企業のWeb担当者やマーケティング担当者に必須のツールといえば「Google Analytics」です。Google Analyticsは、Google社が提供しているアクセス解析ツールのことで、Webサイトを細かく分析できます。Google Analyticsを活用することで、企業のマーケティングにも大きなプラスとなるでしょう。

現在Googleでは、Google Analyticsの習熟度を測れる「Googleスキルショップ」というサービスを提供しています。しかし、Googleスキルショップについてわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、Google Analyticsの習熟度を測れるGoogleスキルショップについてのご紹介と実際に習熟度を測る方法について解説していきます。

Googleスキルショップとは

GoogleスキルショップはGoogleが提供しているサービスの一つで、Googleのビジネス向けツールのスキル向上を目的としたものです。

学習が出来るコンテンツと資格取得が出来るコンテンツがあり、目的に応じた利用ができるのが特徴です。

Googleスキルショップで身に付けられること

Googleスキルショップでは、幅広いビジネスツールの知識を身に付けられます。具体的にどのようなツールについて学習できるのかを解説していきます。

Google広告

Google広告は、企業の宣伝をする上で必要となるツールです。オンライン上で広告を掲載できるため、今の時代にあった宣伝方法が魅力です。

Googleマーケティングプラットフォーム

Googleマーケティングプラットフォームは、広告キャンペーンの計画・実施・測定までを実施できる統合型のプラットフォームです。

Googleアナリティクス(アナリティクスアカデミー)

Webサイトの情報について細かく分析できます。例えば、どんな検索をしてWebサイトに訪問したのか、Webサイトを訪れた人の属性情報はどのような人が多いのか、訪れた人の行動パターンはどのようなものかを知れるのです。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップなどのサービスにビジネスやお店の情報を表示し管理できるツールです。

Googleアドマネージャー

Googleアドマネージャーは、広告配信を効率的に管理することを目的としたツールです。上手く活用することで、Webサイトの収益改善にもつながります。

Google AdMob

Google AdMobは、アプリ内に広告を組み込めるものです。アプリ広告を入れることで、クリックしたときの収益化につながります。

認定バイヤー

認定バイヤーは、パートナーの広告枠を上手く活用できるサービスです。

Waze

Wazeは、Googleが提供しているカーナビアプリのことです。

Webサイトの分析をするならGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)の資格取得がおすすめ

企業のWebサイト担当者やWebマーケティングの担当者は、企業で運営しているサイトの分析が必須です。

分析することで、現在の企業方針があっているのかを確認でき、適切なターゲットに向けてアプローチできているのかが知れます。

もし、想定していたターゲットと異なっている場合は、今までのWebサイト運営を見直す必要があります。見直すときに必要となるデータは、Google Analyticsから取得できるのです。

Googleスキルショップでは、Webサイトの分析に必須のGoogle Analyticsの資格を無料で受講できます。無料だといっても、取得できればマーケティングに関しての実力を証明できるため、取っておいて損はない資格です。