Googleマップにおいての検索順位を高めるMEO対策は、店舗や施設を持つ企業に注目されている施策です。オーガニックサーチの検索結果よりも上位に表示されるので、SEO対策の競合性に悩んでいる企業にとってチャンスになる場合があります。

SEO対策に長く取り組んでいるWeb担当者でも、MEO対策はGoogleマイビジネスへの登録を軸とするため、SEOとは異なる部分が数多くあるので注意が必要です。もしもNGとなる行為をしてしまうと、最悪の場合、Googleマイビジネスのビジネスリスティングが停止してしまう恐れがあります。

そこで今回は、MEO対策でやってはいけないことをテーマにしました。この記事をご覧いただければ、どのようなことをしてしまうと危険なのかを把握できます。

MEO対策でやってはいけないこと

MEO対策には、Googleマイビジネスの登録内容がとても重要です。Googleマイビジネスを正しく利用することを心がけなければいけません。次にご紹介する部分にはとくに注意が必要です。

なお、Googleが掲げるローカルビジネス情報のガイドラインを参考にしましょう。必ず目を通した上でGoogleマイビジネスの情報を登録してください。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン|Googleマイビジネスヘルプ

過度な広告(地域最安値、業界一、など過度な表現)

Googleマイビジネスでは、公開するコンテンツに特別キャンペーン、特別料金、特典などの過剰な表現があってはいけないとしています。「すべて50%引き」という表現も該当してしまうので注意が必要です。自社のホームページ上で、つい使ってしまう表現がNGですので気をつけましょう。なお、地域最安値や業界一、日本一といった表現も使用してはいけません。過度な広告は、ガイドラインになりやすい部分ですので、複数名体制でGoogleマイビジネスを運営する場合は、スタッフ間の知識の統一を行っておくべきです。

不適切なコンテンツ

Googleが不適切とするコンテンツの公開はガイドライン違反になります。例えば、嫌がらせやいじめ、差別、テロ関連、性的な内容、児童虐待などに該当するコンテンツです。このようなコンテンツを作成することは、なかなかないと思いますが、入力ミスをしてNGワードを含んでしまったということがないようにしましょう。また、Googleマイビジネスのアカウントが、万が一乗っ取られてしまい、不適切な内容に改ざんされてしまうというリスクもまったくないとは言えません。コンテンツを健全に運営するためにも、セキュリティ対策は万全であるべきです。

ビジネス名のガイドライン違反

ビジネス名の入力内容がガイドライン違反になるケースはよくあります。ビジネス名を入力する際は、正確なものでなければいけません。

すでに顧客に知られている実際のビジネスの名称を使用します。Googleは、店舗、Webサイト、事務用品などで継続的に使用しているものと指定しているのです。例えば、「サンプルダイニング」という名前の店なら、そのまま登録しなければいけません。「サンプルダイニング 渋谷店」という店舗名を含んだ登録を行うことは不可能です。看板に記載している名称と異なることにより、不承認にならないように気をつけなければいけません。ホームページGoogleマイビジネスの登録名が違うというのは、ありがちなミスです。また、店舗住所、サービス提供地域、カテゴリといった情報は、ビジネス名に含めてはいけませんので、注意しましょう。

時々、ビジネス名にキーワードを入れようとする行為を見かけますが、これは行ってはいけません。ユーザーにとって誤解を招く情報でもあるので、決して実施しないように気をつけましょう。

口コミの偽装

自分自身で口コミを創作して投稿する行為は絶対にやってはいけません。口コミの偽装は誤って行うわけではなく、故意に実施するものですので、これは注意というよりスタンスの問題です。自らがユーザーを装って口コミを投稿したとしても、Googleには様々な情報が残っており、偽装をしても知られてしまうと考えたほうが妥当でしょう。

料金を払って口コミの投稿を誰かに依頼するといったやらせ行為もしてはいけません。Googleがどのように自作自演の口コミを判別するかは公開されているわけではありません。しかし、一度でも不正行為をしてしまうと、それは事実として残ってしまうものであり、その後、自然に口コミが入るようになっても消えるわけではないということです。

ホームページと異なる情報

ビジネス名のところでも少々触れましたが、ホームページと異なる情報を登録しないようにしましょう。ビジネス情報のみではなく、住所や電話番号にも注意しなければいけません。英語の大文字や小文字、全角や半角なども全く同じにしておきましょう。あくまでも正確さを大切にしておくべきです。