に住む30歳~49歳の男性300人を対象に調査が行われました。
認知度は過半数を超えていながらも、利用率は2割程度に留まっています。
しかし、「色々な種類の雑誌が読める」「雑誌代を節約できる」など、メリットを感じる声が多いため、今後成長していく可能性は十分あるでしょう。

7.フリマアプリ人気度調査、「メルカリ」が断トツの首位獲得! - iPhone Mania

http://iphone-mania.jp/news-59951/

昨年頃から急激に伸びているオンラインフリマアプリに関する調査です。
主要フリマアプリの中で、群を抜いて人気だったのが「メルカリ」でした。
同じくフリマアプリの「Frill」の方が先にリリースされていましたが、先にテレビCMを打ち出し、一気に認知度を高めることに成功しました。DL数も2015年3月時点で1,100万DLを突破しています。

8.10代女性のスマホ依存度は全体の2.3 倍|FULLER株式会社のプレスリリース

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000005362.html

スマホアプリの利用動向調査サービス「App Ape」のパネルユーザー約3万人を対象にしたアプリ利用についての調査によると、10代女性の1日あたりの平均起動回数が他世代の約2.3倍と、アプリに依存している傾向にあることが明らかになりました。
先に紹介した調査データによれば、学生は主に「SNS」を利用するという結果が出ていたため、SNS依存に陥っている10代女性は少なくないようです。

9.50代ビジネスパーソンの7割超がニュースアプリをダウンロード【MMD研究所調査】:MarkeZine(マーケジン)

http://markezine.jp/article/detail/22586

スマホを所有する20~50代のビジネスパーソン557人を対象にした、ニュースアプリに関する利用調査によると、全年代の半数以上がニュースアプリをDLしており、特に50代のDL率は7割を超えていました。
もはやスマホは若年層が使うものというイメージはないようです。
ニュースアプリの内訳を見ると、全年代で「Yahoo!ニュース」が圧倒しています。SmartNewsやグノシーの急伸がよく話題になりますが、依然、ニュースアプリ業界ではYahoo!が強いようです。

10.スマホユーザーのモバイルバッテリ利用状況--MMD研究所調査 - CNET Japan

http://japan.cnet.com/marketers/news/35065383/

スマートフォンを所持する15歳以上の男女342人を対象にした、モバイルバッテリに関する調査がまとめられています。
スマートフォンはバッテリーの減りが早いため、どれだけバッテリーが持つかどうかを気にする方が多い傾向にあり、特にAndroidの機種を使っている方はモチが気になるようです。
モバイルバッテリーを所持している方は過半数を占め、節電アプリをダウンロードしたことがあると答えた方は全体の4割にのぼっており、充電周りの問題を解決できるようなサービスへの需要は高いようです。

購入促進のためのアプリ活用についての調査

11.店舗の公式アプリ利用後、3人に1人が「来店や購入頻度が増加」する傾向【ジャストシステム調査】:MarkeZine(マーケジン)

http://markezine.jp/article/detail/22598

飲食店や小売店等の実店舗への集客ツールとして、スマホアプリはかなり有効な手段となってきているようです。
20代~40代の男女561名を対象に行われた「飲食店や小売店の公式アプリと消費行動に関するアンケート」では、約3割が店舗アプリの利用開始後、「店舗に来店したり、商品を購入したりする頻度」が増えており、2割が企業の情報をチェックするようになったと回答しています。

また、来店や購入の機会が増えたのは「お得なクーポンが定期的に発行されているから」という回答が6割にのぼっています。
クーポン施策は集客の定番ですが、特にスマホに配信するクーポンはリアルタイムで認知されるため、いかにタイミングの良い時間帯を狙って配信できるかがカギとなりそうです。

動画に関する調査

12.スマホゲームユーザーの動画視聴動向調査(前編)を発表~スマホで無料動画を視聴する頻度「1日1回以上」が5割、 スマホゲーム動画視聴直後に、アプリインストールした経験あり 過半数~ | CyberZ|スマートフォン広告マーケティング事業

https://cyber-z.co.jp/news/research/2014/0618_1627.html

スマートフォンゲームユーザー男女3,000名を対象に実施された「スマートフォンでの動画視聴動向調査」によると、ユーザーの8割がスマートフォンで動画を視聴し、うちゲーム動画の視聴経験があるユーザーの5割近くが「1日1回」はゲーム動画を視聴すると回答しています。
そもそもがゲームユーザーを対象としているため、一般ユーザーとの現状とは多少乖離があるかもしれませんが、スマホでの動画閲覧は徐々に一般的な行為になりつつあるようです。

13.「スマホで音楽を聴く場合は動画アプリを利用」が5割以上【MMD研究所調査】:MarkeZine(マーケジン)

http://markezine.jp/article/detail/21953

スマートフォンを所持する15歳以上の男女556人を対象に行われた「スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」によると、約半数がスマホで音楽を聴くとこたえ、その半数以上が無料の動画配信アプリを、3割が無料の音楽配信アプリを利用しています。
一方で、有料音楽配信アプリから購入する層は1割強と少なく、スマホで音楽を聴く時は無料サービスの利用が定着しているようです。
最近は「AWA」や「LINE MUSIC」など、国内でも定額制音楽配信サービスが徐々に増えてきており、スマホで音楽を聴く層をどこまで取り込めるかに期待がかかります。

まとめ

ここまでご紹介してきたデータからも分かる通り、日本のアプリ市場は世界的に見ても非常に規模が大きく、更に急激な成長を遂げています。
年代に関係なくどの層もスマホの利用時間が長く、課金も惜しまない傾向にあります。

少し前までは全く知られていなかったフリマアプリが一気に知名度を上げたり、スマホで動画を閲覧するのもごくごく普通の行為となってきました。
このように、スマホユーザーは新しいものを受け入れやすい傾向にあり、新規参入で成功する可能性は十分あると考えられます。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

累計30アプリの制作中に経験したApp Storeでリジェクトされる原因ベスト10
【事例】リワード広告・テレビ紹介・Youtuber紹介で最もアプリのダウンロード数に影響を与えたのは?
スマホアプリをより使いやすくするディープリンクについて理解できる記事4選

制作カリキュラム一覧

制作カリキュラム一覧

ferretの制作カリキュラム一覧です。ホームページ制作に必要な基礎知識を学ぶことができます。