この記事は2014年9月22日に公開された記事を再編集したものです。

本記事で学ぶ内容

・Googleアナリティクスとの連携方法が理解できる。
・Yahoo!プロモーション広告を反映させることができる。
・アカウント連携の重要性が理解できる。

リスティング広告では、その効果を常に把握することが重要です。とくに、Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告との関連性を把握することは必須とも言えます。ネットマーケティングの最大の利点は、データ反映をすぐに確認できることで、それが紙媒体との大きな違いと言えます。

本記事ではGoogleアナリティクスとリスティング広告の連携方法について解説します。

リスティング広告との連携、その重要性

Google AdWordsの管理画面でいろいろと見られるのに、連携する意味はあるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、データ連携の本質は、チェック作業の効率化とそこから得られる知見の広がりです。

リスティング広告との連携

Google AdWordsとGoogleアナリティクスを連携させれば、リスティング広告のデータと、他に関連性のあるデータが見つかるかもしれません。つまり、AdWordsの管理画面だけではわからない改善のヒントが見つかるかもしれない、ということです。

たとえば、AdWordsではさすがに離脱ページまではわかりません。しかし、もしかしたら、この広告から来た人は、特定ページから離脱する傾向があって、実は重要な課題かもしれない……などです。

Yahoo!プロモーション広告とは、さすがに直接データ連携できるわけではありませんが、それでもYahoo!の検索結果から、広告経由と把握することは重要です。標準の状態では、Yahoo!から来たことしかわからないのです。純粋な検索結果なのか、検索結果広告枠から来たのかわからないのです。ですから、効果を測るためには、後述のパラメーターを付け分類する必要があるのです。

Google AdWordsとGoogleアナリティクスの連携方法

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

STEP1 Googleアナリティクスにログイン

Google AdWordsを利用しているアカウントで、Googleアナリティクスにログインします。つぎに、画面上部にあります「アナリティクス設定」をクリックします。

参考リンクGoogleアナリティクス

STEP2 プロパティから連携

登録されていますホームページ(プロパティ)を選び、「AdWordsのリンク設定」をクリックします。そこで、利用していますGoogle AdWordsのアカウントが表示されますので、それを選びます。

AdWordsとGoogleアナリティクスの連携

STEP3 詳細を設定

つぎに、「リンクの設定」で、AdWords アカウントのグループを識別するリンク グループタイトルを入力します。わかりやすい任意の名称で大丈夫です。また、連携しますプロパティ(Googleアナリティクスのデータ)を選び、保存すれば完了です。

集客>AdWords などのメニューに、アドワーズのデータが自動的に反映されることが確認できるはずです。

Yahoo!プロモーション広告との連携

Yahoo!プロモーション広告では、データ自体が自動連携するのではなく、Yahoo!プロモーション広告経由だよと認識させる、という処理になります。具体的には、Yahoo!プロモーション広告に出稿していますURLに、以下のパラメーター(追加情報)をつけます。

例) https://ferret-plus.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

上記の広告経由でホームページに訪れますと、つぎのように、Googleアナリティクスに計測されるようになります。

実際のGoogleアナリティクス画面

また、以下のホームページから、このパラメーターをさらに追加できます。キャンペーン名など必要があれば、追加をしてGoogleアナリティクスに反映させましょう。

参考リンクURL生成ツール

URL生成ツール

ここがポイント

・データ連携は効率的な効果測定に不可欠。
・GoogleアナリティクスとGoogle AdWordsとの連携はGoogleアナリティクスから行う。
・Yahoo!プロモーション広告との連携はパラメーターを付与で対応。