どこで遭遇する?

GoogleChromeを利用していると詐欺行為に該当する可能性が高いようですが、Chrome意外にもIE(Internet Explorer)やFirefoxなどの他ブラウザでも起こりえるようです。
ブラウザをたちあげた時、ブックマークを開いた時など、あらゆる場面で遭遇する可能性が起こるので注意しましょう。

まとめ

今、流行中のユーザー調査テストは各ブラウザのロゴを使用し、一見すると公式アンケートのように見えてしまうため、うっかり進んでしまわないように注意しましょう。
また、今回のような事例に限らず、突然見慣れないキャンペーンページなどが出てきたら安易に進まないようにしましょう。

このようなフィッシング詐欺は次々と新たな手段を生み出すため、常に警戒を怠ってはいけません。
自分の身は自分でしか守れないので違和感を感じた時は慎重に操作するよう心がけましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ