ネイティブ広告【Native Advertising】

  動画を読み込んでいます。

ネイティブ広告 とは、現在明確な定義はありませんが、一般的に通常の記事や コンテンツ と違和感なく表現し、 広告 らしさを感じさせないようなネット 広告 のことを言います。

ネイティブアドとも呼ばれます。 バナー広告 を始めとする ディスプレイ広告 に比べて 広告 効果が高いことで注目を集めています。
ネイティブ広告 の種類には次のようなものがあります。

ネイティブ広告 の種類

インフィード型

Twitter Facebook などのSNSやニュース アプリ などのフィード上に表示される「インフィード型」。

ペイドサーチ型

リスティング広告 に代表される検索連動型の「ペイドサーチ型」。

レコメンデーションウィジェット型

ネット通販サイトなどで表示されるお勧め商品などの「レコメンデーションウィジェット型」。

プロモーテッドリスティング型

グルメスポット 口コミ サイトなどで店舗リスト最上位に表示される「プロモーテッドリスティング型」などです。

ネイティブ広告 は、違和感なく ユーザー に読まれることによって 広告 効果が上がるというメリットがある反面、 ユーザー 広告 と認識せずに読んでしまう可能性が高くなる、という問題点が指摘されています。

会話例

ネイティブ広告 のメリットとデメリットをちゃんと把握して使わないといけないよ」
「一口に ネイティブ広告 と言っても色んな種類があるから、目的によってどんな種類を使うのかしっかりと検討してください」
ネイティブ広告 ってこれからもっと盛り上がっていくんだろうか?」